ダービーシリーズ特集#2 金沢「石川ダービー」(2019年6月4日)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ダービーシリーズ特集#2 金沢「石川ダービー」(2019年6月4日)

2019-06-03 21:00
  • 2
金沢競馬11レース「第3回 石川ダービー」(3歳重賞・2000m)


◎(本命) (1)番 ニューホープ

○(対抗) (10)番 スターキャデラック

▲(単穴) (11)番 ロンギングルック

☆(特注) なし

△(連下) (3)番 ミリオンピエール


<期待度> ◎単勝=C  ◎○ワイド=B  3連複BOX=A


ダービーのなかった金沢競馬が、ダービーシリーズに加わるために創設されたこの舞台。過去2回を制したのは、東京ダービーを2度制し、また前身のダービーウイーク時代に全競走騎乗も経験していた吉原寛人騎手だった。ある意味ダービーの重みを知る騎手が勝利を導いた訳だが、今年もそれが続くのか、それとも2人目の石川ダービージョッキー誕生となるのだろうか。


核となるのは前哨戦の北日本新聞杯を制したスターキャデラックだろう。デビューした南関東で重賞級相手に差のない勝負をしていた経歴をもってすれば、金沢移籍後3連勝は頷けるもの。2000mも不安はなく、手綱を取る吉原寛人騎手の3連覇は十分あると思う。ただし吉原寛人騎手は過去2年、大本命に土をつける立場だったこと。百戦錬磨の鞍上でも、追われる立場に変わることで違った競馬をさせられる可能性もあり、敢えて対抗評価に止めることにした。


そこで本命を打ったのはニューホープだ。今年に入り、中央で芝を使った初戦を除けば全て2着。しかし新緑賞と金沢移籍初戦の前々走は調整途上感が強く、前走の北日本新聞杯は脚を余した結果で、敗因はハッキリしている。状態が戻った今なら、2歳時に岩手で若駒賞を制した実績と内容を高く評価すべきで、300mの距離延長も間違いなくプラス。前走の半馬身差を逆転し、ダービー馬の称号を手にできると判断した。


単穴評価は地元生え抜きのロンキングルック。前走北日本新聞杯はスターキャデラックを意識しながらの競馬で、最後まで食い下がったが結果3着。2歳時も重賞では転入組や遠征馬に屈してきたが、ここでも壁は越えられなかった。ただし初対決だったスターキャデラックとの約2馬身差を、勝負付けが済んだとするのは早計。自身の力を出し切ることに徹すれば、逆転への糸口を掴めるのではないだろうか。


ここまで取り上げた3頭に迫るとすれば、4月に中央未勝利交流を勝った(7)番サノオーソだろう。しかし北日本新聞杯取消の影響が気になり、今回はノーマーク。そこで印を3頭だけに絞ることも考えたが、大穴候補としてミリオンピエールを最後に取り上げることにした。脚の使いどころが難しい馬だが、ピタリと嵌ればチャンスが残されていると感じたためである。


(出走取り消しや当日の馬場状況等による予想変更は行わないのでご了承ください)

(詳細な出走表は地方競馬全国協会のオフィシャルサイト等で確認してください)


明日以降の掲載予定(太字はダービーシリーズ)

6月5日 東京ダービー(大井)

6月6日 北海道スプリントカップ(門別・統一グレード)、兵庫ダービー(園田)

6月9日 東北優駿(水沢)

6月11日 東海ダービー(名古屋)

6月12日 関東オークス(川崎・統一グレード)



広告
×
石川ダービー結果

1着 ▲ (11)番 ロンキングルック(3番人気)
2着 ○ (10)番 スターキャデラック(1番人気)
3着 ◎ (1)番 ニューホープ(2番人気)

▲○の馬複390円に、3連複は220円。
ロンキングルック・・・戦前は相手を意識しない戦いをするかと思っていたが、スタートからスターキャデラックを徹底マークしていった。それが良かったのか、勝負所で相手が音をあげると一気に抜け出して、最後は大差に千切ってダービー馬の称号を手にした。実は2歳時に負けた相手は既に金沢におらず、その時の相手に鍛えられたということか。そこで生え抜きの意地を培ったことが、ここで花開いたのかもしれない。
4ヶ月前
×
スターキャデラック・・・逃げたチクリ(12着)を追いかけて2番手から進めたが、終始ロンキングルックにマークされ、息を抜けない形に。そのためか勝負所で一杯になってしまい、最後は2着確保がやっとだった。人気を背負っているが故に、前を追いかけないといけない難しさがあったにしても負け過ぎ。プレッシャーに打ち勝つ精神的な強さを、持っていなかった気がしている。
ニューホープ・・・スタートで安目を売って最後方になったのはともかく、1コーナーから深くなったインを突いて強引に追い上げたのはいただけない。普通に乗っても互角に戦える力はあるのだから、じっくり構えればいくらでもチャンスはあった。鞍上がダービーの雰囲気に呑まれた結果、自滅したと評しても仕方ない内容だった。
4ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。