ダービーシリーズ特集#1 佐賀「九州ダービー栄城賞」(2019年5月26日)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ダービーシリーズ特集#1 佐賀「九州ダービー栄城賞」(2019年5月26日)

2019-05-25 21:00
  • 2

佐賀競馬12レース「第61回 九州ダービー栄城賞」(3歳重賞・2000m)


◎(本命) (2)番 スーパージンガ

○(対抗) (10)番 スターオブジーン

▲(単穴) なし

☆(特注) (1)番 ヒゲクレイジー

△(連下) (9)番 ムーンパスノキセキ、(3)番 テイエムヒッパシレ


<期待度> ◎単勝=A  ◎○ワイド=C  3連複BOX=B


2019年のダービーシリーズは、今年も例年と同様、佐賀からスタートする。東京優駿当日の2時間あまり後に発走するタイムテーブルも定着した印象だが、短期集中開催を唄うダービーシリーズの中で、今年はこのレースだけが他より1週間以上早い形になった。次々にダービーが押し寄せてくるからこそ盛り上がるイベントなので、来年はこの間隔が埋まるような調整ができればいいと思っている。


ここはスーパージンガで断然の組み合わせだ。道営時代は未勝利だったが、佐賀に移籍すると8戦7勝2着1回とほぼパーフェクト。しかも1750m以上は1冠目の九州皐月賞を含め4戦無敗と、距離が伸びて素質を開花させてきた。好位・中団からのロングスパートで後続を圧倒する内容は、距離が延びるこの舞台で更に威力を増す。前評判の高い馬がそのまま制する年が続いており、順当に2冠を手にすると判断して本命を打つ。


対抗にはスターオブジーンを取り上げる。2歳時はあまり目立たなかったが、年明けから中央遠征(芝)を続け、2月の小倉戦では掲示板にも入った。その経験をパワーアップにつなげたことが、前走九州皐月賞2着に現れたと思う。当時の4馬身差は一見逆転不可能にも感じるが、前走から上積みがあればわからない。佐賀生え抜きとしての意地も見せてほしいものだ。


道営デビュー以来、所属を転々と変えて戦っているヒゲクレイジーは、道営と南関東で各1勝。高知では金の鞍賞2着と、各地で結果を残してきた存在だ。前走トライアルで2着に入り、佐賀コースにも目処を立てたことで、初対戦となるスーパージンガにとって不気味に映るはず。単穴までは打てなかったが、未知の魅力を認めて3番手評価とした。


ムーンパスノキセキは、同世代相手に限ればここまで4着を外していない。パンチ力こそ見劣るが、全馬初経験となる舞台なので、この安定感が武器になる可能性は十分に秘める。ノーマークにはできないだろう。


トライアルを逃げ切ったテイエムヒッパシレは、佐賀皐月賞のスーパージンガと0.7秒差なら、ここでも勝負になる。ただし目標になる不利を考えると、重い印は打ちづらく、押さえまでとした。


ところで唯一スーパージンガを破った(4)番ニュールックは、前走佐賀皐月賞6着で、距離の課題が露わになった。そのため更に距離が延びる今回は厳しいとみて、ノーマークとした。


(出走取り消しや当日の馬場状況等による予想変更は行わないのでご了承ください)

(詳細な出走表は地方競馬全国協会のオフィシャルサイト等で確認してください)


明日以降の掲載予定(太字はダービーシリーズ)

5月29日 さきたま杯(浦和・統一グレード)

5月30日 北斗盃(門別)

6月2日 地方競馬JCS・ファーストステージ&早池峰スーパースプリント(盛岡)

6月4日 石川ダービー(金沢)

6月5日 東京ダービー(大井)

6月6日 北海道スプリントカップ(門別・統一グレード)、兵庫ダービー(園田)

6月9日 東北優駿(水沢)

6月11日 東海ダービー(名古屋)



広告
×
九州ダービー結果

1着 ◎ (2)番 スーパージンガ(1番人気)
2着 △ (9)番 ムーンパスノキセキ(5番人気)
3着 - (5)番 オーチンハラショウ(9番人気)

単勝120円・馬複660円的中。
スーパージンガ・・・逃げたニュールックがスローペースに落とす流れに、抑えきれない手応えで追走。2周目向正面から差を詰めると、4コーナー手前で先頭に立ち、あとは差を広げるだけ。距離が伸びて更に力の差がハッキリした結果といえ、今回の出走馬では今後、逆転することは困難と考えている。
4ヶ月前
×
ムーンパスノキセキ・・・好位追走から2周目向正面でスーパージンガに交わされた時、一瞬ひるんで後退。しかしズルズル下がらず立て直すと、混戦の2着争いを制した。パンチ力はないが、確実に自分の能力だけは走ってくれる馬だ。
オーチンハラショウ・・・意欲的に2番手から進め、一旦下がりながらも盛り返し、あわやのシーンを作った。花吹雪賞2着がある実績馬だが、いまだ未勝利ということで、私も含め盲点になっていたと思う。
スターオブジーン(4着)・・・スローペースにもかかわらず後方からの競馬を選択し、しかもなかなか順位を上げられず。最後は凄い脚を使っているが、今日は2着争いまで届かなかった。
ニュールック(5着)・・・これ以上ないペースで逃げられたが、スーパージンガに交わされてからも粘れず。今後は短い距離での活躍を期待したい。
4ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。