盛岡「メイセイオペラ記念 マーキュリーカップ」 2019年7月15日のダート統一グレード
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

盛岡「メイセイオペラ記念 マーキュリーカップ」 2019年7月15日のダート統一グレード

2019-07-14 22:00
  • 2
盛岡競馬10レース「第23回 メイセイオペラ記念 マーキュリーカップ」
(古馬・JpnⅢ・2000m)


◎(本命) (1)番 グリム
○(対抗) (14)番 ロードゴラッソ

▲(単穴) (11)番 コパノチャーリー

☆(特注) なし

△(連下) (9)番 テルペリオン、(8)番 ムゲンノカノウセイ


<期待度> ◎単勝=B  ◎○ワイド=B  3連複BOX=A

夏場に唯一行われる古馬中長距離の統一グレードということで、南関東から強力な陣容が押し寄せた時期もあったが、近年その姿が見られない。これは南関東でも夏場に2000m級のOP特別が組まれ始めたためで、そのしわ寄せがここに出ている印象がある。ここで取り上げるのは筋違いであるが、今日名古屋で行われる名港盃に、兵庫県競馬の新子<あたらし>雅司厩舎に所属するトップホース3頭が遠征したメンバーが、少々羨ましく映ってしまうほどである。

先日の帝王賞でも1-2フィニッシュを決めたように、今のダート戦線を席巻しているのは4歳世代。その輪に加わりたい存在が、本命を打ったグリムである。以前は逃げる競馬をメインとしていたが、今年に入ると逃げない競馬で名古屋大賞典を制し、前走アンタレスSも2着。キャリアを積むにつれて脚質に幅が出てきたのは、それだけ馬が成長して来た証といえる。今回は他に統一グレード優勝馬がいないので、ここを勝って、同世代のライバルに一歩近づく舞台になることを願っている。

同じ4歳世代のロードゴラッソは、昨年末にダートに転じると、いきなり3連勝でOP入り。その後はマーチS6着にリステッド格2着だが、マーチSは勝ち馬から0.3秒差の勝負をしており、前走リステッド格で勝ったリアンヴェリテは直後のOP特別も勝利。これならグリム以外なら互角以上に戦える力はあるとみていいだろう。世代レベルを考えても、グリムとの1-2フィニッシュは有望とみて、これに対抗の印を打った。

逆転があればコパノチャーリーだ。近況は大敗が続いているが、これはマイペースの単騎逃げという、自分の形に持ち込むことが出来ていないため。7勝中6勝が逃げ切り勝ちという徹底先行タイプにとって、他に逃げたい馬がいない組み合わせは絶好のチャンス。スタートを決めて得意な形に持ち込めば、そのまま逃げ切るシーンも考えられることから、これを単穴評価とした。

前走OP特別を勝ったテルペリオンは、2月にもリステッド格を勝っており、グリム以外なら実績は上位だ。しかし好走パターンは、時計のかかる馬場で、かつ好位で流れに乗れた時。速い時計が出る盛岡コースは合わない印象があるし、名古屋大賞典でなす術なくグリムに敗れた1戦も無視できないところ。ノーマークはさすがに無謀としても、過信は禁物だろう。

もう1頭中央から参戦する(3)番ノーブルサターンは、3歳時に兵庫チャンピオンシップ2着などがあるが、古馬になってからOPで結果を残したのは前走OP特別3着だけ。これなら多少の願望込みだが、地元のムゲンノカノウセイに印を入れてみたい。最速の上がりで4着まで追い込んだ、前走みちのく大賞典で見せた末脚が、どこまで中央勢に通用するかを見守りたいと思う。

(出走取り消しや当日の馬場状況等による予想変更は行わないのでご了承ください)
(詳細な出走表は地方競馬全国協会のオフィシャルサイト等で確認してください)


明日以降の予定
7月17日 星雲賞(門別)、習志野きらっとスプリント(船橋)

7月18日 ノースクイーンカップ(門別)、サマーカップ(笠松)


広告
×
マーキュリーカップ結果結果

1着 ◎ (1)番 グリム(1番人気)
2着 - (3)番 ノーブルサターン(4番人気)
3着 △ (9)番 テルペリオン(3番人気)

グリムの単勝は、130円。
グリム・・・今日の盛岡は極端な外有利の馬場だったので、1番枠をどう捌くかがポイントだった。しかし好スタートを切って外に持ち出してから、外枠勢を行かせる味な振る舞い。その割に勝負所からの手応えは良くなかったが、最後は外から先行勢を差し切った。しかし統一GⅠ級で期待するとなれば、このメンバー相手に今日の内容では、正直心もとない。少なくとも評価を上げる勝利でなかったことだけは確かだ。
2ヶ月前
×
ノーブルサターン・・・こちらも好スタートを切ると、道中は終始グリムをマークする形。直線大外に持ち出すと、グリムと一緒に伸びて2着を確保した。パドックでの雰囲気が非常に良く、前走の好走が状態面の回復にあったことがわかった今日の好走。ただし他の中央勢が前で競り合ってくれた展開の利も大きく、今日のような競馬を繰り返さないと信頼は得られないだろう。
テルペリオン・・・良馬場に回復し、2分3秒台の決着になってくれたことで、速さ負けせずに戦えた。しかし2番手で折り合えそうなところ、外からロードゴラッソに来られてしまい、息が入らない形になったのは痛かった。グリムには勝負付けが済んだが、それ以外に対しては、時計のかかる馬場ならチャンスはあると思う。
ロードゴラッソ(4着)・・・グリムの後ろでじっくり戦えそうだったのに、1コーナーから動いて先頭に競り込んでいったのは意味不明。そこには色んな勘違いがあったと思うが、自滅といっていいだろう。ただしハイレベルな4歳世代という事で、私を含め過大評価という勘違いもあったかもしれないが。
2ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。