佐賀「佐賀王冠賞」 2019年7月7日のダート統一グレード以外の注目レースPART1
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

佐賀「佐賀王冠賞」 2019年7月7日のダート統一グレード以外の注目レースPART1

2019-07-06 21:15
  • 1
佐賀競馬12レース「第2回 佐賀王冠賞」(古馬重賞・2000m)

◎(本命) (8)番 スーパージンガ
○(対抗) (5)番 ハッピーハッピー

▲(単穴) なし

☆(特注) (4)番 ラッシュアタック

△(連下) (1)番 イケノアサ、(2)番 モリデンサンバ


<期待度> ◎単勝=B  ◎○ワイド=A  3連複BOX=B

中長距離路線の主役級は姿を見せなかったが、興味深い対決がここで実現した。それが今年の九州ダービー栄城賞を制したスーパージンガと、前走佐賀ヴィーナスカップで佐賀移籍後無傷の11連勝を達成したハッピーハッピーである。

スーパージンガは前走高知優駿で5着に終わったが、これは遠征競馬とコース形態の違いに依るもの。地元に戻れば持ち味のロングスパートを発揮するはずで、古馬混合重賞を勝った馬がいない組み合わせなら、いきなり勝負になる。兒島真二騎手との初コンビは不安だが、古馬勢をまとめて差し切れると判断し、こちらから狙ってみたい。

一方のハッピーハッピーは、前走で南関東の実績馬ステップオブダンスを破ったのは高く評価できるが、どちらかといえばスピードに勝ったタイプ。2000mまで距離が延びて果たしてという部分があって対抗評価に止めたが、更に連勝を伸ばせば可能性は大きく広がる。改めて試金石の1戦である。

以下の印はこの2頭に割って入ればという位置づけだが、その筆頭格は転入初戦で2000m戦を勝っているラッシュアタック。他に印を入れたのが全て牝馬なので、牡馬の意地も見せてほしいという意味も込めている。

(出走取り消しや当日の馬場状況等による予想変更は行わないのでご了承ください)
(詳細な出走表は地方競馬全国協会のオフィシャルサイト等で確認してください)


このあと、盛岡「オパールカップ」の予想記事を掲載します。


広告
×
佐賀王冠賞結果

1着 ◎ (8)番 スーパージンガ(2番人気)
2着 ○ (5)番 ハッピーハッピー(1番人気)
3着 ☆ (4)番 ラッシュアタック(5番人気)

単勝370円・馬複130円・3連複760円的中
2番手につけたハッピーハッピーをマークする位置で進めたスーパージンガが、ゴール直前で差し切り勝ち。九州ダービー栄城賞より2秒以上時計を詰めたことは評価でき、これに連勝を止められるならハッピーハッピーも納得だろう。今回不在だった、グレイトパールなど地元トップクラスとの対戦が、待ち遠しくなった。
なお中長距離の古馬重賞(牝馬限定戦除く)を、この時期に3歳馬が勝ったことは、地方競馬の歴史にないのでは。8月なら記憶はあるのですが。
2週間前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。