「関東オークス」戦評-レベルの高さを証明しながら、タイトル流出を阻めなかった南関東勢の無念
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「関東オークス」戦評-レベルの高さを証明しながら、タイトル流出を阻めなかった南関東勢の無念

2018-06-19 01:00
    予想記事の中で南関東勢について、東京プリンセンス賞1-2着馬がこの舞台を目指さなかったことから“飛車角落ち”という言葉を用いた。それでも南関東勢は逃げたクレイジーアクセル追いかけた中央勢を振り切り、これを最後の直線で交わしたゴールドパテックは、タイトルに片手をかけていた。完全にレースを南関東勢で支配していたが、最後の最後でゴールドパテックに襲い掛かったのがハービンマオ。ゴール寸前で捉え、南関東勢からタイトルを奪い去る勝利を手にすることになった。

    <想像以上のハイレベルだったことを証明した、南関東勢>

    レースを振り返ると、驚くべきはクレイジーアクセルが踏んだラップの速さだ。最初のゴール板前までの900mの通過が55.6秒。近年で速い流れといえばホワイトフーガが勝った2015年が思い浮かぶが、それでも57.1秒で、いかに速かったかが窺える。この要因には本質的にはスプリンターである、メイショウヒサカタが徹底マークしたこともあり、引くに引けない形に追い込まれてしまった。結果的に追走した中央勢は潰すことが出来たが、追い込み馬の台頭までは防げなかった。3着だったが1番強い競馬をしたのは、この馬で間違いないところだ。

    この流れをゴールドパテックは、離れた4番手を抜群の手応えで戦況を見つめていた。先行勢の勢いがなくなった2周目3コーナー付近から、手応えに任せて馬なりのまま差を詰めて行ったが、実は使える末脚に限界がある馬。自然に任せて差を詰めるのではなく、自力で勝負に行って4コーナーを前に単騎で抜け出すような形であれば、最後まで凌ぐことが出来たかもしれない。それは最後まで脚が上がっていなかったこともそうだが、後ろで戦っていたハービンマオに、途中からダートゲットにされたため。慎重なレース運びが、最後のところで手にしつつあった勝利を失った要因かもしれない。

    ただこの2頭の戦い振りをみれば、今年の南関東3歳牝馬路線は想像以上にハイレベルで推移していたと考えるべきだろう。何せ今回2着で東京プリンセス賞3着だったゴールドパテックの約3秒前に、勝ったグラヴィオーラがいた訳だから。それだけにレースのアヤでタイトルを中央勢に奪われたのは痛恨で、これを取り返す術が世代限定戦にないこともつらい。それだけに次なるステージで、この無念を晴らしてほしいと考えている。

    ここで4着のミスマンマミーアにも触れておきたい。終始後方にいて、最後の直線では1頭だけ脚色の違う末脚で追い込んできたが、さすがにそれまでが離され過ぎ。しかしフローラルCで直線一気の差し切りを決めた、2歳時の走りが少し戻ってきたと感じさせた。この先は古馬相手の条件戦が当面の舞台になりそうだが、そこで結果を残せるかを見守りたいと思う。

    <結果的に中央勢のアシストを受けたハービンマオ>

    ここから中央勢の話を進めるが、前述したように逃げたクレイジーアクセルの2番手にメイショウヒサカタがつけ、その直後に人気を集めたララプリムヴェールが追走した。これが行ってしまったのか、潰しに行く目的だったのかはわからないが、メイショウヒサカタ距離適性の部分で、ララプリムヴェールキャリアの浅さ故に勝負どころで失速してしまった。

    ただ6着に終わったララプリムヴェールについていえば、500万下を勝った時の阪神1800mの勝ちタイムが1分52秒9(不良)。私はこれで勝負になると思っていたが、振り返れば前年覇者のクイーンマンボは、同条件を1分51秒2(良)で走っている。統一GⅠ級の馬と比較するのは可哀相な気もするが、強い500万卒業組ではなかったという一面は否定できない。その意味で私を含め、中央勢の力量を見誤っていたのは間違いなさそうだ。

    ここで勝ったハービンマオの話になるが、中団で機を窺う位置取りで進め、2周目向正面から徐々に上昇。ここで上昇を開始していたゴールドパテックが通ったルートを使える、都合のいい位置に入ったのは大きかった。最後の直線で外に出すと、後は前を捉えるだけだったが、ゴール寸前までかかったのは底力でねじ伏せられる力量がなかったため。結果的にハイペースを演出した、メイショウヒサカタら他の中央勢のアシストを受けた漁夫の利で、勝利を手にしたと考えている。

    それでも未勝利勝ちが最後方からの追い込みだったので、こういう乱戦で台頭する余地はあったのかもしれない。ただそれ以上の可能性はなく、これによって中央所属のままでは条件戦に出られなくなったのはどうなのか。統一グレードタイトルを手にしたことが、今後の成長にとってマイナスとなる可能性もあると思っている。

    (詳細なレース結果は地方競馬全国協会のオフィシャルサイト等で確認してください)


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。