金沢「MRO金賞」 2019年7月30日注目レースPART2
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

金沢「MRO金賞」 2019年7月30日注目レースPART2

2019-07-30 00:15
  • 2
金沢競馬11レース「第63回 MRO金賞」
(3歳・北陸東海近畿交流重賞・1900m)


◎(本命) (9)番 バンローズキングス
○(対抗) (6)番 テンマダイウェーヴ

▲(単穴) なし

☆(特注) (5)番 フォアフロント

△(連下) (3)番 ロンギングルック、(2)番 ニューホープ、(11)番 テツ


<期待度> ◎単勝=A  ◎○ワイド=A  3連複BOX=A

ここはバンローズキングスで断然の1戦である。兵庫チャンピオンシップ3着でアッといわせると、それが本物であることを次走の兵庫ダービー圧勝で証明。兵庫チャンピオンシップから着用したチークピーシーズの効果があるとしても、短期間に急速に強くなったのは間違いない。兵庫チャンピオンシップを勝ったクリソベリルがジャパンダートダービーまで制したなら、遠征競馬といえども負けられないところ。その勝ち方次第で、更に強い相手を求めていくことになるはずだ。

相手もまともなら兵庫ダービーで2着だったテンマダイウェーヴ。気分よく走れればバンローズキングスを脅かす力もあるが、笠松遠征で乱戦になって崩れた経験もあり、気になる材料があるならそこか。その際に割って入るとすれば、笠松のフォアフロント。時計がかかり、やや苦手にしている名古屋コースより、金沢コースは力を出せると感じている。石川ダービー馬ロンギングルックなどの地元勢は、やや厳しいだろう。

(出走取り消しや当日の馬場状況等による予想変更は行わないのでご了承ください)
(詳細な出走表は地方競馬全国協会のオフィシャルサイト等で確認してください)


明日以降の予定
7月31日 サンタアニタトロフィー(大井)

8月1日 王冠賞(門別)



広告
×
MRO金賞結果

1着 △ (11)番 テツ(5番人気)
2着 ☆ (5)番 フォアフロント(6番人気)
3着 ◎ (9)番 バンローズキングス(1番人気)

△☆◎の3連複は、6840円。
テツ・・・逃げたミエルミエーレ(12着)に乗って2番手で流れに乗ると、それがバテた2周目向正面で先頭に。そこから後続が続々と迫ったが、最後までしっかりした足取りで振り切った。これまで重賞勝ちはなかったものの、上位は賑わせていたので、流れ1つでチャンスはあった馬。ライバルの凡走もあり、舞い込んできたチャンスを手にした。
2ヶ月前
×
フォアフロント・・・中団追走から、大外に持ち出した直線でグイグイ伸び、ゴール寸前で内を伸びたバンローズキングスを捉えた。地元では好位で立ち回ることが多かったが、差す競馬で結果を残したのは収穫しかない。もう少し速い時計が出る馬場だったら突き抜けた可能性もあり、今後が楽しみになった。
バンローズキングス・・・スタートで出遅れたのはともかく、2周目向正面から強引に追い上げた走りは、兵庫チャンピオンシップ以前に地元重賞で負けた時の戦い方に近い。それでも一瞬抜け出さんかのシーンを作ったのだから、1番強いと感じさせたのは確か。なおマイナス22キロの馬体重の影響は、パドック等を見ていないので図りかねるが、次走以降慎重に見ておきたい。
テンマダイウェーヴ(5着)・・・2周目向正面で早くも手応えが怪しくなったが、ズルズル下がらず最後まで2着争いに喰らいついた。しかし今日の内容を見ると、遠征競馬は良くなさそうである。
ロンキングルック(8着)・・・終始4~5番手を追走していたが、直線では伸びず。単純だが地区レベルの差と言うしかない内容だった。
2ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。