門別「瑞穂賞」(20:40発走) 2019年10月9日の注目レースPART2
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

門別「瑞穂賞」(20:40発走) 2019年10月9日の注目レースPART2

2019-10-08 21:30
  • 2
門別競馬12レース「第52回 瑞穂賞」(古馬・地方全国交流重賞・1800m)

◎(本命) (4)番 オヤコダカ
○(対抗) (8)番 バルダッサーレ

▲(単穴) (5)番 モズノーブルギフト

☆(特注) (9)番 ヒガシウィルウィン

△(連下) (6)番 モルトベーネ


<期待度> ◎単勝=B  ◎○ワイド=C  3連複BOX=B

昨年から門別で重賞10連勝中だったスーパーステションが回避。一転混沌とした組み合わせに映るが、それならオヤコダカに注目せずにはいられない。大スランプから復活した今シーズン、回避した赤レンガ記念を除き、全ての中長距離重賞で2着。OP特別ではキッチリ勝利を収めており、スーパーステション以外に先着を許していない点を素直に評価したい。思えば2年前のこのレースで単勝1倍元返しながら3着に敗れ、スランプに陥ったきっかけとなった1戦。完全復活を示すに最もふさわしい舞台ではないだろうか。

相手は道営重賞初出走の2頭で、対抗評価のバルダッサーレは転入後好時計で2戦2勝。3歳時に東京ダービーを勝った馬が、門別の舞台で再び輝きを取り戻しており、捉えるシーンも十分。そして単穴評価としたモズノーブルギフトは、距離を延ばしてから好時計を連発しており、そのスピードで単騎逃げになれば押し切っても驚かない。統一GⅠホースのヒガシウィルウィンは、伸び切れなかった前走旭岳賞を見てしまうと、少し評価を下げざるを得なかった。

(出走取り消しや当日の馬場状況等による予想変更は行わないのでご了承ください)
(詳細な出走表は地方競馬全国協会のオフィシャルサイト等で確認してください)


明日以降の予定
10月10日 エーデルワイス賞(門別・統一グレード)

10月13日 若駒賞(盛岡)

10月14日 マイルチャンピオンシップ南部杯(盛岡・統一グレード)


広告
×
瑞穂賞結果

1着 ○ (8)番 バルダッサーレ(2番人気)
2着 ☆ (9)番 ヒガシウィルイン(3番人気)
3着 ◎ (4)番 オヤコダカ(1番人気)

○☆の馬複590円に、3連複は260円。
バルダッサーレ・・・逃げたモルトベーネ(5着)の2番手を絶好の手応えで進み、4角手前で先頭に立つと、後続の追撃を振り切った。非の打ちどころのない完勝で、これで転入後3戦全勝。南関東にそのまま居ても重賞を勝てそうな、上昇気配のタイミングで転入したことが、結果的に大成功。次走道営記念で、今回回避したスーパーステションとの対戦が待っている。
2週間前
×
ヒガシウィルウィン・・・中団から徐々に位置を上げ、直線では中を割って伸びてきたが、バルダッサーレには半馬身届かず。失望感もあった前走旭岳賞より上積みはあったけれど、一番いい頃のこの馬であれば、最後の直線で突き抜けられたはず。まだまだ完全復調まで、時間がかかると思う内容でもあった。
オヤコダカ・・・逃げ馬の直後で落ち着こうとした1コーナーで、出遅れたモズノーブルギフト(8着)が自身の内に突っ込み、窮屈にさせられる場面が。不利といえるレベルではないが、勝負所から追われても反応しなかったのは、あの場面で精神的なダメージがあったためか。スムーズさを欠くと、まだ脆さがあるのかもしれない。
2週間前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。