盛岡「マイルチャンピオンシップ南部杯」(17:30発走) 2019年10月14日のダート統一グレード
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

盛岡「マイルチャンピオンシップ南部杯」(17:30発走) 2019年10月14日のダート統一グレード

2019-10-13 21:00
  • 1
盛岡競馬11レース「第32回 マイルチャンピオンシップ南部杯」
(古馬・JpnⅠ・1600m)


◎(本命) (5)番 モジアナフレイバー
○(対抗) (4)番 アルクトス

▲(単穴) (13)番 ゴールドドリーム

☆(特注) (14)番 ロンドンタウン

△(連下) (15)番 ノボバカラ、(1)番 ミツバ


<期待度> ◎単勝=D  ◎○ワイド=C  3連複BOX=B


昨年3歳馬として初めて制したルヴァンスレーヴは、直後のチャンピオンズCを制してから長期休養に入り、いまだ復帰のメドが立たないという。ある意味今年のダート競馬は、同馬不在の間における暫定王者を決める争いともいえるが、現状ではその候補が乱立しているといっていい。歴史的名馬がズラリと優勝馬に刻まれているこの舞台は、それを見つけるにふさわしい、格好の舞台ではないだろうか。

最も注目を集めるのは、ゴールドドリームで間違いないだろう。これまで統一GⅠ5勝を挙げ、目下統一GⅠ8戦連続連対中。マイルもベストで、優勝への最短距離に立っているとみる人が多いと思う。ただし何度もここで指摘したように、過去の戴冠はライバルのミスや展開のアヤを突いたもの。一方で過去2年、このレースで苦汁をなめてきた事実は、真の底力勝負では勝てないキャラクターを浮き彫りにさせている。しかも統一GⅠとなって以来、初参戦時に敗れた馬が後にリベンジできたのは、地の利があった2002年のトーホウエンペラーだけ。歴史的背景を含めて勝てない条件が揃っているため、これを単穴評価とし、負かす馬を探すことにした。

その候補は2頭いるが、まず紹介するのは3連勝中のアルクトスだ。これまでの7勝中6勝が左回りというサウスポーで、前走プロキオンSで初めて統一グレードを制したことも、2014~15年に連覇したベストウォーリアを彷彿とさせる。OP入りしてから逃げにこだわらなくなり、展開に左右されなくなっているのも高く評価できるところ。今の勢いなら統一GⅠ奪取のチャンスは十分あるが、それでも対抗に止めたのは、それ以上に狙いたい馬がいるからに他ならない。

その馬こそ、大井から参戦するモジアナフレイバーだ。大井記念を圧勝し、南関東現役ナンバー1として出走した前走帝王賞は5着。ラストの切れという課題も見えた1戦だったが、手応えの割に伸びなかったところを見ると、実は2000mは長い可能性も抱いていた。そもそも2日後に同じ距離のマイルGPが地元にあるにもかかわらず、初物尽くしの舞台に参戦するのは、チャンスがあると思っているだけでなく、簡単に引き下がれない覚悟を持っている証拠。過去にアブクマポーロなど、南関東のチャンピオンホースが届かなかったタイトルをもたらすことを期待し、今年の本命に指名した。

4番手評価はロンドンタウン。コリアC連覇はあるものの、国内統一グレードはGⅢ2勝に止まり、統一GⅠにおける結果は残していない。ただし以前はこのレースの前哨戦だったエルムSを、一昨年に日本レコードで制した実績があり、個人的に参戦を熱望していた1頭だった。日本TV盃2着からのローテーションも、秋初戦の馬が多い中では有利で、初コンビの御神本訓史騎手が能力を引き出せば、上位陣を脅かせると考えている。

一昨年に逃げて2着に粘ったノボバカラは、その後不振に陥ったが、今年に入って復調。一方でスプリント戦における限界も垣間見えた現状から、今はマイルまで距離が延びた方が、持ち前の先行力を発揮できそうに映る。今回は外枠を引いたので、逃げられなくとも揉まれずに好位を奪うことは可能。それが叶えば一昨年の再現もあることから、押さえには必要だと思っている。

今年川崎記念を制して統一GⅠホルダーとなったミツバは、盛岡コースでマーキュリーC連覇の実績がある。確かに中長距離重賞に専念してきたこの馬にとって、マイル戦は短いと考えているが、中央勢で盛岡コースを勝っている馬が他にいない事実もある。絶対的な存在が見当たらない今年のメンバーなら、喰い込む余地はあると判断し、最後の印を回した。

この他の中央勢は、昨年も出走した(9)番オールブラッシュは昨年5着以上の走りは厳しいとみて、今年はノーマーク。(3)番サンライズノヴァは東京専門のコース実績に加え、中央勢の追い込み馬が普段より前で戦って末を失う歴史的傾向は、ここで何度も指摘した話。4角最後方でもいいと我慢できたら別だが、それより印を入れた馬の方が期待値は高かったという無印だ。

モジアナフレイバー以外の地方勢では、先週のダービーGPを蹴って参戦してきた(16)番パンプキンズがどれだけ戦えるか注目されるが、逃げられたとしても4コーナーまで持てば敢闘賞もの。その他の馬は、追走だけで終わってしまうと思われる。

(出走取り消しや当日の馬場状況等による予想変更は行わないのでご了承ください)
(詳細な出走表は地方競馬全国協会のオフィシャルサイト等で確認してください)


明日以降の予定
10月16日 マイルグランプリ(大井)

10月17日 ゴールドウィング賞(名古屋)、兵庫若駒賞(園田)

10月20日 OROターフスプリント(盛岡)、九州大賞典(佐賀)



広告
×
マイルチャンピオンシップ南部杯結果

1着 - (3)番 サンライズノヴァ(4番人気)
2着 ☆ (4)番 アルクトス(2番人気)
3着 ▲ (13)番 ゴールドドリーム(1番人気)
4着 ◎ (5)番 モジアナフレイバー(6番人気)

今年のメンバーはここ数年と比べてメンバーのネームヴァリューで見劣る印象があったので、盛り上がりやレースの質を若干心配していましたが、終わってみれば杞憂でした。勝ったサンライズノヴァについて、レース直後のツイッターでは鞍上を称えるコメントを記しましたが、それ以外にあるのか、できれば明日中にまとめたいと思っている戦評記事で触れたいと思います。
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。