門別「赤レンガ記念」 2019年5月21日の注目レースPART2
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

門別「赤レンガ記念」 2019年5月21日の注目レースPART2

2019-05-20 21:30
  • 1
門別競馬12レース「第56回 赤レンガ記念」
(古馬・地方全国交流重賞・2000m)


◎(本命) (5)番 スーパーステション
○(対抗) (1)番 モズオトコマエ

▲(単穴) なし

☆(特注) なし

△(連下) (2)番 ドラゴンエアル、(3)番 ステージインパクト


<期待度> ◎単勝=A  ◎○ワイド=B  3連複BOX=A

スーパーステションのシーズン2戦目を迎える。前走コスモバルク記念は、スプリンターのサトノプリンシパルをハナに行かせる、2番手からの競馬。これを3コーナー過ぎに交わすと、あとはほとんど持ったままで離す一方の圧勝劇で、順調なスタートを切った。当然ここも勝ち方が問われることになるが、勝ち方次第で次走に帝王賞を視野に入れるはず。非常に大事な1戦である。

予想はその相手探しになるが、対抗はモズオトコマエを取り上げる。過去スーパーステションと対戦したのは、2着に入った昨年の星雲賞1度だけ。その後は直接対決を避けてきたが、金沢に遠征してイヌワシ賞を制するなど、力があることを示している。他馬は力関係がわかっているが、この馬だけは力関係が読めないこともあり、評価を上げた次第である。

ドラゴンエアルは今期初戦のコスモバルク記念で3着。ズルズル後退しそうになりながら盛り返したのはさすがだが、物足りなさは残った。当時2着のオヤコダカが抜けたことでまともなら相手はこれだが、今期初戦の内容と過去の2000m戦の走りからすれば、今回は少し微妙。今回は評価を下げることにした。

もう1頭ならステージインパクト。コスモバルク記念は早仕掛けが祟って4着に終わったが、仕掛けどころを間違えなければ十分戦える。一昨年の道営記念を制した底力を、見逃すわけにはいかないだろう。

(出走取り消しや当日の馬場状況等による予想変更は行わないのでご了承ください)
(詳細な出走表は地方競馬全国協会のオフィシャルサイト等で確認してください)


明日以降の予定
5月22日 大井記念(大井)

5月23日 優駿スプリントトライアル(大井)、ぎふ清流カップ(笠松)


なお23日の予想記事掲載後に、お知らせ記事を掲載いたします。その中で24日以降の予定もお知らせいたします。


広告
×
赤レンガ記念結果

1着 ◎ (5)番 スーパーステション(1番人気)
2着 △ (3)番 ステージインパクト(4番人気)
3着 ○ (1)番 モズオトコマエ(2番人気)

単勝100円・馬複840円・3連複550円的中。
逃げるスーパーステションに、バスタータイプが絡んでいったものの、ついていけたのは3コーナーまで。激しく手綱が動くシーンがないままに独走となったが、それでも最後の直線でムチが1発入ったのは、次の戦いを意識していたからか。レース後のインタビューで明言はされなかったが、次走に帝王賞を検討しているようだ。
4ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。