名古屋「ゴールドウィング賞」(16:25発走) 2019年10月17日の注目レースPART2
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

名古屋「ゴールドウィング賞」(16:25発走) 2019年10月17日の注目レースPART2

2019-10-16 22:30
  • 1
名古屋競馬11レース「第58回 ゴールドウィング賞」(2歳重賞・1600m)

◎(本命) (2)番 インザフューチャー
○(対抗) (1)番 エムエスオープン

▲(単穴) (3)番 フクダイトウリョウ

☆(特注) (10)番 ビックバレリーナ

△(連下) (11)番 ユーセイシューター


<期待度> ◎単勝=C  ◎○ワイド=B  3連複BOX=A

サムライドライブエムエスクイーンと、2年続けて無敗の大物が期待に違わぬ勝ち方をしてきたが、今年はインザフイーチャーが無敗の制覇を目指して参戦する。6月の新馬戦を好時計で制すると、3ヶ月近く間隔を開けた2戦目の前走も、マッチレースを制して2連勝。1分29秒8のタイムも優秀で、間隔を開けて成長を促すローテーションも魅力的。距離延長が問題なければ3連勝は可能とみて、本命を打つことにした。

前走でこれに迫ったエムエスオープンは、枠順の内外の分もあった。その1ヶ月前には1分29秒7のタイムをマークしていることもあり、内外が入れ替わった今回は逆転も可能だ。堅実な末脚を武器にするフクダイトウリョウは、前走でエムエスオープンに先着。前がやりあえば、距離延長を味方にまとめてまであるとみて単穴評価。まだ底を見せていないビックバレリーナも争覇圏で、上位は拮抗した組み合わせと考えている。

(出走取り消しや当日の馬場状況等による予想変更は行わないのでご了承ください)
(詳細な出走表は地方競馬全国協会のオフィシャルサイト等で確認してください)


明日以降の予定
10月20日 OROターフスプリント(盛岡)、九州大賞典(佐賀)

10月22日 鎌倉記念(川崎)


積み残しとなっているJBCクラシックの展望記事は、18日を目処に掲載します。


広告
×
ゴールドウィング賞結果

1着 ◎ (2)番 インザフューチャー(1番人気)
2着 ○ (1)番 エムエスオープン(2番人気)
3着 ▲ (3)番 フクダイトウリョウ(4番人気)

単勝140円・馬複320円・3連複380円的中。
二の脚がついてハナに立ったインザフューチャーがマイペースの逃げ。勝負所で並びかけたエムエスオープンとのたたき合いに最後なったが、ハナ差凌いで無傷の3連勝。今日も馬体を10キロ増やして成長力を感じたインザフューチャーも強かったが、これに最後まで喰らいついたエムエスオープンも素質は高い。この2頭で東海地区を牽引できると思える内容だった。
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。