高知「黒潮皐月賞」 2019年4月29日の注目レースPART2
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

高知「黒潮皐月賞」 2019年4月29日の注目レースPART2

2019-04-28 22:00
  • 1
高知競馬7レース「第23回 黒潮皐月賞」(3歳重賞・1400m)

◎(本命) (7)番 ナンヨーオボロヅキ
○(対抗) (6)番 アルネゴー

▲(単穴) なし

☆(特注) (3)番 アポロン

△(連下) (10)番 コスモアニモーソ、(4)番 シェナパドメ


<期待度> ◎単勝=B  ◎○ワイド=A  3連複BOX=A

転入後無傷の3連勝で土佐春花賞を制したナンヨーオボロヅキは、前走は佐賀のル・プランタン賞に遠征。これまで同様に逃げながらスーパージンガに差されて2着に終わったが、距離が延びても問題ないことは示した。地元戦に戻り、またスピードで押し切れる距離でもあるので、後続を寄せ付けずに逃げ切る可能性が高い。1冠目の最短距離にあると考えている。

地元生え抜きのアルネゴーは、後方からのロングスパートを持ち味とするが、土佐春花賞がいわゆる速さ負け。距離が延びればともかく、この距離では相手のミスを待つ必要があるとみて、対抗評価まで。以下の馬は一角崩しの評価だが、その筆頭格は前哨戦の準重賞でアルネゴーに迫ったアポロンを取り上げたい。

(出走取り消しや当日の馬場状況等による予想変更は行わないのでご了承ください)
(詳細な出走表は地方競馬全国協会のオフィシャルサイト等で確認してください)


<ゴールデンウィーク期間中の掲載予定>
4月30日 予想なし(コラム掲載の可能性あり)

5月1日 かきつばた記念(名古屋・統一グレード)、しらさぎ賞(浦和)

5月2日 兵庫チャンピオンシップ(園田・統一グレード)、駿蹄賞(名古屋)、福永洋一記念(高知)

5月3日 兵庫大賞典(園田)

5月4日 やまびこ賞(水沢)

5月5日 ばんえい十勝オッズパーク杯(ばんえい帯広)、シアンモア記念(水沢)、北日本新聞杯(金沢)

5月6日 かしわ記念(船橋・統一グレード)


広告
×
黒潮皐月賞結果

1着 ○ (6)番 アルネゴー(2番人気)
2着 △ (10)番 コスモアニモーソ(4番人気)
3着 ◎ (7)番 ナンヨーオボロヅキ(1番人気)

ペースが多少速かったことと、高知でこの距離を走っていなかったとはいえ、逃げたナンヨーオボロヅキがミスをしたという印象はない。それでも最後方から自信を持って追い込んで突き抜けたアルネゴーの末脚は、ただただ脱帽するばかり。勝ったアルネゴーは距離不足感のあるこの舞台を制すれば、フリビオン以来となる生え抜きによる3冠達成の期待が膨らむと思っていたが、その期待を受けて高知優駿に向かうことになるはずだ。なお○△◎の3連複は、470円。
2ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。