浦和「しらさぎ賞」 2019年5月1日のもう1つの注目レース
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

浦和「しらさぎ賞」 2019年5月1日のもう1つの注目レース

2019-05-01 00:15
  • 2
浦和競馬11レース「第57回 しらさぎ賞」
(古馬牝馬・地方全国交流重賞・1400m)


◎(本命) (10)番 ストロングハート
○(対抗) (4)番 コパノビジン

▲(単穴) (12)番 タイムビヨンド

☆(特注) (11)番 ブルージェット

△(連下) (7)番 ステップオブダンス、(2)番 シェアハッピー


<期待度> ◎単勝=C  ◎○ワイド=D  3連複BOX=D

どの馬にもチャンスがありそうなメンバーだが、本命はストロングハートに打つ。3歳時は一息足りない結果が続いたが、年明けに復帰すると、牡馬重賞級相手に差のない競馬を披露。2歳時にエーデルワイス賞を制した底力が、戻ってきた印象がある。同じ舞台だった前々走で久々の勝利も挙げており、牝馬限定になって相手関係も楽。ハナにこだわる馬を行かせ、最後に捉えてくれると考えている。

対抗評価のコパノビジンは、前走準重賞で崩れたのは、初の浦和コースに対応できなかったため。地力は上位なので、コース2度目で対応できれば、アッサリのシーンも。道営から参戦するタイムビヨンドは久々の短距離戦だが、地元で牡馬一線級と戦い続けた経験値は不気味で、これに単穴の印を。ブルージェットは初めて大井以外で戦うことから4番手評価に止めたが、初の浦和コースを克服すれば、十分戦えるだろう。

(出走取り消しや当日の馬場状況等による予想変更は行わないのでご了承ください)
(詳細な出走表は地方競馬全国協会のオフィシャルサイト等で確認してください)


<ゴールデンウィーク期間中の掲載予定>
5月2日 兵庫チャンピオンシップ(園田・統一グレード)、駿蹄賞(名古屋)、福永洋一記念(高知)

5月3日 兵庫大賞典(園田)

5月4日 やまびこ賞(水沢)

5月5日 ばんえい十勝オッズパーク杯(ばんえい帯広)、シアンモア記念(水沢)、北日本新聞杯(金沢)

5月6日 かしわ記念(船橋・統一グレード)


広告
×
しらさぎ賞結果

1着 - (3)番 タイセイラナキア(2番人気)
2着 - (5)番 アムールリアン(4番人気)
3着 ◎ (10)番 ストロングハート(1番人気)

タイセイラナキア・・・前走は絡まれる逃げだったが、今日は単騎逃げが実現。5ハロン目まで11秒台を並べる猛ラップに誰もついていけず、最後一杯になりながらも逃げ切った。最後の止まり方を見るとやはりベストは1200だが、今年のJBCレディスクラシックと同じ舞台で勝ったのは、大きなアピールになる。
2ヶ月前
×
アムールリアン・・・前走勝った準重賞は流れが嵌った印象が強かったが、今日は2番手グループを楽に追走。気楽に振る舞えたとしても、先に動いたストロングハートを直線で差し返したレース内容は、味があった。
ストロングハート・・・2コーナーから追いかけたのは、人気を背負っているが故。前のペースが落ちる前に動いたことが、最後止まって2着も失った理由で、評価を下げるのは危険だ。
オルキスリアン(5着)・・・向正面で追い上げていく時の勢いは目立っていた。条件が良くない中でこの走りができるのは、クイーン賞3着が伊達ではないということだ。
2ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。