ダービーシリーズ特集@戦評 高知優駿-2年越しの夢叶えたスーパージェット。ゴール前の逆転劇で、史上初のダービーシリーズ2冠を達成
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ダービーシリーズ特集@戦評 高知優駿-2年越しの夢叶えたスーパージェット。ゴール前の逆転劇で、史上初のダービーシリーズ2冠を達成

2018-06-25 00:00
    昨年地元のフリビオンが制し、今年も地元勢の制覇に期待がかかる中で行われた。ところが遠征勢が加わったことで勝手が違った地元勢は勝負所から伸びあぐね、直線で抜け出したのは大井から参戦したコスモバレット。これが押し切るかと思われたが、そこに九州ダービー栄城賞を制して参戦したスーパージェットが追い込み、ゴール前でクビ差逆転。昨年佐賀から参戦した2頭が揃って競走中止する悪夢を払拭するとともに、ダービーシリーズ2冠を果たした。

    勝ったスーパージェットは、先行集団から少し距離を置いた7番手で戦況を見つめていた。動いたのは2週目3コーナー付近だったが、先行勢が伸びあぐねていたこともあり、勢いは1頭だけ目立っていた。大外を回ったため勢いほど前との差を詰められなかったが、それでも最後の直線に向いても脚色は衰えなかったので、ゴール寸前できっちり捉えることが出来た。人気では同じ佐賀から参戦したベルセルク(6着)より下位だったように、九州ダービー栄城賞をフロック視する向きもあったが、それも払拭した走りを見せたと思う。

    ただし重馬場だった勝ちタイムの2分8秒8は、昨年フリビオンが良馬場でマークした2分8秒4より遅い。馬場差を考慮すると2~3秒程度の能力差はあるとみたいところで、レースレベルが高くならなかったことに助けられたのは事実だ。栄城賞の段階で、昨年の栄城賞を制したスーパーマックスのレベルに及ばないと指摘したが、その評価が変わる勝利ではなかったと考えている。

    惜しかったのは2着のコスモバレットだ。2番手からレースを進めたが、これによって全体の流れが引き締まり、よどみのない流れを作った。タフな競馬が多い南関東の経験値が活きる形に持ち込んだが、誤算だったのは時計がかかる高知の馬場に思ったより苦戦したこと。早い段階でゴーサインが出ながら先頭に立つまで時間がかかったのは、そこに原因があると思うが、この経験を南関東に戻ってどう活かすかが今後問われることになるだろう。

    地元の期待を背負ったヴァリヤンツリは、3番手グループから前を捕まえられず、最後は地元最先着も逃して4着。改めて戦績を振り返ると、800m戦を除いて上がり3ハロンで40秒を切った経験がほとんどなかった馬。ほぼ全てのレースで40秒を切っていたフリビオンと比較して、末脚のスケール感で大きく見劣っていた。今回も数字上は力を出し切ったと感じるので、1番人気は昨年のフリビオンで膨らんだ期待値に翻弄されたものといえ、昨年ほどの地区レベルにないことが示された結果かもしれない。

    地元最先着は最低人気ながら3着に入ったサンダベンポート中央でデビュー勝ちを果たした実績馬も、転入後はダートに苦労していたが、底力を要求される舞台になってそれが活きた可能性はある。もっともこの1戦だけでダートを克服したとはいえず、現状では特殊な状況で結果を出したという評価で十分だろう。

    金沢から参戦したノブイチは、後方グループから真っ先に動いたが、先行勢に取り付いた2周目3コーナーで脚色が同じに。結局5着に終わったが、この馬はスンナリ先行できないと力を出せないタイプかも。それが出来なかったのが地区レベルなのか状態面なのかはわからないが、前者であれば評価を改める必要がありそうだ。

    最後に本命を打ったアウトスタンディンに触れれば、今回も前走と同様に最後方からの競馬。遠征馬が加わったので前が激しくなってくれれば良かったが、落ち着いた流れではさすがに苦しい。ただ7着という結果以上に最後も脚を使えなかった印象で、そもそもの力が足りなかったと判断すべきだと思っている。

    (詳細なレース結果は地方競馬全国協会のオフィシャルサイト等で確認してください)


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。