緊急コラム 岩手競馬で発生した、禁止薬物による開催を取りやめについて
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

緊急コラム 岩手競馬で発生した、禁止薬物による開催を取りやめについて

2018-09-22 18:00

    今年7月29日と9月10日の岩手県競馬組合(以下、岩手競馬)の開催で、出走馬から筋肉増強剤の一種である禁止薬物が検出された。これを受けて岩手競馬は、在厩馬の全頭検査に踏み切り、その検査結果が間に合わないことを理由に、22日の開催が取りやめに。そして23日以降の開催については、陰性でなければ出馬投票を認めない措置を取ることとなった。


    今まで私は本ブロマガ及びツイッターで、この種の話題に触れないようにしていた。それは取り上げることで、浅はかな知識や偏見を持って批判する声を誘発しかねないこと。そして私自身も専門的な知識を持ち合わせていないが故に、いらぬ憶測や偏見を広める可能性があるためである。また禁止薬物検出時に警察への通報が義務づけられていることから、それを静かに見守るべきという考えを持っていることも、加えさせていただきたい。


    だから今回も、そういう憶測につながる可能性がある発言は、控えることにする。ただ1つだけ今の段階で語りたいのは、岩手競馬が今回に際し「日本の競馬全体の信用失墜につながりかねない極めて重大な事案」と位置づけたことである。確かに短期的には岩手競馬の問題だが、他の主催者で同様の事案が起こらない保証はどこにもない。だからこそ岩手競馬は対策をおざなりにしてはいけないし、また全ての競馬関係者はそれを注視し、今後に活かせるものがあるかを考える必要があると思っている。


    ただし、競馬の主人公である馬そのものに罪がある訳ではない。このあと、23日に盛岡競馬場で行われる「OROカップ」の予想記事を掲載するが、開催される以上、予想に関しては通常通りに行っていく。それを揺るがせないためにも、この場を設けさせていただいた次第である。



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。