門別「赤レンガ記念」 2018年5月23日の注目レースPART2
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

門別「赤レンガ記念」 2018年5月23日の注目レースPART2

2018-05-22 22:00
  • 1
門別競馬12レース「第55回 赤レンガ記念」
(古馬・地方全国交流重賞・2000m)


◎(本命) (1)番 ドラゴンエアル
○(対抗) (5)番 スーパーステション

▲(単穴) (6)番 オヤコダカ

☆(特注) (3)番 ステージインパクト

△(連下) なし


<期待度> ◎単勝=C  ◎○ワイド=B  3連複BOX=A

開幕重賞のコスモバルク記念で、地殻変動が起きそうな結果となった今シーズンのホッカイドウ競馬。今回印を回した4頭で“4強”を形成すると考えているが、ここではドラゴンエアルに期待する。コスモバルク記念はスーパーステションの逃げを捕まえられなかったが、休み明けと冬場使われていた馬との差があったし、1キロ余計に背負っていたことも大きかった。今回は実質定量戦に変わり、本質的にはステイヤーであるこの馬には1ハロンの距離延長も追い風。今回は捕まえられるとみて、期待することにした。

そのコスモバルク記念を逃げ切ったスーパーステションは、対抗評価。昨年のダービーGPで先行馬総崩れの中、好位から押し切った内容は強かったが、それが古馬一線級に通用したといえるのが前走だった。ただし道営の古馬重賞に出走するのが初めてだったので、ライバルたちが力関係を把握できていなかったことも見逃せない。更に厳しいマークを受けそうな今回も勝てば本物だが、簡単には行かないとみて対抗評価だ。

2シーズンにわたって主役を演じてきたオヤコダカは、昨年瑞穂賞で敗れた時もそうだったが、コスモバルク記念でも速いラップを刻む逃げ馬を捕まえにいって崩れた。これを弱点と断じるのは早計だが、今回松井伸也騎手との新コンビで臨むのは、無関係ではないだろう。10:25追記・主戦の石川倭騎手が先週の開催で落馬負傷し、騎乗できないこともあるようです)決して衰えではないと思っているので、違った面が見られれば巻き返しは可能。距離が微妙でも、単穴以下には評価を下げられなかった。

昨年道営記念を制したステージインパクトは、コスモバルク記念こそ後方のまま終わったが、これで動きは変わってくるはず。序列こそ4番手評価となってしまったが、底力でヒケを取る馬ではなく、アッサリ突き抜けるシーンも十分あると思っている。

(出走取り消しや当日の馬場状況等による予想変更は行わないのでご了承ください)
(詳細な出走表は地方競馬全国協会のオフィシャルサイト等で確認してください)


おことわり・明日24日に行われる優駿スプリントトライアル(大井)について、ツイッター上で印のみをつぶやきます。また24日までに25日以降についてのお知らせを掲載いたします。


広告
×
赤レンガ記念結果

1着 ○ (5)番 スーパーステション(3番人気)
2着 ◎ (1)番 ドラゴンエアル(1番人気)
3着 ☆ (3)番 ステージインパクト(4番人気)

馬複340円・3連複830円的中。前走だけでスーパーステションに全幅の信頼を置くことは簡単ではなかったので、本命を打てなかったことは仕方ありません。余計な印を打たなかったことで、十分なレベルだったと考えています。
14ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。