川崎「戸塚記念」 2018年9月12日の注目レースPART2
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

川崎「戸塚記念」 2018年9月12日の注目レースPART2

2018-09-12 01:00
  • 1
川崎競馬11レース「第47回 戸塚記念」(3歳重賞・2100m)

◎(本命) (14)番 クレイジーアクセル
○(対抗) (6)番 クロスケ

▲(単穴) (3)番 ゴールドパテック

☆(特注) (5)番 トーセンブル

△(連下) (7)番 トキノパイレーツ、(1)番 チャイヤプーン


<期待度> ◎単勝=D  ◎○ワイド=C  3連複BOX=C

本命は悩んだが、クレイジーアクセルに打ってみたい。関東オークスは後続に絡まれ、引くに引けなくなって超ハイペースの逃げ。それでも3着に残ったことから、逃げられれば相当に強いことを示した走りだった。東京湾Cで牡馬相手に逃げ切った経験もあるし、強引にでもハナを奪える大外枠を引いたことも好材料。今回もケレン味なく逃げられれば、そのまま押し切るシーンを見られるのではないだろうか。

前走黒潮盃で待望の重賞タイトルを手にしたのがクロスケ。重賞では善戦止まりが続いていたが、クリスタルシルバーとのマッチレースを制したことで、ひと皮むける可能性を感じさせた。南関東の3歳牡馬3冠路線で好走した馬も他におらず、格で圧倒しても驚きはないが、初めて経験する川崎コースに対応できるかは未知数。ハイレベルで推移した牝馬路線との力関係も微妙で、対抗評価に止めることにした。

関東オークス2着のゴールドパテックは、これ以上ない展開になって抜け出しながら、ハービンマオに漁夫の利をさらわれたのは痛かった。ただ地元の川崎コースになって、動きが戻った面は認められるのではないだろうか。そうであるなら再度同じ舞台で力は出せるし、前走のように前がやり合ってくれれば早目に前を捕まえることもできる。まとめてならこの馬とみて、単穴評価とした。

不気味な存在としてトーセンブルを取り上げたい。南関東の3歳路線では追い込んで入着ラインに届かない程度に止まっているが、クロスケとの比較でみれば1秒前後の時計差。勝ち星のない大井コースから川崎コースに変わることで、この差が詰まるとなれば、侮ることは危険。ちょっと冒険だが、4番手まで抜擢してみた。

さて、注目度ではトキノパイレーツが一番だと思う。中央で2勝を挙げ、ユニコーンSでも6着に健闘した馬が、南関東に移籍して転入初戦を快勝。実績だけなら通用する可能性はあるとみているが、この1戦だけを目当てに移籍してきた印象は拭えない。今回は印を入れているが、こういう馬には通用してもらいたくないのが本音だ。

同じことがいえるのがチャイヤプーンで、この馬もこの1戦を最後に岩手に戻るのが既定路線。転入初戦の前走は目処を立てた内容ではあったが、この舞台を目指すのであれば、これからも南関東で戦い続けるべきではないのか。そこでこの馬も、トキノパイレーツと同様に、印を軽くさせていただいた。

この2頭を差し置いて、もし印を入れるなら(12)番ミスマンマミーアだが、前走黒潮盃3着は中長距離戦での限界が見えた印象も。気になる存在ではあるが、今回は印を抜くことにした。

(出走取り消しや当日の馬場状況等による予想変更は行わないのでご了承ください)
(詳細な出走表は地方競馬全国協会のオフィシャルサイト等で確認してください)


明日以降の予定
9月13日 兵庫オータムトロフィー(※園田)

9月16日 ジュニアグランプリ(盛岡)

9月17日 珊瑚冠賞(※高知)

9月19日 東京記念(大井)

9月20日 オータムカップ(※笠松)


今月は多忙のため、予想記事を縮小します。上記予定のうち、競馬場名に※印を入れた競走が、簡略対応またはツイッター対応を予定している競走です。なおツイッター対応は、上位以外の競走も行う可能性があります。


広告
×
戸塚記念結果

1着 △ (1)番 チャイヤプーン(5番人気)
2着 △ (7)番 トキノパイレーツ(1番人気)
3着 ◎ (14)番 クレイジーアクセル(4番人気)

△△◎の3連複は、3340円。
チャイヤプーン・・・道中は砂を被って行きっぷりが悪かったが、その分脚が溜まり、直線で外に持ち出した時は抜群の手応え。こうなれば末脚は切れる馬なので、突き抜けても驚かない。岩手に戻すのが正直勿体なくも映ってしまう。
トキノパイレーツ・・・出負けして後方からになったのは痛かったが、全体の走りを見れば、それがなければと感じる程ではない。2着を手にしたのは、首の上げ下げの幸運がもたらしたことも忘れてはいけない。
クレイジーアクセル・・・前半900mは関東オークスより3秒近く遅いのに、最後の脚は大して変わらず。東京湾Cがそうだったが、速いラップを踏んで、後続の脚を奪う逃げの方がいいタイプではないか。
クロスケ(9着)・・・川島正太郎騎手への急遽乗り替わりも影響大だが、川崎コースも合わなかった。
12ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。