門別「北斗盃」 2018年5月30日の注目レース
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

門別「北斗盃」 2018年5月30日の注目レース

2018-05-29 21:30
  • 1
門別競馬12レース「第42回 北斗盃」(3歳・地方全国交流重賞・1600m)

◎(本命) (7)番 クロスウィンド
○(対抗) (2)番 ビジネスライク

▲(単穴) (11)番 サザンヴィグラス

☆(特注) (12)番 カツゲキジャパン

△(連下) (9)番 ツルノシン、(10)番 スタークニナガ


<期待度> ◎単勝=D  ◎○ワイド=D  3連複BOX=C

非常に難解な1戦だが、ここはクロスウィンドに白羽の矢を立てる。昨年末のブロッサムCを制した直後に移籍した南関東では、左回りに苦労したこともあって早目に戻ってきた。しかし帰厩2戦目となった古馬との1戦を勝利し、走り慣れた地で輝きを取り戻している。牡馬相手の重賞は初めてだが、エーデルワイス賞上位組の南関東での活躍ぶりからも、厳しい印象は感じない。ブロッサムCを勝った舞台で、混戦を抜け出せるとみている。

そのブロッサムCでクビ差2着だったビジネスライクが相手筆頭。東京2歳優駿牝馬をゲートのアクシデントで除外されてしまったが、それ以来の前走は直線だけで後続を引き離す勝利。心配された後遺症がないどころか、ひと冬越しての成長も感じる走りだった。金沢シンデレラCでエグジビッツの2着があるように、素質はヒケを取らないし、そもそも勝負付けは済んでいない。逆転する可能性は十分あるだろう。


実績的に抜けているのは、北海道2歳優駿3着のサザンヴィグラス。ただ南関東に移籍してから、逃げられないとダメな馬に変質していた点が気になる。確かにスピードタイプではあるが、差す競馬が出来なくなった現状では、2歳時の実績を鵜呑みにすることはできない。今回は単穴以上の印を打つことはできなかった。

前々走はクロスウィンドに先着し、前走はビジネスライクの2着に入ったカツゲキジャパンは4番手評価に。2着の多い馬だが、力のある馬に対しても崩れなくなったのは成長した証で、ここも際どい勝負に加わるはず。もしかしたら3連複の軸としての信頼度は、1番かも知れない。

冬場に移籍した園田での最終戦でコーナスフロリダを破っているツルノシンは、帰厩初戦の前走を勝ち切り、その走りが伊達ではないことを示した。ただ時計は平凡だったし、相手のレベルもやや疑問符がつくもの。ノーマークにはできないが、過信は禁物だろう。

2戦続けて中央の芝を使ったスタークニナガは、本質的には芝馬だろう。ただダートでも盛岡で知床賞を勝った経験があり、混戦になれば浮上する余地がありそうだ。

(出走取り消しや当日の馬場状況等による予想変更は行わないのでご了承ください)
(詳細な出走表は地方競馬全国協会のオフィシャルサイト等で確認してください)


明日以降の予定(太字はダービーシリーズ)
6月3日 スーパージョッキーズトライアル・第1ステージ&早池峰スーパースプリント(盛岡)

6月5日 東海ダービー(名古屋)

6月6日 東京ダービー(大井)

6月7日 北海道スプリントカップ(門別・統一グレード)、兵庫ダービー(園田)

6月10日 岩手ダービーダイヤモンドカップ(水沢)


広告
×
北斗盃結果

1着 ▲ (11)番 サザンヴィグラス(1番人気)
2着 ○ (2)番 ビジネスライク(2番人気)
3着 △ (9)番 ツルノシン(7番人気)
14着 ◎ (7)番 クロスウィンド(3番人気)

▲○の馬複500円に、▲○△の3連複は3340円。サザンヴィグラスが戻っていれば突き抜ける力は持っているので、満足はしています。なおクロスウィンドは情報がまだありませんが、アクシデントがあった可能性があります。
13ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。