大井「優駿スプリントトライアル」 2019年5月23日の注目レースPART1
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

大井「優駿スプリントトライアル」 2019年5月23日の注目レースPART1

2019-05-22 21:00
  • 1
大井競馬5レース「優駿スプリントトライアル」(3歳OP特別・1200m)

◎(本命) (6)番 ヴァルラーム
○(対抗) (12)番 スウィートボックス

▲(単穴) (8)番 アジュディカグラ

☆(特注) (7)番 レベルフォー

△(連下) (2)番 ポッドギル、(4)番 ロイヤルビクトリー


<期待度> ◎単勝=D  ◎○ワイド=C  3連複BOX=C

このレースに至るまでの番組が年々充実する一方で、力量比較も年々難解になっている1戦。その中から本命に指名したのはヴァルラームである。1200m戦に限れば<4・1・1・0>と底を見せておらず、特別2連勝中と中身も上々。ただそれ以上に着目したいのは、差す競馬にこだわって結果を出していること。快速馬がズラリと揃っているので、この馬の末脚が活きる展開が見込まれ、直線で先行馬を捉える姿が見られると判断した。

スケール感では新馬戦で1000m1分0秒6と、破格のタイムを出したスウィートボックスが1番。ただしキャリアが3戦と浅く、自分の競馬ができなかった時の不安がある分、対抗評価まで。4連勝中のアジュディカグラは、前走初めて差す競馬で勝ったことは成長の証。同じ競馬が出来れば、アッサリまであるとみて単穴評価。気になるのはレベルフォーで、短距離路線に転じた前走でいきなり2着に入った対応力は、ここでも不気味である。

(出走取り消しや当日の馬場状況等による予想変更は行わないのでご了承ください)
(詳細な出走表は地方競馬全国協会のオフィシャルサイト等で確認してください)


このあと、笠松「ぎふ清流カップ」の予想記事を掲載します。


広告
×
優駿スプリントトライアル結果

1着 △ (4)番 ロイヤルビクトリー(3番人気)
2着 ◎ (6)番 ヴァルラーム(2番人気)
3着 △ (2)番 ポッドギル(4番人気)

馬複2180円・3連複3190円的中。
前半3ハロン34.3秒のハイペースになり、差し馬が台頭する流れ。ヴァルラームは4番手から一旦は抜け出したが、これでも少し早仕掛けだったため、今日は差す競馬に転じたロイヤルビクトリーに逆転を許した。速い流れに対応できる差し馬がいることは確認できたが、速い流れで踏ん張る先行馬が見出せなかったことが本番でのポイント。今日ハナ争いをした馬がいなくなったとしたら、今日の結果は参考にならないかもしれない。
3ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。