盛岡「青藍賞」 2019年9月8日の注目レースPART2
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

盛岡「青藍賞」 2019年9月8日の注目レースPART2

2019-09-07 21:30
  • 2
盛岡競馬12レース「第27回 青藍賞」(古馬重賞・1600m)

◎(本命) (10)番 ロジストーム
○(対抗) (6)番 ハドソンホーネット

▲(単穴) (5)番 ダイチラディウス

☆(特注) (1)番 グランユニヴェール

△(連下) (8)番 キングジャガー


<期待度> ◎単勝=B  ◎○ワイド=C  3連複BOX=C

ロジストームの成績を振り返れば、1年前に今回と同じ舞台を1分37秒0で逃げ切って以来、敗れたのは南関東移籍時の2戦と、地元馬最先着だったマイルチャンピオンシップ南部杯だけ。実に丸1年にわたり地元馬に負けていない状況で、このレースを迎えたことになる。しかも今年は逃げにこだわらず、3番手から差し切ったシアンモア記念からも、脚質に幅が出ているのは強みだ。休み明けの前走も強い内容だったことから、更に連勝を伸ばすことを期待して、本命を打つことにした。

対抗評価はハドソンホーネットだ。2シーズンぶりに岩手に戻ってきた今年、あすなろ賞を逃げて圧勝すると、一條記念みちのく大賞典では早目先頭で押し切ってレコード勝ち。スケールアップして戻ってきたことを示している。岩手では長い距離をメインに使われているが、南関東時代はマイル戦をメインに結果を出していたので、距離は問題ない。ロジストームの一歩先で戦えれば、逆転する可能性もあるのではないか。

不気味な存在としてダイチラディウスを挙げたい。A級入りは今年の春という上がり馬だが、前走すずらん賞で6馬身差の圧勝劇を披露。当時はガラ空きのインを突けたコースの利はあったが、先行馬が揃ったここは、ラストの切れ味を十分生かせる組み合わせ。印上位2頭と戦っていない未知の魅力もあるので、単穴まで評価を上げることにした。

グランユニヴェールは今シーズン、勝つ時に圧勝する一方で大敗も多く、信頼感に欠ける状況にある。それでも勝った時の内容をみると、南関東時代に統一GⅠ出走歴がある地力は色褪せていない。いい時の走りを今回みせられれば、ここでも見劣ることはないことから、4番手に取り上げたいと思う。

キングジャガーは今期7戦して2着5回と勝てていないが、強気な逃げで重賞を勝ちまくった3歳時の走りが戻りつつある。強気にハナを奪うようなら、踏ん張るシーンはあるとみて、ここまで押さえておきたい。

ところで(2)番エンパイアペガサスだが、昨年・一昨年と絆Cで見せ場なく敗れたことから、今回と同じ盛岡のマイル戦は条件が合わない印象がある。しかし評価を下げるにしても、曲がりなりにも長年岩手のエースとして期待を背負っていた馬。軽い印を打ってお茶を濁すのは予想する立場としては逃げだと思うし、馬に対しても失礼だ。そこで今回はノーマークにすることで、この馬のプライドを守ることにしたい。

(出走取り消しや当日の馬場状況等による予想変更は行わないのでご了承ください)
(詳細な出走表は地方競馬全国協会のオフィシャルサイト等で確認してください)


明日以降の予定
9月12日 オーバルスプリント(浦和・統一グレード)、旭岳賞(門別)

9月15日 ジュニアグランプリ(盛岡)

9月16日 不来方賞(盛岡)、西日本ダービー(高知)


なお12日までに、浦和競馬に関するコラムを掲載予定です。


広告
×
青藍賞

1着 - (2)番 エンパイアペガサス(4番人気)
2着 ◎ (10)番 ロジストーム(1番人気)
3着 - (7)番 レプランシュ(8番人気)

エンパイアペガサス・・・道中は先行グループから離れた、後方グループの先頭。3コーナーから徐々に進出すると、直線でロジストームとの叩き合いに持ち込み、ゴール直前で競り落とした。勝ったという事実だけ見れば復活という印象だが、過去2年の絆Cにおける自身の時計は、1分37秒9に1分38秒7。自身の持ち時計で走れれば何とかなる、1分38秒3の決着になったことで勝負になったという側面もあり、手放しでは喜べないだろう。
1週間前
×
ロジストーム・・・3頭横並びの先頭争いの大外を進み、直線に向いてからきっちり抜け出したが、迫ってきたエンパイアペガサスに最後交わされてしまった。3着を4馬身離しているから力があることは示したが、過去1年地元馬に先着されていないといっても、全国区で知られた相手とはまともに戦っていない。その経験値に裏打ちされた底力の差が、最後に出たと考えている。
ハドソンホーネット(10着)・・・行けなかったのか行かなかったのかはわからないが、競る形ではなかった過去2戦と違い、3頭横並びでのハナ争い。その最内にいたため、3コーナーで根負けする形で失速してしまった。もまれず楽に逃げる形でないと、好走することが難しいことがわかってしまった。
1週間前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。