大井「勝島王冠」 2018年12月5日の注目レース
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

大井「勝島王冠」 2018年12月5日の注目レース

2018-12-04 21:00
  • 2
大井競馬11レース「第10回 勝島王冠」(古馬重賞・1800m)

◎(本命) (7)番 モジアナフレイバー
○(対抗) (10)番 クリスタルシルバー

▲(単穴) (9)番 リッカルド

☆(特注) (13)番 ヒガシウィルウィン

△(連下) (2)番 リコーワルサー、(3)番 ディアドムス


<期待度> ◎単勝=C  ◎○ワイド=D  3連複BOX=B

南関東でも3歳世代の活躍は目立っており、ここでも3歳馬が注目されているが、本命はその中からモジアナフレイバーを指名した。デビュー4連勝の後に羽田盃と東京ダービーでともに4着に終わったが、いずれもスタートが悪く、流れに乗れなかったもの。秋初戦となった前走準重賞でも出遅れたが、それでも圧勝。スケールだけなら南関東生え抜きナンバー1は間違いなく、それが53キロで戦えるのはかなり有利とみる。悲願の重賞タイトルを、初の古馬相手となるこの舞台で手にできると判断した。

相手も3歳世代からクリスタルシルバーを。前走マイルGPは3コーナーから長く脚を使い、歴戦の古馬を破る殊勲の星。世代レベルの高さを証明する、圧巻の走りだった。1ハロン距離が延びるここでもその走りは注目されるが、ポイントはライバルとの比較における56キロの斤量。1キロ詰まる古馬勢を何とかしたとしても、3冠路線で互角だった他の3歳馬より3キロも重いのは、かなり厳しく映る。それを克服できるかどうか、試金石の一戦とみる。

春は古馬戦線をリードしたリッカルドは単穴評価。前走マイルGPは包まれそうになったタイミングで早目に動かざるを得なかったことが、ラスト伸びなかった一因にある。あの1戦で評価を下げる必要はなく、休み明けを使われたことと外回りコースに変わることで、巻き返しを期待するのは当然だ。ただし3歳世代がさらに増え、その世代レベルに抗えるかは半信半疑。再び軍門に下る可能性を考え、この評価となった。

同じことはヒガシウィルウィンにもいえる。前走マイルGPにおけるクリスタルシルバーとの半馬身差は、こちらに距離不足感があったとしても、がっぷり四つで負けた印象が強い。それだけに距離延長と斤量差が1キロ詰まることを理由に、逆転可能と判断するのは楽観的ではないか。リッカルドとの対戦比較でも劣勢にあることを踏まえれば、統一GⅠホースとしての意地を期待しても、4番手評価が精一杯だった。

もう1頭の3歳馬リコーワルサーは、秋初戦の前走準重賞でモジアナフレイバーに完敗したが、持ち味の先行力は健在だった。これといった逃げ馬がいないことから、この馬が逃げる可能性もありそうで、展開面の魅力は十分。初の古馬相手でもチャンスはあるとみて、押さえる必要はあるとみた。

前年覇者のディアドムスは、春以降思ったような結果を残せていないが、使い減りする傾向が見られたことも関係しているか。それもあって今回は4ヶ月ぶりの休み明けとなるが、リフレッシュできていれば、いきなりでも動ける。連覇の可能性は否定できないことから、最後の印を回したいと思う。

(出走取り消しや当日の馬場状況等による予想変更は行わないのでご了承ください)
(詳細な出走表は地方競馬全国協会のオフィシャルサイト等で確認してください)


明日以降の予定

12月7日 マイル争覇(名古屋)

12月9日 カペラステークス(JRA中山・統一グレード)

12月10日 ダービーグランプリ・寒菊賞(水沢)

12月12日 クイーン賞(船橋・統一グレード)


広告
×
勝島王冠結果

1着 ◎ (7)番 モジアナフレイバー(3番人気)
2着 ☆ (13)番 ヒガシウィルウィン(1番人気)
3着 △ (2)番 リコーワルサー(5番人気)

単勝480円・馬複640円・3連複2180円的中。
モジアナフレイバー・・・スタートで出遅れたが、大きな不利とならなかった。後方を進み3角過ぎから馬なりで差を詰め、ゴーサインが出たのは直線半ばで先頭に並びかけてから。斤量に恵まれたことを差し引いても、次元の違う走りだった。
2週間前
×
ヒガシウィルウィン・・・有力どころでは1番前に位置していたが、勝負所からの反応がイマイチ。立て直して何とか2着に届いたが、無抵抗に差されたモジアナフレイバーには完敗だ。
リコーワルサー・・・先行勢の直後という良い位置にいたものの、直線で前を捌くのに時間がかかった。あそこでスムーズに抜け出していたら、2着はこちらだったか。
リッカルド(5着)・・・直線で一瞬進路を失ったとはいえ、進路が開いてからも伸びは見られず。春当時の状態に戻っていないのか、それとも世代の壁か。
クリスタルシルバー(7着)・・・今日は中団のまま終わったが、今回は色々と厳しい条件が揃っていた。悲観的に捉えるのは止めておきたいと思う。
2週間前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。