盛岡「若鮎賞」 2018年8月12日の注目レースPART1
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

盛岡「若鮎賞」 2018年8月12日の注目レースPART1

2018-08-11 20:00
  • 1
盛岡競馬12レース「第19回 若鮎賞」(2歳重賞・芝1600m)

◎(本命) (11)番 ミラクルジャガー
○(対抗) (10)番 サンエイフラワー

▲(単穴) (3)番 マツリダレーベン

☆(特注) (1)番 オウレリア

△(連下) (5)番 サンエイゼウス


<期待度> ◎単勝=C  ◎○ワイド=B  3連複BOX=B

例年難解な1戦だが、本命は盛岡の芝でデビュー2連勝中のミラクルジャガーに打った。2戦とも時計は平凡に映るが、直線だけで先行馬をまとめて抜き去った末脚は、若駒離れしていた。また狭い最内を抜け出した前走から、馬込みにひるまない精神的な強さを感じたことも、魅力的である。初対戦組との力量比較は微妙だが、ジュニアGPで遠征勢を迎え撃つためにも、無傷の3連勝を飾ってほしいものである。

時計面で注目するなら、今年の2歳世代で唯一、芝1000m戦で1分を切ったサンエイフラワーだろう。一昨年のジュニアGPを制したダズンフラワーの半妹という血統背景もあり、フットワークは明らかに芝向き。距離延長に対応できれば、そのスピードで圧倒してもおかしくないとみて、これに対抗の印を打った。

サンエイフラワーの勝った新馬戦で、最後方から追い込んで2着に入ったマツリダレーベンは、この時マークした上がり3ハロン34秒7が出色。多頭数競馬に変わり、馬群を捌けるかは課題だが、その末脚は距離が延びて威力を増す可能性は十分。まとめてまであるとみて、単穴評価に持ってきた。

今回と同じ舞台で行われた前走でミラクルジャガーの2着だったオウレイアは、着差が着差だったので、勝負所で外を回った分の差はあったか。しかしこれからの伸び代となれば、少し微妙に感じたので、過信は禁物とみて4番手評価に止めたい。

サンエイゼウスは新馬戦がサンエイフラワー、2戦目はミラクルジャガーがいて、相手に恵まれなかった。それでも2戦とも大きく崩れていなかったので、ここまでは押さえるべきと判断した。

(出走取り消しや当日の馬場状況等による予想変更は行わないのでご了承ください)
(詳細な出走表は地方競馬全国協会のオフィシャルサイト等で確認してください)


このあと、ばんえい帯広「ばんえいグランプリ」の予想記事を掲載します。


広告
×
若鮎賞結果

1着 - (9)番 マリーグレイス(8番人気)
2着 ○ (10)番 サンエイフラワー(3番人気)
3着 ◎ (11)番 ミラクルジャガー(1番人気)
除外 - (7)番 リュウノアイドル

地元生え抜きではマリーグレイスだけが初芝。デビュー間もない時期の2歳戦の難しさが露骨に表れた1戦だけど、それを拾えなかったこと以外は、予想の方向性は間違っていなかったかと。
12ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。