盛岡「ハヤテスプリント」 2019年7月21日の注目レースPART1
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

盛岡「ハヤテスプリント」 2019年7月21日の注目レースPART1

2019-07-20 21:00
  • 2
盛岡競馬12レース「第7回 ハヤテスプリント」
(3歳・地方全国交流重賞・1200m)


◎(本命) (4)番 イッキトウセン
○(対抗) (5)番 ケンガイア

▲(単穴) (8)番 サンエイムサシ

☆(特注) (6)番 グローリアスライブ

△(連下) (7)番 リュウノボサノバ


<期待度> ◎単勝=D  ◎○ワイド=C  3連複BOX=B

遠征勢がやや有利と考えているが、本命はホッカイドウ競馬から参戦するイッキトウセンを指名する。世代最初の重賞・栄冠賞で、後に世代のトップクラスで活躍する馬たちを破った1戦は忘れられず、素質だけならここでは1番。その後は気性的な難しさもあって凡走が続いているが、小頭数の1200m戦なら変わり身は十分ある。昨年川崎を使った時の走りから左回りも大丈夫で、ここは素質に賭けてみたいと思う。

相手筆頭には船橋のケンガイアを取り上げた。ここまで3着以内に入ったレースは、全て盛岡にコース形態が近い、コーナー2つの船橋戦。他場のレースやコーナー4つの競馬では惨敗を続けているので、適性は明確だ。その意味でここは狙って来た1戦といえ、遠征勢の中では格下感があっても、侮ることはできない。スムーズな競馬から、流れ込むことが出来る力は持っているだろう。

地元勢の最上位はサンエイムサシである。これまでの3勝全てが逃げ切り勝ちで、前走ウイナーCでも逃げて2着と、スピード競馬に対応できる走りを見せている。その前走で南関東移籍初戦だったクルーズラミレスに敗れたことで、地区レベルの差は気になるところだが、ハナを奪えればチャンスはある。地の利も見込めることから、単穴の印を打った。

クローリアスライブは留守杯日高賞で逃げ切っているが、前走優駿スプリントで最後方から7着に追い込んだ走りが、この馬のスタイルだろう。ただし前走が目一杯とも感じており、勝ちに行って勝てる相手とは思えない。小頭数で馬群は捌きやすいとしても、ここは4番手評価が精一杯である。

リュウノボサノバは南関東時代に短い距離で結果を残していたので、距離が短くなった前走ウイナーCは良いと思ったが、終わってみれば速さ負けして3着。ただし先の水沢開催は時計が速すぎた部分も否めず、コースが変わって巻き返しはありそう。警戒は怠りたくない。

あと問題は大井から参戦する(2)番カンゲキだが、何の不利もなかったのに後方のまま終わった、前走優駿スプリントの内容が悪すぎる。主戦の森泰斗騎手に戻ることはプラスだが、それだけで飛びつくのは危険。ノーマークで勝負してみたい。

(出走取り消しや当日の馬場状況等による予想変更は行わないのでご了承ください)
(詳細な出走表は地方競馬全国協会のオフィシャルサイト等で確認してください)


このあと、佐賀「吉野ヶ里記念」の予想記事を簡略版で掲載します。


広告
×
ハヤテスプリント結果

1着 ○ (5)番 ケンガイア(5番人気)
2着 ☆ (6)番 グローリアスライブ(2番人気)
3着 ◎ (4)番 イッキトウセン(4番人気)

○☆の馬複880円に、3連複は1140円。
ケンガイア・・・スタート直後に気合いをつけられると、後続を離しての逃げ。そのまま直線に向くと、最後は止まり気味になったものの、クビ差振り切った。条件が合うと思われていた通りの好走で、1分10秒8の勝ちタイムも、先週行われた岩鷲賞2着のメイショウオセアンより0.5秒速い。こんな時計で走られたら、地元勢では勝負にならない。
2ヶ月前
×
グローリアスライブ・・・中団から4コーナーで2番手に追い上げ、最後も鋭く伸びてきたが届かず。内容としては前走並みと考えているが、逆にいえば優駿スプリント上位組がここに出ていたら、どの程度のタイムで駆けたのだろうか。
イッキトウセン・・・ゴール直前で3着に上がったものの、道中は追っ付け通し。これが初めて経験する高速戦の影響か、気性的な問題かは、今後の戦い振りに委ねたい。
カンゲキ(4着・高松亮騎手に騎手変更)・・・2番手追走も、勝負所からはついていくのに精一杯。ただしこの着差だったら、主戦の森泰斗騎手が急遽乗れなくなった影響も、無関係とはいえないか。
2ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。