「チャンピオンズカップ」戦評-もはや“ルヴァンスレーヴ世代”ではない・・・“ルヴァンスレーヴ時代”到来を告げた完勝劇
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「チャンピオンズカップ」戦評-もはや“ルヴァンスレーヴ世代”ではない・・・“ルヴァンスレーヴ時代”到来を告げた完勝劇

2018-12-04 17:00
    昨年の全日本2歳優駿が行われた後、このブロマガでは当時の2歳世代が“黄金世代”になるのではと評し、ルヴァンスレーヴはその象徴的な存在になると記した。そして古馬勢との戦いが始まる秋になると、現3歳世代が古馬勢を次々と撃破。世代の頂点に君臨するルヴァンスレーヴもマイルチャンピオンシップ南部杯を制し、その勢いは加速度を増していた。しかしこの日の中京競馬場で初めて2番手からレースを進めたルヴァンスレーヴの姿は、既に世代を牽引する象徴ではなく、時代の寵児であることを誇示していた

    <想像を上回る成長ぶりを披露したルヴァンスレーヴ>

    これまでのルヴァンスレーヴの戦い振りを振り返ると、全日本2歳優駿やジャパンダートダービーでは後方からの直線一気。マイルチャンピオンシップ南部杯はロングスパートと、末脚勝負型のイメージが強かった。その理由はスタートが不安定だった点にあり、それが安定するようになれば、いずれ前で戦えるようになると思っていた人は少なくなかったかもしれない。

    しかしその競馬を、この舞台でいとも簡単にやってのけた。ハナを奪ったアンジュデジールから少し離れた2番手につけると、4コーナーまでそのポジションを守り、直線に向くと外に出してスパート。残り200mで先頭に立つと、ラスト1ハロンを11.9秒でまとめて後続を突き離す横綱相撲。ホッコータルマエ・コパノリッキー引退後の絶対王者不在の時代に終止符を打つ、圧巻の走りで頂点に登り詰めた。

    これだけの成長ぶりを披露したならドバイワールドC遠征を期待する声は大きくなるが、あえて重箱の隅をつつけば、今回スローペースだったことで行きたがったこと。ベストはマイルという本質は変わっておらず、それ故に2000mまで距離が延びた時にどうなるかは気になる。それを乗り越えるためにも次走は東京大賞典に臨んでほしかったが、どうやら次走はフェブラリーSになりそう。そこでは負けられない立場で戦うプレッシャーと向き合うことになるはずだ。

    <好走組は光明を見出したか>

    2着には4コーナーでガラ空きのインを突いたウェスタールンドが飛び込んだ。あのコース取りは見事だったが、離れた最後方からの追い込みはシリウスS2着時の再現であり、最初からあれを狙っていた作戦が再び嵌った結果といえよう。今後も最後方からの追い込みが届くかどうかに割り切ることになると思うが、距離的にはこのぐらいあった方が良いのでは。以前に短い距離の方がと評したことがあるが、折り合いに苦労しないことがハッキリしたので、それならペースが速く脚をなし崩しに使ってしまう短距離戦より良いと感じている。

    3着に終わったサンライズソアは行き切れず、中団グループの先頭から。そこから徐々に進出し、最後の直線ではルヴァンスレーヴより先に抜け出さんかのシーンもあったが、そこで止まってしまった。鞍上のジョアン・モレイラ騎手は、レディスプレリュードでやはり逃げ絶対だったプリンシアコメータを差す競馬で勝利に導いており、同じような馬を再び上手く導いた。しかしウェスタールンドに2度続けて差されたところをみると、控える競馬では現状、これが精一杯なのだろう。今は逃げ脚を磨くことにこだわってほしいものである。

    紅一点だったアンジュデジールは好スタートからハナを奪い、交わされた後も4着に粘った。マリーンCで逃げ切り勝ちがあったので、スタートを決めればこの形もあると思っていたが、牡馬相手で通用したのは大きい。来年JBCレディスクラシックが行われる浦和1400mは“適性が低い”という判断がある模様で、それなら積極的に牡馬と戦うことで、更なるスケールアップを目指してもよいのではないか。と同時に、牝馬でも適性を感じる番組があれば、牡馬相手でも臆せず使う風潮が生まれてほしいと思う。

    <JBCクラシック1-2着馬の敗因は>

    JBCクラシックを制したケイティブレイブは、その時よりも後ろからの競馬。ところが追い上げるシーンすらなく、11着に敗れた。集中力を欠いていた旨の話が福永祐一騎手のコメントにあったが、本質は力関係を見誤ったこと。JBCクラシックにいなかったアンジュデジールとルヴァンスレーヴに前を行かれ、それでも同じ競馬で勝てるという勘違いが、結果消極的な競馬となって現れた。これからも統一GⅠタイトルを手にする可能性はあるだろうが、その度に勘違いを繰り返しそうな未来を感じるのは私だけだろうか。

    同じくJBCクラシック2着のオメガパフュームは、秋2戦で見られた3~4コーナーで勢いよく上がっていく姿が見られず、5着争いを制するに止まった。歴戦の疲れや前が止まらない展開に泣いた面もあったとみているが、過去に唯一連対を外したレースが左回りの東京コースだったのは気になる。ゴール前は伸びていたので、左回りに課題があるなら、力を出せる舞台に条件がつく可能性が。次回左回りを使って来た時の走りに、注目する必要があると思う。

    この他では、6着サンライズノヴァと7着ノンコノユメは、最後方に近い位置から大外を使って伸びて来たが、展開と適性を考えればこの程度だろう。3番手追走から9着となったヒラボクラターシュは、トップクラスの底力を肌で感じたこの1戦を糧に、スケールアップにつなげてほしいところだ。

    最後にアメリカから参戦したパヴェルに触れると、序盤はサンライズソアと同じ位置にいたが、ペースが上がってからついていけなくなり、シンガリ負け。勝ったルヴァンスレーヴから1.7秒差なので、ある程度舞台に適応できた上での負けではないか。その意味でダート競馬のレベルが上がってきたことを教えてくれたといえ、参戦したことに感謝したいと思う。

    (詳細なレース結果は日本中央競馬会のオフィシャルサイト等で確認してください)

    ――――――――――――――――――――――

    JRA主催のダート統一グレード競走は、今後も統一GⅠのみ戦評記事を掲載します。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。