盛岡「ハヤテスプリント」 2018年7月22日の注目レースPART1
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

盛岡「ハヤテスプリント」 2018年7月22日の注目レースPART1

2018-07-21 20:00
  • 1
盛岡競馬12レース「第6回 ハヤテスプリント」
(3歳・地方全国交流重賞・1200m)


◎(本命) (6)番 ダモンデ
○(対抗) (3)番 コスモウーノ

▲(単穴) (4)番 スターギア

☆(特注) (1)番 ラヴバインド

△(連下) (7)番 ダンストンラソ


<期待度> ◎単勝=D  ◎○ワイド=C  3連複BOX=C

今年から交流戦になり、力関係が読みにくいが、狙ってみたいのはダモンデ。マイル前後で先行した時に粘り腰を発揮していた馬が、1200mに転じた前々走で後方から差し切り勝ちを決め、新境地を開いた。ここも差し馬に流れが向きそうな組み合わせで、また岩手では2歳時に南部駒賞を勝っている相性の良さもある。前々走を再現して、2つ目の重賞タイトルを手にする姿が見られるのではないだろうか。

相手筆頭はコスモウーノ。後に東京プリンセス賞を制したグラヴィオーラ(2着)など実力馬が並んだエーデルワイス賞で、逃げて5着に粘った内容が秀逸。絶対能力ならこの馬が最上位と思われ、それだけに南関東移籍直後に苦労したのは少し信じられなかった。それでもようやく結果が出るようになっており、先行争いを凌げばアッサリ押し切ることもできそうである。

地元勢のエース格を担うスターギアは、逃げて最後捕まる競馬が続いているので、1200mになることは悪くないだろう。むしろポイントは先行馬が揃った組み合わせで、控える競馬が出来るかではないか。本来はそれができる馬だと思うが、現状では巻き込まれて失速する方を危惧したくなる。地の利を見込んでも単穴までだろう。

気になる存在としてラヴバインドを挙げたい。中央1勝馬だが南関東移籍後は入着すらない状態。しかし3走前には古馬B2級でもハナを奪えており、3歳馬同士ならそのダッシュ力は警戒すべきだろう。1番枠を引いたこともあり、行き切ればそのままの可能性もありそうで、4番手に取り上げることにした。

ダンストンラソの前走ウイナーCは、課題だった距離に対応できなかった結果だ。しかし岩手移籍後に盛岡で短距離戦を2連勝したように、この舞台なら巻き返しを期待していい。印としては押さえになってしまったが、上位陣と大きな差はないとみている。

あと手を広げるなら(8)番アヴァレソーだが、レベルの高かった4走前だけ走れれば勝負になるだろうが、過去3勝は全て3ケタの距離で挙げたもの。粘りを欠く可能性が高いとみて、印を抜くことにした。

(出走取り消しや当日の馬場状況等による予想変更は行わないのでご了承ください)
(詳細な出走表は地方競馬全国協会のオフィシャルサイト等で確認してください)


このあと佐賀「吉野ヶ里記念」の予想記事を掲載します。


広告
×
ハヤテスプリント結果

1着 - (8)番 アヴァレソー(2番人気)
2着 ◎ (6)番 ダモンデ(4番人気)
3着 ○ (3)番 コスモウーノ(1番人気)

戦前はもっと前が厳しい流れになると思っていた。ダモンデが届かなかったことも、前が止まらなかったことも、ポイントはそこにあったのでしょう。アヴァレソーを切ったことに悔いはありませんが、それだけになおさらダモンデが届いてほしかったですが。
12ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。