佐賀「吉野ヶ里記念」 2019年7月21日の注目レースPART2(開催が取りやめとなりました)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

佐賀「吉野ヶ里記念」 2019年7月21日の注目レースPART2(開催が取りやめとなりました)

2019-07-20 21:30
    <13:05追記>
    本日の佐賀競馬は、大雨のため開催取りやめとなりました。

    佐賀競馬12レース「第21回 吉野ヶ里記念」(古馬重賞・1400m)


    ◎(本命) (4)番 ウルトラカイザー
    ○(対抗) (2)番 ムーンライズ

    ▲(単穴) (3)番 ハクユウスターダム

    ☆(特注) なし

    △(連下) (5)番 マサヤ、(9)番 マイメン


    <期待度> ◎単勝=B  ◎○ワイド=C  3連複BOX=A

    前年も制したウルトラカイザーは、今年に入り取りこぼすレースが目立つようになり、さすがに年齢的な衰えが垣間見えてきた。ただし持ち味の先行力はまだまだ健在で、一気に評価を落とす状況には、まだないと考える。しかも今年に入って先着を許した馬のうち、今回も出走するのはハクユウスターダムだけ。それなら何かにやられるとしても、連軸としては信頼でいると判断し、本命を打つことにした。

    今日は10・11レースで九州出身騎手を招待する「里帰りジョッキーズカップ」が行われるが、そこに招待された騎手を配した2頭が逆転候補。対抗評価のムーンライズは、佐賀の環境に慣れて来たか、ここに来て4連勝中。格下でも今の勢いと、的場文男騎手の手綱捌きでどこまで迫れるか。服部茂史騎手を迎えたハクユウスターダムは、佐賀移籍後はまだ勝利がないが、手変わりで勝負弱さが解消されれば逆転もあるだろう。

    (出走取り消しや当日の馬場状況等による予想変更は行わないのでご了承ください)
    (詳細な出走表は地方競馬全国協会のオフィシャルサイト等で確認してください)


    明日以降の予定
    7月25日 ブリーダーズゴールドジュニアカップ(門別)、プラチナカップ(浦和)

    7月26日 兵庫サマークイーン賞(園田)


    この他に追加する可能性があります。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。