金沢「西日本ダービー」 2018年10月23日の注目レースPART2
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

金沢「西日本ダービー」 2018年10月23日の注目レースPART2

2018-10-22 18:30
  • 1
金沢競馬11レース「第3回 西日本ダービー」
(3歳・西日本地区交流重賞・2000m)


◎(本命) (3)番 コーナスフロリダ
○(対抗) (6)番 ウォーターループ

▲(単穴) (10)番 マイメン

☆(特注) (8)番 アゼツライト

△(連下) (11)番 エムザックヒーロー


<期待度> ◎単勝=B  ◎○ワイド=C  3連複BOX=A

デビュー地から転出経験のない馬という出走資格(金沢所属馬のみ例外規定あり)から、力量差は大きくなりがちな1戦。出走資格のあった名古屋のサムライドライブが先週の岐阜金賞に回ったなら、園田のコーナスフロリダを巡る1戦になるだろう。2歳時に園田ジュニアCを勝ち、今年も兵庫ダービーを制したように、地元で世代を牽引した存在。その割には取りこぼしも多く、期待値の割に信頼できないのは事実だが、他に地元ナンバー1と呼べる存在が他に不在。素質の差で何とかすると判断した。

相手筆頭は名古屋のウォーターループ。春シーズンに重賞2勝を挙げ、東海ダービーでも見せ場十分の3着と、サムライドライブが牽引した東海地区で存在感を発揮した馬。遠征勢で唯一金沢コースの経験もあり、当時のMRO金賞2着だけ走れれば、ここでも勝ち負けに加われるはず。前走大幅に増えた馬体重は気になるが、輸送で絞れるだろう今回は、巻き返し必至とみている。

佐賀から参戦するマイメンは、前走牡馬相手のロータスクラウン賞で、九州ダービー栄城賞を勝ったスーパージェットの2着。そのスーパージェットが21日に行われた九州大賞典で、古馬一線級相手に2着と好走したなら、こちらも地元の古馬一線級で戦える力があるのではないか。遠征経験も豊富なことから、思い切って単穴まで抜擢することにした。

園田からもう1頭参戦したアゼツライトは、菊水賞のように単騎逃げになれば強さを発揮する馬で、今回のメンバーもハナを奪えるチャンスは高い。ただし逃げられないと力を出せない上に、初の遠征競馬で普段の競馬が出来るかも気になる。脚質を考えれば単穴評価が妥当だろうが、今回はそこから1つ評価を下げたいと思う。

地元勢からは、地元重賞でコンスタントに上位に入っているエムザックヒーローを。今年の地区レベルを考えると見劣り感はあるが、サラブレッド大賞典3着当時の時計で通用するなら、浮上するシーンはある。ここまでは押さえるべきだろう。

(出走取り消しや当日の馬場状況等による予想変更は行わないのでご了承ください)
(詳細な出走表は地方競馬全国協会のオフィシャルサイト等で確認してください)


明日以降の予定
10月24日 埼玉新聞栄冠賞(浦和)

10月25日 ゴールド争覇(名古屋)

10月26日 兵庫ゴールドカップ(園田)

10月28日 北見記念(ばんえい帯広)、知床賞(盛岡)


広告
×
西日本ダービー結果

1着 ◎ (4)番 コーナスフロリダ(1番人気)
2着 ○ (6)番 ウォーターループ(3番人気)
3着 ▲ (10)番 マイメン(6番人気)

単勝160円・馬複300円・3連複770円的中。
コーナスフロリダは大幅に馬体が減ってどうかと思われたが、仕掛けたときの反応が他馬と違いすぎました。勝つときはこれだけ強い競馬をしてくれるのだから、負ける時のアッサリ感がなくなれば、まだまだ強くなると思うが。2着ウォーターループは、自分の時計で走っています。
8ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。