高知「トレノ賞」 2018年7月1日の注目レースPART2
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

高知「トレノ賞」 2018年7月1日の注目レースPART2

2018-07-01 00:30
  • 1
高知競馬7レース「第15回 トレノ賞」(古馬重賞・1300m)

◎(本命) (4)番 コスタアレグレ
○(対抗) (7)番 サクラインザスカイ

▲(単穴) (6)番 ワイルドコットン

☆(特注) (9)番 バズーカ

△(連下) なし


<期待度> ◎単勝=C  ◎○ワイド=B  3連複BOX=C

<14:00追記>
騎手変更:(8)番 ウォーターサルーン 西川敏弘 → 郷間勇太 

まともなら高知移籍後8戦6勝で、今年に入り大高坂賞と福永洋一記念を制した(5)番ティアップリバティを巡る1戦である。しかし福永洋一記念後に2戦続けて出走を取り消しており、臨戦過程に不安を抱えての参戦となる。普通の休み明けなら調整途上でも格好をつけそうに感じられるものだが、さすがに今回はそう思えない。力を発揮できれば勝ち負けでも、思い切ってノーマークにできる舞台と判断した。

そこで注目したいのは、高知では初めて重賞に出走するコスタアレグレだ。3月に中央準OPから転入すると、全て圧勝で3連勝。その勢いで参戦した北海道スプリントCは9着に敗れたが、ハナ争いの輪に加わったおり、そのスピードは統一グレードでも通用していたと考えている。そのスピードで初めて対戦する地元の一線級を置き去りにすれば、重賞タイトルを手にすることができるのではないだろうか。

実績だけならサクラインザスカイは互角以上の存在である。高知移籍後は7戦5勝2着2回と、元中央OPの地力を如何なく発揮しているが、前走の敗戦は主戦を務めていた赤岡修次騎手が乗れなかった(南関東で短期騎乗中のため)関係もあるのでは。若い林謙佑騎手が手綱を取る今回も不安要素は強く、能力的にはアッサリの立場かもしれないが、対抗評価に止めた理由である。

そのサクラインザスカイが敗れた前走で土を付けたのがワイルドコットン。末一手のタイプで展開の助けが欲しい馬だが、昨年も最後方から4着まで追い込んできた走りから、前が激しくなる短距離戦は決して悪い舞台ではない。成績が安定している現状なら、直線一気のシーンも見られると判断し、単穴評価とした。

園田から鳴り物入りで移籍したバズーカは、転入2戦目の前走で移籍後初勝利を挙げるも、期待ほどの走りは見られていない。ただし園田時代最後の重賞勝ちとなった兵庫ゴールドCが1230m戦なら、距離短縮は悪くないか。騎乗経験のある大山真吾騎手を呼び寄せたことも注目で、4番手評価は必要とみる。

他には前走で初めてA1特別を勝った(8)番ウォーターサルーンや、転入後5戦無敗の(1)番ホストなども気になるが、いずれも時計面で少し足りないか。配当面で妙味があれば手を広げても良さそうだが、予想としてはノーマークとさせていただいた。

(出走取り消しや当日の馬場状況等による予想変更は行わないのでご了承ください)
(詳細な出走表は地方競馬全国協会のオフィシャルサイト等で確認してください)


明日以降の掲載予定
7月5日 スパーキングレディーカップ(川崎・統一グレード)

7月8日 プロキオンステークス(JRA中京・統一グレード)、オパールカップ(盛岡)

7月11日 ジャパンダートダービー(大井・統一グレード)

7月15日 岩鷲賞(盛岡)

7月16日 マーキュリーカップ(盛岡・統一グレード)、プラチナカップ(浦和)、名港盃(名古屋)


広告
×
トレノ賞結果

1着 ○ (7)番 サクラインザスカイ(2番人気)
2着 ◎ (4)番 コスタアレグレ(1番人気)
3着 ▲ (6)番 ワイルドコットン(6番人気)

馬複500円・3連複1690円的中。印上位3頭で決まったということもそうだが、ティアップリバティ(5着)をノーマークにできたことが良かったといえる予想。力関係・状態面・展開の読みがかみ合ったことが、良い予想ができた理由だと思っている。
29ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。