佐賀「佐賀皐月賞」 2019年4月21日の注目レースPART1
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

佐賀「佐賀皐月賞」 2019年4月21日の注目レースPART1

2019-04-20 21:00
  • 1
佐賀競馬12レース「第7回 佐賀皐月賞」(3歳重賞・1800m)

◎(本命) (12)番 スーパージンガ
○(対抗) (4)番 ニュールック

▲(単穴) なし

☆(特注) なし

△(連下) (7)番 ムーンパスノキセキ、(6)番 モリデンベー、(11)番 スターオブジーン


<期待度> ◎単勝=A  ◎○ワイド=A  3連複BOX=A

2月に行われた飛燕賞の再戦ムードだが、当時より400m距離が延びたとなれば、当時2着に敗れたスーパージンガが主役になる。佐賀に来て距離が延びてから地力を見せてきた馬で、飛燕賞で敗れたのは速さ比べになった結果。1750m以上では3戦全て圧勝と、この距離なら脅かす存在は見当たらない。このタイトルを手に、九州ダービー栄城賞に主役として駒を進めてほしいものである。

飛燕賞でスーパージンガに土をつけたニュールックは、武器は先行力。先に行く利でどこまで苦しめることが出来るかだが、名古屋遠征で減った馬体の回復ぶりが気になるので、逆転の可能性が低い対抗評価。馬券的には3着争いになりそうだがが、その筆頭格も飛燕賞3着のムーンパスノキセキか。

(出走取り消しや当日の馬場状況等による予想変更は行わないのでご了承ください)
(詳細な出走表は地方競馬全国協会のオフィシャルサイト等で確認してください)


このあと、高知「二十四万石賞」の予想記事を掲載します。


広告
×
佐賀皐月賞結果

1着 ◎ (12)番 スーパージンガ(1番人気)
2着 △ (11)番 スターオブジーン(3番人気)
3着 - (10)番 ニチウォ(9番人気)

単勝110円・馬複1410円的中。
逃げたニュールック(6着)のペースが遅く、スーパージンガは行きたがる素振りも見せた程。しかし差し馬がこれだけ前で戦えれば楽な話で、最後の直線に向く前に先頭に立つと、最後は流す余裕も見せた。九州ダービー栄城賞に向け、視界良好と感じる内容だった。2着スターオブジーンは、前が厳しくなって台頭した結果である。
2ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。