船橋「マリーンカップ」 2019年4月17日のダート統一グレード
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

船橋「マリーンカップ」 2019年4月17日のダート統一グレード

2019-04-16 21:00
  • 2
船橋競馬11レース「第23回 マリーンカップ」(古馬牝馬・JpnⅢ・1600m)

◎(本命) (6)番 ラーゴブルー
○(対抗) (3)番 オウケンビリーヴ

▲(単穴) (8)番 リエノテソーロ

☆(特注) (5)番 チークス

△(連下) なし


<期待度> ◎単勝=C  ◎○ワイド=B  3連複BOX=B

今年の8頭立ては、第3回の9頭立てを下回る過去最少の出走数。驚いたのは中央勢が3頭になったことで、いくらこの3頭が昨年統一グレードを勝ったといっても、牝馬路線で主役を担った存在ではない各馬。牝馬路線全体を見据えると、先々の不安を覚えるメンバー構成になったと考えるのは言い過ぎだろうか。

だからというわけではないが、本命は地方勢のエース格といえるラーゴブルーに打った。南関東移籍後は牝馬限定重賞2勝を含め、11戦8勝。唯一連対を外した昨年のスパーキングレディーC6着は、スタートで躓いて力を出せなかった1戦なので、通用しなかった敗戦ではない。またその後のレースぶりから更に力をつけていると感じるので、絶対的な存在といえない中央勢相手なら勝負になる。2007年のトーセンジョウオー以来となる、地方勢制覇のチャンスはあると判断した。

オウケンビリーヴは昨年のクラスターCを制したように、ベストは1200m。それでも統一グレード初参戦だった昨年のスパーキングレディーCで2着に入ったように、牝馬同士ならこの距離でも戦える。スプリント路線を戦う牝馬がほとんどいない現状を踏まえれば、浦和1400mで争われる今年のJBCレディスクラシック(&スプリント)はチャンスの舞台。予想としては対抗評価になったが、賞金を積み重ねたい大事な1戦である。

その時オウケンビリーヴを破ったリエノテソーロは単穴評価。2歳時に全日本2歳優駿を制しながら、当時は結果を残せない日々が続き、背水の陣で手にした勝利だった。しかしその後も苦戦が続いており、現状では牝馬限定で行われる、マイル以下のダート戦が残された可能性。正念場なるこの舞台で、まだまだやれるところを見せられるだろうか。

気になる存在はチークスだ。前走マークした川崎1500mの1分33秒9は、同日のB1下で1分35秒0だったことと比較すれば、相当な評価が必要。確かにCクラスしか戦っていない現状で対応できるか微妙だが、その不安を払拭するだけの勢いはある。最終的に4番手評価としたが、新星誕生のシーンを見る可能性はあると感じている。

この他でチャンスがあるなら、昨年船橋でクイーン賞を逃げ切った(7)番アイアンテーラーだが、マイル戦特有のスピードに対応できるか微妙。スンナリ逃げられないと脆いことも含め、今回は切ってみたいと思う。

(出走取り消しや当日の馬場状況等による予想変更は行わないのでご了承ください)
(詳細な出走表は地方競馬全国協会のオフィシャルサイト等で確認してください)


<おことわり>
先日お知らせしたように、4月より地方主催の統一グレードにおける戦評記事は統一GⅠのみとなります。そのためレースの振り返りは、この記事のコメント欄で対応することを基本としますので、ご了承ください。


明日以降の予定
4月21日 二十四万石賞(高知)、佐賀皐月賞(佐賀)

4月23日 コスモバルク記念(門別)、東京プリンセス賞(大井)

4月24日 羽田盃(大井)

4月25日 オグリキャップ記念(笠松)


広告
×
マリーンカップ結果

1着 ◎ (6)番 ラーゴブルー(3番人気)
2着 - (7)番 アイアンテーラー(1番人気)
3着 ▲ (8)番 リエノテソーロ(2番人気)
除外 ○ (3)番 オウケンビリーヴ

ラーゴブルーの単勝は、480円。
ラーゴブルー・・・逃げたアイアンテーラーの直後につけ、直線に向くのを待ってゴーサイン。残り200mを切って先頭に立つと、そのまま押し切った。思い通りの競馬で統一グレードタイトルを手にしたが、スパーキングレディーCで敗れてからの充実ぶりが凄い。今日の強さを多頭数で揉まれる競馬になっても発揮できるかが、次の課題だろう。
3ヶ月前
×
アイアンテーラー・・・単騎逃げは戦前から予想された組み合わせ。クイーン賞を逃げ切った時が前半1000m60.2秒(不良)に対し、今日の62.9秒(やや重)は後続が楽。もっと速いペースで逃げていたらと思うが、小頭数の競馬ではやりにくい。この距離にメドを立てただけで良しとすべきかも。
リエノテソーロ・・・ラーゴブルーの外から進めていたが、追い出されてからサッパリ。良い時と悪い時の差が大きい馬だが、ここまで冴えないレースだと、今後厳しいかも。
オウケンビリーヴ・・・発送前にゲートから突進した際、馬体故障で競走除外。3年前のブチコと同じ形で、レース前に消えてしまった。
3ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。