博田伸樹さん のコメント

userPhoto
博田伸樹
グレースレジーナ・・・最初の2~3完歩でもたつき、巻き返したらアヴニールレーヴに絡む形になったことが、乱戦の引き金になった。相手を競り潰して最後まで粘ったように、1番強い競馬をしたのはこの馬だが、南関東での経験値が活きる流れになったから。チグハグな動きをしなかった時に、勝てたかどうかは別問題だ。
リリコ・・・本来は園田プリンセスCを勝った時のように、後方から末脚を活かす方がいいはず。しかしアヴニールレーヴの逃げを警戒し過ぎたか、結果ハイペースを深追いして、最後の伸びを失った。ただ根本的に、自分から勝ちに動いて勝てるだけの地力はないのかも。
アヴニールレーヴ(10着)・・・単騎逃げになりかけたところでグレースレジーナに絡まれ、引くに引けなくなって結果潰された。絡んできた相手が悪すぎたの一言で十分だろう。
No.2
1ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
園田競馬11レース「第57回 のじぎく賞」 (3歳牝馬・地方全国交流重賞・1700m) ◎(本命) (4)番 リリコ ○(対抗) (7)番 チャービル ▲(単穴) (10)番 グレースレジーナ ☆(特注) (8)番 アヴニールレーヴ △(連下) (9)番 チェリーフオール、(12)番 オオエファイト <期待度>  ◎単勝=C  ◎○ワイド=D  3連複BOX=A 本命を打った リリコ は、1月の園田クイーンセレクションで2着に敗れた時、今後も活躍できるのか危惧する部分も感じていた。しかしその後、牡馬相手のスプリングCを含め、3戦続いた名古屋遠征で3→2→2着と好走。 ゴールドリング に歯が立たなかったものの、他地区の実力馬相手にも戦えることは証明した。その相手が不在の今回は、地元に戻ることもあり、軸としては信頼できると判断した。 相手は前走で中央未勝利交流を勝った チャービル を抜擢。馬体の成長と共にレース内容に力強さを増しており、距離さえ克服できれば、ここでも十分戦えるはずだ。南関東から参戦する グレースレジーナ は、前走東京プリンセス賞4着も、当時の3着馬は中央未勝利交流を勝てなかったのが引っかかる。小回りコースに変わる今回は単穴評価まで。 アヴニールレーヴ は単騎で逃がしてもらえれば、踏ん張る力は持っている。 (出走取り消しや当日の馬場状況等による予想変更は行わないのでご了承ください) (詳細な出走表は地方競馬全国協会のオフィシャルサイト等で確認してください) 明日以降の予定 5月18日 平安ステークス(JRA京都・統一グレード) 5月21日 地方競馬ジョッキーズChチャレンジステージ(金沢)、赤レンガ記念(門別) 5月22日 大井記念(大井) 5月23日 ぎふ清流カップ(笠松)
地方競馬・ダート競馬の発展を願ってやまない博田伸樹(ヒロタ・ノブキ)です。この場を通じて地方競馬・ダート競馬により興味を持つ人が1人でも増えてほしいと願っています。

【E-mail:hirota_nobuki@jcom.zaq.ne.jp】

【twitter:@HirotaNobuki】

岩手競馬情報・予想サイト「勝ちそーチャンネル」内の予想コーナー「岩手競馬 予想の達人」にも登場しています。

http://www.tesio.jp/