門別「旭岳賞」 2019年9月12日のもう1つの注目レース
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

門別「旭岳賞」 2019年9月12日のもう1つの注目レース

2019-09-11 22:00
  • 1
本日の旭岳賞は、通常版で予想記事を掲載します。

門別競馬12レース「第5回 旭岳賞」(古馬・地方全国交流重賞・2000m)

◎(本命) (2)番 スーパーステション
○(対抗) (4)番 ヒガシウィルウィン

▲(単穴) (8)番 ハッピーグリン

☆(特注) (7)番 オヤコダカ

△(連下) (3)番 モルトベーネ


<期待度> ◎単勝=B  ◎○ワイド=B  3連複BOX=B

昨年より地元では無敗を守っているスーパーステションにとって、久々に緊張感が漂う1戦となった。今回の出走メンバーで古馬となってから未対戦の馬が4頭いるが、うち2頭は自身が手にしていない統一グレードのタイトルを持つ。話題の中心からも逸れている印象があり、ともすれば憎まれ役としてこの舞台を迎えているかもしれない。しかし冷静に考えれば、今回の舞台である門別2000m戦は、全て圧勝で4戦無敗。新顔にレース展開を乱しにかかる馬も見当たらないので、これまでと同様に、打倒スーパーステションに臨む実力馬を跳ね返せるはず。本命の評価を揺るがすことはないと判断した。

相手は当然新顔が中心になるが、その1頭であるヒガシウィルウィンに対抗の印を打つ。3歳時にジャパンダートダービーを制した実力馬も、その後は勝てない競馬が続き、この夏2年半ぶりにホッカイドウ競馬に帰厩。復帰後も2戦目の前走で2着に敗れたことから、往時の状態にない印象が強いと思う。しかし元々勝っても負けても僅差というタイプだし、むしろ門別コースで連対率100%の実績と、2歳時に対スーパーステションが4戦無敗という対戦成績こそ注目すべきところ。ここでスーパーステションを破り、再び名を轟かす可能性は、十分あるはずだ。

今回最も注目を集めるのは、2年近くダートを走っていなかったハッピーグリンを置いて他ならない。昨年から12戦続けて芝を使い続け、地方所属馬としては9年ぶりとなるジャパンC出走や、香港のGⅠレース参戦といった足跡を残してきた。そのため芝専門の印象も受けるが、2歳時のダートの戦績は、統一グレード以外はオール連対。しかも当時互角の戦績といえたヤマノファイトが、昨年南関東の3歳路線で主役級の活躍をしていたなら、適性がないとは思わない。世代レベルの高さを踏まえれば、勝つチャンスもあるとみて、最終的に単穴評価とした。

星雲賞で最後までスーパーステションに喰らいつき、完全復活を印象付けたオヤコダカだが、ベストの距離はマイル戦。2000mは1強時代だった2016・17年の道営記念でも2着に敗れたように、長い印象は強い。今回はあくまでも新顔が動けなかった時に浮上する立場と位置づけ、4番手評価とさせていただいた。

実績的にはもう1頭の統一グレードホルダーであるモルトベーネも忘れてはならないが、前走エルムS9着は、もう少し戦えたと思っていただけに残念だ。現状ではまとめてまで期待するのは厳しいと判断し、押さえまでとしたい。

できれば(6)番ステージインパクトにも印は入れたかったが、この頭数でそこまで印を入れるのは、さすがに割が合わない。もし新顔が苦戦するとみて切れる馬がいると考えるなら、この馬を加えることをお勧めしたい。

(出走取り消しや当日の馬場状況等による予想変更は行わないのでご了承ください)
(詳細な出走表は地方競馬全国協会のオフィシャルサイト等で確認してください)


明日以降の予定
9月15日 ジュニアグランプリ(盛岡)

9月16日 不来方賞(盛岡)、西日本ダービー(高知)

9月18日 東京記念(大井)

9月19日 秋桜賞(名古屋)

9月22日 OROカップ(盛岡)、珊瑚冠賞(高知)

9月23日 日本TV盃(船橋・統一グレード)


別途、追加する可能性があります。


広告
×
旭岳賞結果

1着 ◎ (2)番 スーパーステション(1番人気)
2着 ☆ (7)番 オヤコダカ(4番人気)
3着 ○ (4)番 ヒガシウィルウィン(3番人気)

単勝140円・馬複500円・3連複450円的中。
新顔に対する注目度が高まった1戦だったが、スーパーステションはいつもと変わりなく、勝負所から離す一方の逃げ切り勝ち。星雲賞ではクビ差の勝負をしたオヤコダカも、今度は8馬身千切られてしまい、その間に他の馬が入れなかった所に、新顔がなかなか序列を崩せない現状も浮き彫りになった。あと6着のハッピーグリンについては、悪いことを言ってはいけないでしょう。
1週間前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。