川崎「戸塚記念」 2019年9月4日の注目レース
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

川崎「戸塚記念」 2019年9月4日の注目レース

2019-09-03 21:30
  • 2
本日の戸塚記念は、通常版で予想記事を掲載します。

川崎競馬11レース「第48回 戸塚記念」(3歳重賞・2100m)

◎(本命) (14)番 ウィンターフェル
○(対抗) (9)番 グリードパルフェ

▲(単穴) (8)番 ヒカリオーソ

☆(特注) (6)番 レオズハウライト

△(連下) (11)番 トーセンボルガ、(12)番 グラビテーション


<期待度> ◎単勝=D  ◎○ワイド=B  3連複BOX=C

羽田盃2着・東京ダービー3着・ジャパンダートダービー4着と、南関東3歳3冠で好走を続けながら、勝利まで届かなかったウィンターフェル。重賞を勝てないのは何度も話してきたので繰り返さないが、地元馬同士でかつミューチャリーがいないのであれば、能力的に1枚抜けた存在なのは明らかだ。確かに単勝で狙うには二の足を踏んでしまうが、連軸としてなら高い信頼を置ける馬。その意味で打つ本命であれば、他にいないだろう。

相手筆頭はグリードパルフェ。こちらも重賞は2着が2回あるものの未勝利で、まるでウィンターフェルのスモールサイズを思わせる戦績。特に道営のリンゾウチャネルに完敗した前走黒潮盃の評価は割れるところだが、人気を背負って勝ちに行く立場だったことは、汲み取るべきである。1戦ごとに成長を感じる走りを見せていることもあり、初めて経験する川崎コースに対応できれば、逆転まで可能性はあると思っている。

問題は東京ダービー馬ヒカリオーソの扱いだ。重賞3勝を挙げているものの、その全てがスローペースの単騎逃げ。前走ジャパンダートダービーで5着に逃げ粘ったことから、力があるのは間違いなく、1着となる可能性はこの馬が1番高いと思う。しかし今回はテンに速い馬が多く、自分の形に持ち込めるか微妙。それが出来なければ大きく崩れても驚けないことから、単穴評価が妥当と判断した。

面白い存在としてレオズハウライトを取り上げる。重賞では結果を残していないが、4月に船橋の準重賞でグリードパルフェを3角まくりで破った1戦をみれば、脚の使いどころ1つで勝負になる力は秘める。また前走古馬B1下5着という臨戦過程は、古馬A2下4着からの参戦で昨年勝ったチャイヤプーンに似ており、その意味でも不気味。4番手評価は必要だろう。

トーセンボルガは優駿スプリントでもハナを奪った程のダッシュ力が武器。しかし短距離馬という訳ではなく、逃げられれば長い距離でも粘り腰を発揮するのが特徴だ。もしヒカリオーソのハナを叩くことになれば、最後まで踏ん張ってもおかしくないことから、警戒しておきたい存在だ。

2歳時に重賞3着が2回あるグラビテーションは、今年に入って伸び悩んだが、古馬相手になって4→4→3着と持ち直している。器用さがないだけに直線勝負になってしまうが、大乱戦になった時にチャンスが来るのはこういう馬か。大穴候補として最後に押さえた。

(出走取り消しや当日の馬場状況等による予想変更は行わないのでご了承ください)
(詳細な出走表は地方競馬全国協会のオフィシャルサイト等で確認してください)


明日以降の予定
9月5日 園田オータムトロフィー(園田)

9月6日 園田チャレンジカップ(園田)

9月8日 青藍賞(盛岡)、サラブレッド大賞典(金沢)


広告
×
戸塚記念結果

1着 ▲ (8)番 ヒカリオーソ(1番人気)
2着 ◎ (14)番 ウィンターフェル(2番人気)
3着 ○ (9)番 グリードパルフェ(4番人気)

馬複270円・3連複510円的中。
ヒカリオーソ・・・2番手追走から2周目3コーナーで、捲って来たグリードパルフェを前に出させないよう、一緒に動いて先頭に立ったのが大きな勝因。最後はウィンターフェルに迫られたものの、余裕を持って押し切った。今まで単騎逃げでないとと再三指摘してきたが、2番手から完勝した今日の内容を見たら、もうそんなことは言えない。世代のトップホースとして、強豪と戦う日々がこれから始まるはずだ。
8ヶ月前
×
ウィンターフェル・・・道中はヒカリオーソをマークするように進めていたが、2周目3コーナーでヒカリオーソとグリードパルフェが抜け出した瞬間、一瞬だけ離された。それを最後まで詰められなかったのが敗因と考えるが、追っての反応自体、前走よりも良くなかった印象が。ジャパンダートダービー当時の出来になかった可能性も、否定できないと思う。
グリードパルフェ・・・中団から2周目向正面で捲って行ったが、ヒカリオーソに反応されて先頭に出られず、そこで万事休した。しかし他の戦い方なら今日はチャンスがなかっただろうし、普段の年なら勝てたレベルで走っている。1-2着馬との力の差を、今日は素直に認めるしかない。
レオズハウライト(7着)・・・スタートで大きく出遅れ、最後方からの競馬では、前残りだった今日の馬場では勝負にならない。今日の1戦だけで見切ることはないだろう。
8ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。