金沢「サラブレッド大賞典」 2019年9月8日の注目レースPART1
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

金沢「サラブレッド大賞典」 2019年9月8日の注目レースPART1

2019-09-07 21:00
  • 1
金沢競馬11レース「第54回 サラブレッド大賞典」(3歳重賞・2000m)

◎(本命) (2)番 ロンギングルック
○(対抗) (10)番 タンクティーエー

▲(単穴) (9)番 ハクサンウェーブ

☆(特注) なし

△(連下) (11)番 カトリーヌレーヴ、(5)番 セイガイハ


<期待度> ◎単勝=C  ◎○ワイド=B  3連複BOX=B

石川ダービーを制したロンキングルックは、その後遠征馬相手となったMRO金賞は崩れたものの、地元馬同士に戻った近2走を連勝。1冠目の北日本新聞杯を勝ったスターキャデラックなど、春シーズンに覇を競ったライバルたちがいなくなり、既成勢力には勝負付けが済んでいる。そのため転入組に相手が絞れることになるが、仮に打ち破れなくとも大きく崩れることは考えにくい。連軸として信頼する意味で、ここは本命を打った。

一方で夏以降に転入してきた馬は手強く、中でもMRO金賞でロンキングルックに先着しているタンクティーエーと、転入後2戦2勝のハクサンウェーブは強力。どちらも中央1勝の経歴は見逃せず、ロンキングルックに待ったをかけるならこの2頭。馬券的にはここまで取り上げた三つ巴と考えている。

(出走取り消しや当日の馬場状況等による予想変更は行わないのでご了承ください)
(詳細な出走表は地方競馬全国協会のオフィシャルサイト等で確認してください)


このあと、盛岡「青藍賞」の予想記事を掲載します。


広告
×
サラブレッド大賞典結果

1着 ○ (10)番 タンクティーエー(2番人気)
2着 ▲ (9)番 ハクサンウェーブ(1番人気)
3着 ◎ (2)番 ロンキングルック(3番人気)

○▲の馬複230円に、3連複は190円。
期待したロンキングルックは、内枠を捌こうとして、道中小出しに脚を使う格好に。しかし最後ハクサンウェーブに差し返されたのは、それが理由とは言い切れないと思う。一方で勝ったタンクティーエーは、道中ゆっくりと位置を上げていき、2周目3コーナーで先頭に。あとは差を広げるだけの圧勝だったが、既成勢力のレベルに疑問を呈するだけの結果といえるかもしれない。
2ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。