大井「黒潮盃」 2019年8月14日のもう1つの注目レース
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

大井「黒潮盃」 2019年8月14日のもう1つの注目レース

2019-08-13 21:30
  • 2
「黒潮盃」の予想記事は、通常版で掲載いたします。

大井競馬11レース「第53回 黒潮盃」(3歳・地方全国交流重賞・1800m)

◎(本命) (7)番 グリードパルフェ
○(対抗) (1)番 アエノエンペラー

▲(単穴) (11)番 リンノレジェンド

☆(特注) (5)番 ジョリスヴェニール

△(連下) (2)番 ホワイトヘッド、(3)番 ハルディネロ


<期待度> ◎単勝=C  ◎○ワイド=C  3連複BOX=C

ここはクリールパルフェに本命を打った。距離を延ばした春先から成績が向上すると、東京湾Cで2着と好走。それで出走権を得た東京ダービーでは、3強に最後まで食い喰い下がる4着と、トップクラスで戦える力があることを示した。今回は東京ダービーの上位3頭が不在となり、メンバー構成も随分と楽になったここは、ステップアップするためにも勝っておきたい1戦。直線で馬群を抜け出す姿がみられることを願っている。

対抗評価はアエノエンペラー。東京ダービーではクリールパルフェに次ぐ5着だったが、超スローの展開で外々を回らされ、しかも普段より仕掛けが早くなっての結果。当時2頭の着差は5馬身あったが、そこまでの能力差はないと考えている。ただし末一手の脚質ゆえ、地力だけで全馬をゴボウ抜きできるかとなれば、さすがに厳しいか。展開の助けが欲しい分だけ、クリールパルフェより下の序列とした。

問題はホッカイドウ競馬から参戦するリンドレジェンドだ。リンゾウチャネルが3冠を達成した道営3歳路線は5→2→3着。着差こそ1戦ごとに詰めたものの、前走王冠賞で2着も失ったのは気になるところ。しかも中1週での遠征競馬という部分で、万全の状態で出られるかにも不安を覚えている。このメンバーなら本命を打てる力は持っているけれど、今回は単穴評価が妥当と判断した。

ジョリスヴェニールの前走東京湾C6着は、初の左回りと見た目以上に先行馬にタフな流れになったことが敗因。敗因がある程度はっきりしているので、走り慣れた大井コースに戻る今回は、巻き返しを期待できるだろう。むしろ気になるのは3ヶ月ぶりの休み明けだが、力を出せる出来にあれば勝負になるとみて、4番手に取り上げる。

ホワイトヘッドは京浜盃3着など、南関東の重賞路線でも差のない競馬をしているが、アエノエンペラー以上の追い込み勝負型。重賞で勝ち負けするとなれば、乱戦に近い流れを待つ必要があり、それでは重い印を打つのはためらってしまう。そこで今回は、押さえまでに止めたい。

春先まで重賞で壁に当たっていたハルディネロは、5ヶ月ぶりの前走が3角先頭の強気な競馬で快勝。休んでいる間にかなりパワーアップが出来た印象で、今の状態でどこまで戦えるか見てみたいところ。実績馬は他にもいるが、大穴候補としてこちらを最後に取り上げた。

(出走取り消しや当日の馬場状況等による予想変更は行わないのでご了承ください)
(詳細な出走表は地方競馬全国協会のオフィシャルサイト等で確認してください)


このあと、門別競馬で行われる「エトワール賞」について、ツイッター上で印のみ掲載いたします。

明日以降の予定
8月15日 ブリーダーズゴールドカップ(門別・統一グレード)、くろゆり賞(笠松)

8月16日 摂津盃(園田)

8月18日 ダイヤモンドカップ(水沢)


広告
×
黒潮盃結果

1着 ▲ (11)番 リンノレジェンド(2番人気)
2着 ◎ (7)番 グリードパルフェ(1番人気)
3着 △ (2)番 ホワイトヘッド(4番人気)

馬複940円に、3連複1930円的中。
リンノレジェンド・・・前を引っ張った小久保智厩舎の2頭を見る位置で進めたが、向正面に入ると岡部誠騎手がなだめるのに苦労する程の行きっぷり。その手応えのまま直線に向いて先頭に立つと、追いすがるクリードパルフェも突き離した。中1週の遠征競馬というハンデも杞憂に終わり、道営3歳戦線のレベルの高さを如実に示しただけ。ここに盤石の出来でリンゾウチャネルが出ていたら、どんな勝ち方をしただろうか。
1週間前
×
グリードパルフェ・・・勝負所からリンノレジェンドを追いかけるようにして上昇したものの、最後の直線では並ぶことなく突き離された。ただし地元勢には完勝だったし、勝ちに行く立場になっても結果を残したことは前向きに捉えたい。もっとも今回不在の南関東3強との力の差を、詰められたとは思わなかった。
ホワイトヘッド・・・普段より前目の中団から。それでも末脚の切れは鈍ってはいなかったので、これまでの重賞より内容はあった。それでもワンパンチ足りないのは相変わらずで、今日の位置から進めるなら、もっと長く脚を使えるようになりたいものである。
ハルディネロ(4着)・・・もう少し前で戦うと思っていたので、ホワイトヘッドより後ろという位置取りは驚いたが、最後良く追い込んできた。このメンバーで戦える目処は立てたので、今後古馬相手に1つずつ階段を登って行きたいところだ。
アエノエンペラー(5着)・・・追い込み馬といってもスタートからの行きっぷりは悪く、1コーナーでは最後方。そこから地力で掲示板まで喰い込んだが、敗因は14キロ増の馬体重だろう。馬体を絞って巻き返せるかに注目したい。
1週間前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。