ばんえい帯広「ばんえいダービー」 2018年12月23日の注目レースPART2
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ばんえい帯広「ばんえいダービー」 2018年12月23日の注目レースPART2

2018-12-22 20:30
  • 1
来年4月を持って“平成”の元号が終わる。それもあって春以降、様々な場面で「平成最後の」という枕詞がついてくるようになった。その年最後のダービー馬が決まるばんえいダービーも同じように“平成最後のばんえいダービー”である訳だが、同時に“平成最後のダービー”でもある。北海道遺産として未来に引き継ぐ役目を持つばんえい競馬にこの役目が託されたことは、未来に対してどんなメッセージが込められているのだろうか。

ばんえい帯広競馬10レース「第47回 ばんえいダービー」(3歳重賞・200m)

◎(本命) (7)番 ミスタカシマ
○(対抗) (5)番 アアモンドグンシン

▲(単穴) なし

☆(特注) (3)番 キタノユウジロウ

△(連下) (8)番 コウシュハレガシー、(4)番 カネサダイマオー


<期待度> ◎単勝=B  ◎○ワイド=A  3連複BOX=B

3歳3冠の2冠目であるばんえい菊花賞ではアアモンドグンシン本命・ミスタカシマ対抗だったが、今回はその序列を入れ替え、ミスタカシマに本命を打った。それだけスンナリ第2障害を抜けて押し切ったばんえい菊花賞を高く評価した訳だが、元々2歳時から世代トップクラスの評価があった馬。障害のカカリも高いレベルで安定しており、初めて曳く710キロでも崩れるとは思えない。13年ぶりに牝馬のダービー馬誕生のシーンが見られるのではないだろうか。

一方のアアモンドグンシンは、ばんえい菊花賞で2着。ひと腰で第2障害を抜けられなかった時の課題が、久しぶりに出た1戦になった。ひと腰で抜けられれば、古馬OP馬相手に勝利を挙げた前走のような強い競馬ができるが、この不安は2歳時に出世を阻んでいた原因になったもの。それがここに来て出てきた以上、3歳3冠路線を牽引してきたことを認めても、本命の印は打てなかった。


以下は一角崩しがあればという立ち位置になるが、その筆頭格はキタノユウジロウ。ばんえい菊花賞は4着だったが、3着コウシュハレガシーとは写真判定の接戦で、秋に入ってからの好調ぶりは示した。昨シーズンにイレネー記念2着もあり、底力が求められる定量戦に変わって、一角崩しのチャンスはあるのではないだろうか。

ばんえい大賞典・ばんえい菊花賞とも3着のコウシュハレガシーは、良くいえば崩れないが、悪くいえば重賞では一歩届かないという結果。これは2歳時から変わりなく、いきなり逆転する可能性は小さいとみる。それでも2強に近いところで戦えているだけに、ノーマークとはいかないだろう。

最後気になるのはカネサダイマオーで、イレネー記念を制してから惨敗続きだったが、前走で久しぶりに3着。これできっかけを掴めていれば、見切ることはできない。他馬が高重量戦に苦しめば、末脚が届く可能性はあると思う。

(出走取り消しや当日の馬場状況等による予想変更は行わないのでご了承ください)
(詳細な出走表は地方競馬全国協会のオフィシャルサイト等で確認してください)


現在は年末年始の特別体制の期間中ですが、明日24日はダート統一グレードの名古屋グランプリ(名古屋)と、ゴールドC(浦和)の予想記事を掲載します。なお年末年始全体の予定は、21日17時掲載のお知らせでご確認ください。


広告
×
ばんえいダービー結果

1着 ○ (5)番 アアモンドグンシン(2番人気)
2着 ☆ (3)番 キタノユウジロウ(5番人気)
3着 △ (8)番 コウシュハレガシー(3番人気)
4着 ◎ (7)番 ミスタカシマ(1番人気)

○☆の馬複2520円に、○☆△の3連複BOXは4130円。
第2障害におけるミスタカシマの仕掛けは、意識してワンテンポ早めた感が。これはアアモンドグンシンが溜め切る前に仕掛けさせ、ひと腰で抜けられないのを狙ったか。しかし併せて動いたアアモンドグンシンはひと腰で抜け、そのまま快勝。対してミスタカシマはトップ抜けしたが、末脚を失ってしまった。
心理戦が詰まった2強対決は、平成最後のダービーにふさわしいものだったと思う。
15ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。