JBCレディスクラシック展望-一転大混戦で存在感増すラビットランに、期待される3歳馬の参戦
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

JBCレディスクラシック展望-一転大混戦で存在感増すラビットランに、期待される3歳馬の参戦

2018-10-13 19:00
    これまでのJBCレディスクラシックは、前哨戦を終えた段階で1強または2強ムードで迎えていた。しかし今年は、路線の核とみられていたクイーンマンボが前哨戦のレディスプレリュードで惨敗したことで、一転大混戦で迎えることとなった。それでも例年半数程度が本番に駒を進め、過去7年の優勝馬全てが出走していたレディスプレリュード出走組が主軸になるのは変わらないはずだ。

    そう考えれば、勝ったプリンシアコメータが最短距離にいる印象は強いと思う。よくよく考えれば牝馬限定重賞で崩れたのは、今年のTCK女王盃だけ。春に距離が100m違うだけの平安Sに出走したことも、この舞台を考えればプラスかもしれない。ただしレディスプレリュードを差す競馬で勝利に導いた、ジョアン・モレイラ騎手が騎乗してもらうには、改めて短期免許を取得する必要が。同じ態勢で戦えるかどうか、確定的でないのは気になるところだ。

    レディスプレリュードで負けた組では、アタマ差まで追い詰めた2着ブランシェクールと、スタートの出遅れがあった4着アンジュデジールに逆転の期待がかかる。特にアンジュデジールはマリーンCのように、スタートが決まれば逃げの手に出られる自在性があるのは魅力的だ。人気を裏切ったクイーンマンボも状況的には厳しいが、巻き返しは諦めていないはず。今回の序列が、舞台が変わっても同じと断言できる要素は決して多くない

    また混戦になったことで俄然存在感を増したのは、ブリーダーズゴールドCを制したラビットランだ。前が止まらない不良馬場をロングスパートで圧勝した当時の走りは、思えば地殻変動を暗示する1戦だった。3歳時は芝路線を歩んでいたが、京都のダートで新馬勝ちをしているなら、ダートがベストといえずとも、適正はあると判断していい。前走の圧勝を加味すれば、この馬が1番人気に支持される可能性まであると思っている。

    だがそれ以上に不気味なのは、まだ牝馬路線に姿を見せていない、未知なる存在だ。例えば準OP以上に牝馬限定戦がない中央勢は、出走するチャンスが増えているだけに、準OPを突破できない存在が脚光を浴びる可能性は、考えるべきところ。事実、昨年2着だったプリンシアコメータは、当時前々走で1000万下を卒業したばかりだったことを忘れてはいけない。

    同じ視点で期待したいこととして、3歳馬の参戦がある。ここまで対古馬戦線にほとんど参戦していないが、地方勢を中心に実力馬が多数揃っている世代。しかも南関東(地方)勢は、例年日程が重なるロジータ記念が今年は11月28日実施なので、参戦への後押しになる可能性も。参戦があればより混戦に拍車をかけることになるだろうが、その動向は注目したいものである。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。