高知「建依別<たけよりわけ>賞」 2018年8月19日の注目レース
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

高知「建依別<たけよりわけ>賞」 2018年8月19日の注目レース

2018-08-18 19:00
  • 1
高知競馬7レース「第41回 建依別<たけよりわけ>賞」(古馬重賞・1400m)

◎(本命) (10)番 サクラレグナム
○(対抗) (7)番 キープインタッチ

▲(単穴) (2)番 ワイルドコットン

☆(特注) (6)番 エイシンファイヤー

△(連下) (8)番 ヨッテケ、(3)番 エナジータウン


<期待度> ◎単勝=B  ◎○ワイド=C  3連複BOX=B

今までの重賞メンバーからガラリと入れ替わって迎えた1戦だが、本命はサクラレグナムを指名した。転入初戦を快勝後に南関東に遠征し、さきたま杯6着に、習志野きらっとスプリント3着。能力的な落ち込みがないことは明らかで、転入初戦の走りを見ても、高知コースへの対応も問題ないと考える。簡単なメンバーではないが、切れ味鋭い末脚でまとめて差し切ってくれると判断した。

同じように南関東OPから転入間もないキープインタッチが相手筆頭。B級スタートに恵まれたとはいえ、ここまで4戦無敗。前走OP特別ではワイルドコットンを抑えており、高知のトップクラスで戦える戦力はあるとみて良さそうだ。この距離だと多少忙しい印象もあるが、無傷の連勝を更に伸ばすことになっても、驚くことはないだろう。

迎え撃つ既成勢力の筆頭格はワイルドコットン。重賞になると末脚が届かない競馬が続いているが、最後は確実に差を詰めており、末脚の安定感は高い。また今回は、これまでの重賞に比べて先行馬の力量は落ちていると感じることも、期待値を高めるポイントである。昨秋の黒潮マイルCh以来となる重賞タイトル獲得もあるとみて、これを単穴評価とした。

エイシンファイヤーはC1級スタートから、転入後6戦5勝でここにぶつけてきた。時計面で若干見劣る印象はあるが、力関係が見えていないことで、未知の魅力を感じるのは確か。もまれずにスムーズな競馬ができれば侮れず、4番手に取り上げたい。

以下は先行馬から。前走1300m戦を1分21秒3で逃げ切ったヨッテケは、レコードが乱発した高速馬場の週でも、評価に値する好時計だった。その後に出走取消があり、順調さを欠いたことは気になるが、そのスピードが通用するのか注目したいところだ。

中央時代に1200m戦を専門に使われたエナジータウンは、高知に舞台を移してもそのスピードを発揮できている。この距離も前走で克服しており、先行できれば粘り込む可能性はありそう。大穴候補としてここまで印を回した。

(出走取り消しや当日の馬場状況等による予想変更は行わないのでご了承ください)
(詳細な出走表は地方競馬全国協会のオフィシャルサイト等で確認してください)


明日以降の掲載予定
8月22日 スパーキングサマーカップ(川崎)

8月26日 ビューチフルドリーマーカップ(水沢)

8月29日 アフター5スター賞(大井)


なお先週行われたダート統一グレード3戦の戦評記事ですが、スパーキングサマーカップの予想記事掲載前に全てを掲載することは難しい状況です。来週中にはすべて掲載できますが、多少お時間がかかることをご了承ください。


広告
×
建依別賞結果

1着 ◎ (10)番 サクラレグナム(1番人気)
2着 △ (8)番 ヨッテケ(6番人気)
3着 ○ (7)番 キープインタッチ(2番人気)

単勝160円・馬複1540円・3連複1460円的中。手広くなったので配当的にどうかと思ったが、手を広げたことが的中につながったので、その意味では満足。配当もサクラレグナムに集中したことを考えれば、悪くなかったと思います。
11ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。