浦和「オーバルスプリント」 2019年9月12日のダート統一グレード
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

浦和「オーバルスプリント」 2019年9月12日のダート統一グレード

2019-09-11 21:00
  • 2
浦和競馬11レース「第30回 オーバルスプリント」(古馬・JpnⅢ・1400m)

◎(本命) (9)番 ヤマニンアンプリメ
○(対抗) (3)番 サクセスエナジー

▲(単穴) (2)番 ノブワイルド

☆(特注) (6)番 ノボバカラ

△(連下) (7)番 ブルドッグボス、(8)番 デイジーカーニバル


<期待度> ◎単勝=C  ◎○ワイド=C  3連複BOX=A

新2号スタンドのこけら落としとなった開催を彩る統一グレード。と同時に同じ舞台で行われるJBCスプリント及びJBCレディスクラシックに向け、重要な前哨戦にも今年はなった。それ故にこのレースの勝ち馬にJBCスプリントの優先出走権を与えてはという声もあるようだが、統一GⅢにそこまでの権利を与えることはないと思う。もしやるのだったら、浦和記念と日本TV盃の日程を入れ替え、JBCクラシックの優先出走権を与えるやり方ではなかっただろうか。

ここはヤマニンアンプリメを巡る1戦である。北海道スプリントCで統一グレード初制覇を飾ると、返す刀でクラスターCも完勝。しかも前走クラスターCは、大幅な馬体減で状態面が疑問視されていたことを考えると、現時点のスプリント路線で1番強いのはこの馬かも知れない。コーナー4つの1400m戦は過去2戦とも2着に終わっているが、内容は悪くなく、克服は可能。JBCスプリント出走を確実にするため、勝って賞金を積み上げたいところで、逆らうことなく本命を打ちたい。

対抗評価はサクセスエナジーとした。最近になって1400mは短いのではという印象を述べているが、春に同じ舞台で争われるさきたま杯を昨年制し、今年も2着。統一グレード3勝全てがコーナー4つの1400m戦という事実もあり、高いコース適性は認めるべきだろう。今回背負う58キロも黒船賞で勝っており、その時にアタマ差で押さえたのがヤマニンアンプリメ。適応力で返り討ちにする可能性は、考えておかないといけない。

前年覇者のノブワイルドは単穴評価。当時はロケットスタートを決めると、ついてきた馬を振り落していくハイペースの逃げを打ち、最後まで粘ったもの。当時は嵌った印象もあったが、前走プラチナCでほぼ同様のラップを踏んで、0.4秒時計を詰める逃げ切り勝ちを見せられると、更にパワーアップしてきた印象は強い。ハナさえ奪えれば、昨年の再現は可能であると考えたいと思う。

ノボバカラは5月にリステッドを勝って以降、北海道スプリントC3着にクラスターC8着と、いずれもヤマニンアンプリメに完敗。ただしこの2戦によって、現状では1200mが短いことがハッキリしたのではないか。しかし初の統一グレードが名古屋のかきつばた記念だったことから、実績あるコーナー4つの競馬なら、差は詰められる。侮れないとみて、4番手に取り上げた。

再び浦和に戻ってきたブルドッグボスは、コーナー4つの1400m自体が未勝利。クラスターCをレコード勝ちした勢いで参戦した、一昨年のこのレースも3着止まりと、この条件を苦手にしている印象がある。それでも相手なりに走れる堅実味はあるので、切っていい存在とはいえない。最後にもつれるようであれば、浮上してくる力は秘めている。

デイジーカーニバルは短距離路線に転じてから3連勝した勢いで参戦した、習志野きらっとスプリントで7着。重賞の壁というより、1000m戦が忙しすぎた結果だったと思っている。3歳時に東京湾Cで1番人気になるほどの素質を秘めていただけに、あの1戦だけで切るのは早計と判断し、最後の印を回した。

(出走取り消しや当日の馬場状況等による予想変更は行わないのでご了承ください)
(詳細な出走表は地方競馬全国協会のオフィシャルサイト等で確認してください)


このあと、門別「旭岳賞」の予想記事を、通常版で掲載いたします。


広告
×
オーバルスプリント結果

1着 ▲ (2)番 ノブワイルド(3番人気)
2着 - (5)番 ワイドファラオ(2番人気)
3着 ◎ (9)番 ヤマニンアンプリメ(1番人気)

ノブワイルド・・・競る格好になることも考えられたが、競りかけてきたのが同厩舎のエッシャー(10着)なら、ノープレッシャーで逃げられた。5ハロン目まで11秒台を並べて、3コーナーまでにセイフティリードを築くと、最後まで余裕を残した印象で連覇を達成した。プラチナCより更に0.4秒時計を詰めたように、今が充実期にあるのは明らか。JBCスプリントの有力候補に躍り出たと評していいだろう。
1ヶ月前
×
ワイドファラオ・・・前走ユニコーンSは、ダート適性の高さが仇になる1戦だったので、そこでの勝利はマイナス評価でしかなかった。ノブワイルドの逃げについていけなかったのは予想通りでも、バテずに流れ込むことが出来たのは、周りが走っていないにしても大好走だ。それでも速い時計が出る馬場ならダートでも戦えることと、逃げ絶対の評価を覆したのは、今後に向けた収穫である。
ヤマニンアンプリメ・・・1コーナーでの位置取りは、ノブワイルドについていけた馬の中では最後方。春先みられた行きっぷりの良さが影をひそめ、状態面のピークを過ぎたか、その状態でクラスターCを勝った反動が出た印象がある。向正面から動いて3着と格好はつけたが、JBCスプリント(orレディスクラシック)に向け、不安の残る結果になった。
ノボバカラ(4着)・・・序盤ついていけず、馬群を捌くのにも苦労したが、直線での末脚は目立っていた。速さ負けという側面はあるものの、脚質転換などのイメージチェンジにつながる、きっかけとなる1戦になるかもしれない。
サクセスエナジー(5着)・・・1コーナーで行き場を失くしたか、首を上げてしまうシーンが。その後は全く反応しなくなり、不完全燃焼のまま終了。今後に影響を残さなければいいのだが。
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。