「浦和記念」戦評-まさかの3角まくりを決めたオールブラッシュ。伏線はどこにあった?
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「浦和記念」戦評-まさかの3角まくりを決めたオールブラッシュ。伏線はどこにあった?

2018-11-25 20:00
    スタートからトーセンデュークシュテルングランツが激しく競り合い、逃げたかったグリムが3番手しか取れなかった段階で、差し馬の台頭は予感されたところはあった。ただそれが、逃げてこその印象が強かったオールブラッシュだったのは、私も含め驚かされた人が少なくなかったと思う。しかし過去の戦い振りを調べていくと、今回につながる走りがあったことがわかった。

    <“まくり不発”だった昨年に見せていた、オールブラッシュの可能性>

    オールブラッシュが今回の勝利につながる1戦だったと考えるのが、昨年の浦和記念である。当時も中団からレースを進め、向正面まくりを打ってそのまま制したマイネルバサラの後を追うように進出し、3コーナーで一旦2番手に。この時はそこで止まって3着だったが、捲りという戦法は前に出切らないと止まってしまう戦法でもある。当時はその走りに失望を示す言葉を残していたが、ここに今回の勝利につながる可能性は見せていたのだろう。それを意識して、今回手綱を取った田邊裕信騎手が戦ったとは思わないが。

    また昨年は1番人気を背負っていて、戦い振りが慎重になった点もあったのでは。今年は気楽な立場で戦えた上、昨年以上に前が激しくやり合ってくれたことも恵まれたといっていい。そして動きたい時にスムーズに外に出し、グリムなどの好位勢がスピードに乗る前に捲り切ったタイミングも最高。これ以上ない形で3角まくりが決まったことが、2度目の重賞タイトルをもたらしたと考えている。

    振り返れば昨年の川崎記念を逃げ切った時は5番人気だった。今年のかしわ記念2着の際も6番人気で、4番人気だった今回を含め、気楽な立場で意表を突けた時に一発があるタイプということ。それが今回たまたま捲りだったということで、好位から直線抜け出すような優等生な競馬は、今後もできないはず。それなら今回の結果を受けて、この馬に対するイメージを変える必要はないだろう。なお次走は、昨年制した川崎記念を予定しているという。

    <明暗分かれた3歳馬の走り>

    4馬身離された2着には、1番人気に支持されたグリムが入った。3番手から前を交わそうとしたタイミングでオールブラッシュに捲られたのは運がなかったが、2番手争いを抜け出してから迫るクリソライトを振り切ったのは、逃げない競馬でも力を出せることを示したもの。勝利は手にできなかったものの、今後につながる内容は詰まっていたし、何より統一GⅠホース2頭を振り切ったことを高く評価したい。次なる戦いがどこになるかわからないが、評価を上げた1戦だったと判断したい。

    片やもう1頭の3歳馬ヤマノファイトは、スタートで出遅れ、後方からの競馬を余儀なくされた。最後は5着まで上がって来たが、スタートを決めればもっと前で戦えたはずで、不利のない競馬でどれだけ戦えるか見たかったという意味では残念な結果。その一方、休み明けで9キロ増やしてきた前走埼玉新聞栄冠賞より、馬体中が更に7キロ増えていたのはどうだったのか。調整に何らかの誤算があったこととスタートで出遅れたことがリンクしていたとするなら、なおさら残念である。

    この他の馬については、3着クリソライトは1度使われてガラリと動きは変わったが、グリムを捕まえられなかった所を見ると、今後は少し厳しい評価が必要か。4着アポロケンタッキーは逃げ馬の直後という絶好の位置にいながら全く伸びず、このメンバーでもダメだったのかという想いが強い。6着のトキノエクセレント以下については、持ち味を発揮した上での結果という一言で十分だろう。

    (詳細なレース結果は地方競馬全国協会のオフィシャルサイト等で確認してください)


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。