佐賀「中島記念」 2018年12月23日の注目レースPART1
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

佐賀「中島記念」 2018年12月23日の注目レースPART1

2018-12-22 20:00
  • 2
佐賀競馬12レース「第34回 中島記念」(古馬重賞・1800m)

◎(本命) (9)番 キョウワカイザー
○(対抗) (12)番 スーパージェット

▲(単穴) (6)番 キングプライド

☆(特注) (10)番 イッシンドウタイ

△(連下) (1)番 スーパーノヴァ、(3)番 ウルトラカイザー


<期待度> ◎単勝=C  ◎○ワイド=C  3連複BOX=A

このレース3連覇中のキョウワカイザーが、今年も参戦してきた。今年は九州大賞典で地元馬限定戦としては初めて掲示板を外すなど、陰りも見られた1年だったが、元々寒くなるにつれて調子を上げる馬。前走準重賞で5頭横並びの接戦を制し、ここに向けて例年通りに状態を上げてきた。しかも過去3年の勝ち方は全て違い、どんな展開にも動じないのは大きな強み。4連覇達成は十分可能とみて、本命を打つことにした。

相手には3歳馬のスーパージェットを取り上げる。九州ダービー栄城賞を制した頃からロングスパートを持ち味としていたが、九州大賞典でコースレコード決着の2着に入り、古馬相手に通用する姿を披露した。前走園田の楠賞でも5着に追い込み、世代上位の存在となった今、ここで世代交代を告げるチャンスは当然ある。ただし1800m戦は気持ち短い可能性があり、その分だけ対抗評価に止めた。

生え抜きの大器として3歳時から期待されたキングプライドは、今年佐賀スプリングCで念願の古馬重賞初タイトル。これで軌道に乗るかと思わせたが、秋2戦をみるとまた後戻りした感は拭えない。それでも中長距離戦でハナを奪えた時に踏ん張る力は、ここでは上位の存在。休み明け3戦目でソロソロ走り頃でもあり、単穴評価は必要と判断した。

5月に移籍したイッシンドウタイは、転入後3着を外していない安定感は魅力的。その一方で3着に敗れた2戦がいずれも重賞で、中央時代に統一グレードでも好走した当時の力は、さすがに厳しくなっている。また勝った時は相手が楽なレースも多く、実績を額面通り受け入れることは難しく、4番手評価が精一杯だった。

九州大賞典で移籍後初勝利を挙げたスーパーノヴァは、長距離戦に加えてスタミナがモノをいう展開になって台頭した感はあったが、この馬も転入後地元では3着を外していない。前がもつれる展開になれば、この距離でも九州大賞典を再現する可能性はある。押さえなければいけない1頭とみる。

ウルトラカイザーは3歳時にこのレースを勝っており、勝てば7年ぶりに同一重賞を制することになる。ただし今年は1400m戦専門に使われており、久々に使うこの距離に対応できるか微妙な印象も。能力的には勝負になるが、今回は押さえまでに止めた。

(出走取り消しや当日の馬場状況等による予想変更は行わないのでご了承ください)
(詳細な出走表は地方競馬全国協会のオフィシャルサイト等で確認してください)


このあと、ばんえい帯広「ばんえいダービー」の予想記事を掲載します。


広告
×
中島記念結果

1着 △ (3)番 ウルトラカイザー(3番人気)
2着 ☆ (10)番 イッシンドウタイ(1番人気)
3着 ○ (12)番 スーパージェット(2番人気)
4着 ◎ (9)番 キョウワカイザー(5番人気)

△☆○の3連複BOXは、620円。
ウルトラカイザー・・・折り合いを欠くような馬ではないので、久しぶりの1800m戦でも2番手で折り合えた。流れもスローになってくれ、ゴール寸前で逆転に成功。7年ぶりの同一重賞制覇は前代未聞だが、地方競馬には定年制があった(現在も一部主催者は残る)ため、シチュエーション自体があり得なかった。ルール変更が生んだ偉業である。
17ヶ月前
×
イッシンドウタイ・・・キングプライド(8着)がスタートで大きく出遅れ、スローな逃げに持ち込めた。勝ったと思ったところで差されたのは相手を褒めるべきだが、そこまでが恵まれたことは忘れてはいけないだろう。
スーパージェット・・・いつになく前々で競馬をしたが、前走1400m戦を使った影響か。前が楽をしていたので、今日のような競馬が悪かった訳ではないが、持ち味も消えた印象はあった。
キョウワカイザー・・・道中の手応えが悪かったので、勝負所から一か八かでインに入れたが、結果につながらず。しかしこの馬は手応えが悪くても伸びてくることがあり、自信を持って外を回してほしかった。
17ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。