高知「黒船賞」 2019年3月21日のダート統一グレード
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

高知「黒船賞」 2019年3月21日のダート統一グレード

2019-03-20 21:30
  • 1
高知競馬5レース「第21回 黒船賞」(古馬・JpnⅢ・1400m)

◎(本命) (7)番 サクラレグナム
○(対抗) (3)番 サクセスエナジー

▲(単穴) (11)番 サイタスリーレッド

☆(特注) (10)番 エイシンバランサー

△(連下) (8)番 クレセントシティー、(4)番 ミサイルマン


<期待度> ◎単勝=D  ◎○ワイド=C  3連複BOX=D

出走取消:(12)番 ストーミーワンダー

初代JBCスプリントの覇者となったノボジャックを筆頭に、このタイトルをきっかけに飛躍した馬を多数輩出した出世レース。その歴史を彩った存在として、2012年から3連覇を果たしたセイクリムズンを忘れてはいけないだろう。同馬は2016年から種牡馬生活を送っているが、その種付け権利が今回、優勝馬主に贈られることになった。こういう形でレースの歴史を感じさせてくれるのは、粋な計らいである。

ここはどの馬にも可能性を感じる大混戦。そこで地元の期待を背負うサクラレグナムで勝負したい。1年前に南関東から移籍すると、積極的に交流競走に参戦。すると統一グレードでも兵庫ゴールドT4着に入るなど、上位を賑わせている。一方で地元高知はここまで4戦無敗。前走黒潮スプリンターズCは笠松GPで敗れたエイシンバランサー相手に完勝するなど、コース相性も抜群だ。その地の利を活かせれば、第1回のリバーセキトバ以来となる地元勢制覇を期待できると判断した。

フェブラリーSで本命を打ったサクセスエナジーは、今回対抗評価。実績は今回と同じ1400m戦に集中しているが、統一グレードで逃げて押し切れるスピードはないし、さりとてスプリンターらしい切れも持ち合わせていない。以前からもっと長い距離で見たいという考えもあるし、唯一58キロを背負うことも微妙。統一グレード2勝の格で圧倒するシーンは否定しないものの、実績ほど絶対視できないことからこの印とした。


単穴にはサイタスリーレッドを。好凡走が激しいのは徹底先行タイプ故に仕方ないところだが、単騎逃げならカペラSで2着に粘ったように、まだまだ十分戦える。またメンバーを見渡せば何が何でも逃げたい馬がおらず、大外枠からスタートを決めれば、理想の展開に持ち込めるのでは。そうなれば一昨年のオーバルスプリント以来となる、統一グレード2勝目も現実味を帯びてくるだろう。

評価に迷ったのは園田のエイシンバランサー。サマーチャンピオンを制するなど実績はヒケを取らないし、地元より遠征競馬で結果を残しているのも好感が持てるところ。しかし兵庫ゴールドTでゲート入りに再三手こずり、レース前に消耗しきった姿がどうしても引っかかる。枠入りがスムーズなら勝負できる力はあるが、その不安要素を考えると、4番手より重い印は打てなかった。

押さえには少し冒険的な印を打った。大井から参戦するクレセントシティーは、2歳時にハイセイコー記念で後に東京ダービーを制したハセノパイロの2着がある素質馬。それ以来の長期休養明け初戦だった前々走が強い内容で、世代レベルの高さを加味すればここでも注目する価値はある。前走水が浮く不良馬場を気にして敗れたので、雨予報が外れればなお不気味だ。

最後は大穴候補でミサイルマンを。前走だるま夕日賞で昨年の高知ナンバー1であるティアップリバティを破り、復調が本物であることを伺わせた。2歳時にハイセイコー記念を制した素質馬でもあり、ロングスパートが嵌れば高知勢の1-2という、夢のようなシーンもあると感じている。

ところで2年連続2着の(5)番キングズガードは、直線勝負に徹すれば届かず、早めに動けば伸びあぐねる形が続いている。地方の馬場は3着を外していないので、本来なら重い印を打てる馬だが、馬券的な妙味がほとんどない。嫌ってみるいいタイミングではないだろうか。

(出走取り消しや当日の馬場状況等による予想変更は行わないのでご了承ください)
(詳細な出走表は地方競馬全国協会のオフィシャルサイト等で確認してください)


<おことわり>
黒船賞の戦評記事は、来週までずれ込む可能性があります。


明日以降の予定
3月24日 マーチステークス(JRA中山・統一グレード)、ばんえい記念(ばんえい帯広)

3月26日 六甲盃(園田)

3月27日 桜花賞(浦和)

3月28日 若草賞(名古屋)


<お知らせ>
このあと大井「ダービースタリオンマスターズ賞」と笠松「マーチカップ」について、ツイッター上で印のみ紹介いたします。また23日に、岩手競馬の開幕特集記事を掲載する可能性があります。


広告
×
黒船賞結果

1着 ○ (3)番 サクセスエナジー(1番人気)
2着 - (1)番 ヤマニンアンプリメ(3番人気)
3着 - (5)番 キングズガード(4番人気)
5着 ◎ (7)番 サクラレグナム(6番人気)

結果的に実績ナンバー1と中央勢の中で最も近況の良かった馬で決着した1戦。戦評記事でも触れると思いますが、チャンスがあると思って焦った感もみられた地方勢に対し、中央勢は落ち着いてレースを運んでいたいたことも、この結果につながったと思います。
6ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。