JBCクラシック展望-主力は帝王賞上位組も、新顔参戦の余地で意外な結果を生む可能性も
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

JBCクラシック展望-主力は帝王賞上位組も、新顔参戦の余地で意外な結果を生む可能性も

2019-10-18 18:00
    出れば話題の中心となっただろう無敗の3歳馬クリソベリルは、日本TV杯優勝で得た優先出走権を行使せず、チャンピオンズCに向かうことになった。さらに統一GⅠ5勝のゴールドドリームはこれまでと同様、JBCはスキップ。現役最強のルヴァンスレーヴはまだ復帰の見込みが立っておらず、前年覇者のケイティブレイブも間に合いそうもない。そのため今年のJBCクラシックは、例年と比べて小粒なメンバー構成になると見込まれている。

    そんな中で早くから秋初戦をJBCクラシックと公言していたのが、帝王賞を制したオメガパフュームだ。ルヴァンスレーヴ不在のダート路線を牽引する立場にあり、昨年2着に終わった雪辱も期したいところ。ただし全て3着以内を確保している右回りに対し、3戦して連対経験のない左回りは大きな課題になっている。小回りコースの経験もなく、山積した課題をクリアできるかは、最大の焦点と言えるかもしれない。

    また平安Sでオメガパフュームを破り、帝王賞でも2着に入ったチュウワウィザードも、秋初戦をJBCクラシックに置くという情報がある。こちらは昨年の名古屋GPで小回りコースの経験があり、左回りもダイオライト記念で圧勝していることから、浦和コースに向けた課題は少ない。まだ統一GⅠタイトルはないが、ここで最高峰のタイトルを手にすることが出来るかも、注目されるはずである。

    この他に参戦が見込まれる、統一GⅠ級の実績を持つ中央勢となれば、今年の川崎記念を制したミツバ辺りしか見当たらない。そうなると中央勢の5頭枠には新顔が加わる可能性が高いが、JBCクラシックの前日にJRA京都でみやこSがある関係で、積極的にこちらを志向する馬が意外と多くない。統一グレード5勝のグリム辺りが入ってくればメンバーに厚みが増しそうだが、中央勢は思わぬレベルの馬が入って来る可能性や、レディスクラシックでは距離不足と考える牝馬の参戦も考えられるところだ。

    一方の地方勢だが、こちらも中央勢と同様、気勢が上がって来ない。確かに2年前の浦和記念でヒガシウィルウィンが2着に入って以来、地方所属馬がマイル以上の古馬統一グレード(牝馬限定除く)で連対がなく、戦う前に諦めてしまっている印象もある。しかも1周半以上する浦和の古馬重賞も、浦和記念を含めて年に2戦では、経験値の差も活かせない。戦えるイメージを持てないことが、この現状につながっていると思っている。

    それでも南関東現役ナンバー1のモジアナフレイバーが、帝王賞5着に続いてマイルチャンピオンシップ南部杯でも4着に入り、統一GⅠ級で通用すると示したのは明るい材料だ。ただし現時点で今後の予定は明らかになっておらず、また浦和コースの経験もないことから、参戦は不透明だ。主戦が浦和所属の繁田健一騎手なので、参戦となれば盛り上がるところだが、果たしてどうだろうか。

    最終的に地方枠には、マイルGPを勝って参戦を明らかにしたワークアンドラブを含め、元中央馬が多く入ると思われるが、早くからここを意識して転入したのがセンチュリオンだ。転入初戦で浦和2000m戦を勝って以来、勝利はないが、重賞2着3回と南関東トップクラスの実績を誇っている。左回りは課題とされている中、転入初戦の勝ちタイム2分7秒9は、浦和記念でも勝ち負けになる時計。地方勢も全く戦えないというイメージは、持たない方が良さそうだ。

    その意味では層が厚い生え抜きの3歳馬が加わってほしい気がするが、ジャパンダートダービー2着のミューチャリーは、15日に大井で行われた準重賞を勝利後に年内休養を示唆。ダービーGPを制したリンノレジェンドは、道営3冠を達成したリンゾウチャネルとともに、7日に行われる道営記念に名を連ねた。一方で東京ダービー馬ヒカリオーソの動向は不明だが、浦和コースの経験はあるので、これが参戦するなら注目される存在になると思う。

    個別の馬については希望的な観測が多くなってしまったが、それだけ出走馬が想定しにくいのが今年の特徴だ。その中には昨年の浦和記念を制し、マイルチャンピオンシップ南部杯7着後に南関東移籍を発表したオールブラッシュが、地方所属として出られるかという問題も含まれている。いずれにせよ中央・地方とも、オールスターキャストと呼べるほどのメンバーにはならないだろう。それを利して出走枠に入って来た馬が、現在の序列を覆す可能性も考えながら、レース当日までじっくり考えたいところである。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。