高知「西日本ダービー」 2019年9月16日の注目レースPART2
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

高知「西日本ダービー」 2019年9月16日の注目レースPART2

2019-09-15 21:30
  • 2
本日の西日本ダービーは、通常版で予想記事を掲載します。

高知競馬7レース「第4回 西日本ダービー」
(3歳・西日本地区交流重賞・1900m)


◎(本命) (3)番 リリコ
○(対抗) (4)番 フォアフロント

▲(単穴) (12)番 アンタエウス

☆(特注) (9)番 テツ

△(連下) (8)番 アルネゴー


<期待度> ◎単勝=C  ◎○ワイド=C  3連複BOX=A

春のダービーシリーズに於いて、対象5地区(6主催者)のダービーを地元生え抜きが制したのは、東海ダービーのエムエスクイーンと石川ダービーのロンキングルックの2頭。しかしその2頭が地元専念を打ち出したことで、4回目にして初めてダービー馬不在のメンバー構成になった。それでも重賞勝ち馬は5頭が出走し、顔ぶれ自体は悪くないと思っている。

その5頭はほとんど差がないと考えているが、本命は園田のリリコに打った。4着以下は1度だけという安定感を持つ一方で、重賞では2-3着が多く、ここ一番で勝てないのが課題だった馬。しかし笠松のクイーンCを圧勝すると、それで吹っ切れたか前走の地元戦でも競り合いを制して連勝。勝ち癖をつけてこの舞台に臨めるのは、非常に大きいとみている。それでなくとも遠征経験が豊富で、高知コースも高知優駿3着で経験済み。経験値の部分でも、一歩リードしていると考えている。

対抗には笠松のフォアフロントを取り上げる。時計のかかる名古屋コースになると苦戦する傾向にあったが、東海ダービーで3着に喰い込んで苦手意識を解消。すると今年は時計がかかっている金沢で行われた前走MRO金賞では、直線追い込んで2着に入り、力をつけてきたことも感じさせた。高知も時計がかかる部類の馬場だが、今なら克服する可能性は十分ある。ここでビックタイトルを手にしても、驚くことはないだろう。

評価に迷ったのは名古屋のアンタエウスだ。エムエスクイーン不在の新春ペガサスCとスプリングCを制し、ライバル争いの筆頭に躍り出たかと思ったが、その後の中央遠征でリズムを崩して失速。東海ダービーでは9着まで崩れてしまった。今回それ以来の実戦で、どこまで立て直しているかが微妙な上、遠征競馬で力を出せるかどうかも課題。アッサリの力は秘めているが、惨敗もあるとみて単穴評価とした。

MRO金賞を制した園田のテツは、地元重賞でも差のない競馬をしていたが、主力とみられた他の園田勢が力を発揮できなかったところを突いての金星だった。遠征競馬で勝ったことは自信になるが、もう1回同じ競馬が出来るかとなれば、簡単ではない。最終的に東海勢の下となる、4番手評価に止めた。

地元の期待を集めるのはアルネゴー。後方からのまくり脚は強烈だが、マイルまでしか経験がないのは気になる材料。また第1回2着のディアマルコ、第2回を制したフリビオン程のスケール感はなく、その意味でも遠征勢に抗える可能性は低いとみる。押さえの評価が妥当と判断した。

(出走取り消しや当日の馬場状況等による予想変更は行わないのでご了承ください)
(詳細な出走表は地方競馬全国協会のオフィシャルサイト等で確認してください)


明日以降の予定
9月18日 東京記念(大井)

9月19日 秋桜賞(名古屋)

9月22日 OROカップ(盛岡)、珊瑚冠賞(高知)

9月23日 日本テレビ盃(船橋・統一グレード)


別途、追加する可能性があります。


広告
×
西日本ダービー結果

1着 △ (8)番 アルネゴー(3番人気)
2着 ○ (4)番 フォアフロント(4番人気)
3着 ◎ (3)番 リリコ(1番人気)

△○◎の3連複は、930円。
アルネゴー・・・後方を進み、3角手前から追い上げていくのはいつもと同じ。それが初距離と遠征馬相手に通用するかが鍵だったが、遠征勢の有力どころが時計のかかる馬場に大苦戦し、4コーナーで先頭争いに追いつけたのが勝因だ。事前の不安が杞憂に終わったのは確かだが、今回は地の利が大きかった。この結果を受けて、他地区で即通用と考えるのは、少し早いと思う。
4週間前
×
フォアフロント・・・遠征勢の有力どころの中では、道中の位置取りは一番後ろ。そこから大外を回ってジワジワ追い上げ、アルネゴーには差されたものの、他の遠征勢は捉えて2着を確保した。ただし道中後ろにいた分だけ、最後まで脚が残っていたという結果。どんな舞台でも相手なりに戦えることは、見えた気がするが。
リリコ・・・高知優駿3着時に2分6秒0で走った馬が、今回は2分11秒0。それだけ時計がかかる馬場に変わり、押してもなかなか前に進まなかった。最後の4角でテツに外へ振られたのも痛く、3着まで押し上げるのがやっと。牝馬にとって酷な舞台で、良く頑張ったと思う。。
テツ(4着)・・・MRO金賞の時は無理せず先頭に立ってそのまま押し切ったが、今日は4角手前で先頭に立った時にはお釣が残っていなかった。中央の芝1200m戦で掲示板があることからも、ここまでのスタミナ勝負では厳しかったということだろう。
アンタエウス(5着)・・・遠征勢では今日の馬場に一番合っていた気もしたが、好位追走で一杯に。崩れたリズムはまだ戻っていないと感じた。
4週間前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。