盛岡「イーハトーブマイル」(18:10発走) 2019年11月3日のもう1つの注目レース
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

盛岡「イーハトーブマイル」(18:10発走) 2019年11月3日のもう1つの注目レース

2019-11-02 21:30
  • 1
盛岡競馬12レース「第7回 イーハトーブマイル」(3歳重賞・1600m)

◎(本命) (4)番 パンプキンズ
○(対抗) (5)番 エムワンピーコ

▲(単穴) (3)番 ラブヴィサージュ

☆(特注) (6)番 ヤマショウブラック

△(連下) (1)番 ジェイケイブラック


<期待度> ◎単勝=C  ◎○ワイド=C  3連複BOX=B

前走マイルチャンピオンシップ南部杯に参戦したパンプキンズは、さすがに古馬一線級の壁は高く、13着。それでも好スタートを切り、統一GⅠ級のトップスピードを体感できたのは、大きな経験になったと思っている。目標としていたJBCスプリント参戦はならなかったが、不来方賞のような引きつけた逃げではなく、東北優駿のような強気な逃げを打てば、自慢のスピードで圧倒できる。マイル戦のここは逃げ切り可能とみて、本命を打つことにした。

相手筆頭はエムワンピーコ。前走ダービーGP6着は牡馬相手もあったけれど、全国区相手では2000mは長かったという評価が妥当かもしれない。それならマイルに距離が短くなって戦いやすいはずだし、地元馬同士なら5戦無敗の盛岡コースも有利に働く。中1ヶ月で順調に使えることも好感が持て、逃げるパンプキンズを捉えるシーンは十分あると考えている。

単穴には中央1勝の実績で転入したラブヴィサージュを持って来た。転入後2連勝で迎えた前走B1特別は4着に終わったが、スタートで出遅れて強引に巻き返す競馬では、この結果も仕方ないだろう。2走前の勝ちタイムはこのメンバーで勝ち負けできるレベルにあり、互角のスタートを切れれば、既成勢力を打ち破っても驚かない。試金石の1戦とみる。

ダービーGPで地元最先着の4着に入ったヤマショウブラックは、前が止まらない形ではあれが精一杯。力があるのはわかっているが、逃げるパンプキンズが不来方賞より条件を好転させていることが、この馬にとってはマイナスに作用する可能性が高い。マイル戦は問題ないとしても、展開が微妙と判断し、4番手評価に止めた。

ジェイケイブラックは中央未勝利から転入後、無傷の4連勝。相手が楽でレース内容にも余裕があるので、前走の時計は大きく詰める可能性はある。印としては押さえになってしまったが、未知の魅力は十分ある存在。連勝をさらに伸ばす可能性も、期待できるだろう。

ところで春シーズンを牽引した(2)番グレートアラカーは、東北優駿2着後に南関東に移籍し、競走中止の1戦だけで戻ってきての初戦になる。2ヶ月で実戦に戻れたのは不幸中の幸いだが、アクシデント明けの今回は疑ってかかるべき。最終的にノーマークとした。

(出走取り消しや当日の馬場状況等による予想変更は行わないのでご了承ください)
(詳細な出走表は地方競馬全国協会のオフィシャルサイト等で確認してください)


<おことわり>
このレースの結果に関するコメントは、JBC終了後となる5日以降に掲載します。


明日以降の予定
11月4日 第19回JBC(浦和・統一グレード)

11月7日 道営記念ほか2019ホッカイドウ競馬ファイナル特集(門別)

11月8日 兵庫クイーンカップ(園田)

11月9日 武蔵野ステークス(JRA東京・統一グレード)

11月10日 南部駒賞(盛岡)、北國王冠(金沢)


別途、追加する可能性があります。またJBC当日の浦和競馬は、全レース予想を実施いたします。


広告
×
イーハトーブマイル結果

1着 ☆ (6)番 ヤマショウブラック(2番人気)
2着 ◎ (4)番 パンプキンズ(3番人気)
3着 △ (1)番 ジェイケイブラック(1番人気)

馬複420円・3連複400円的中。
スローで逃げていたパンプキンズを、3コーナーで捕まえにいったヤマショウブラックが、直線の叩き合いを制した。パンプキンズ相手なら自分から動いても大丈夫という判断が勝利を呼び込んだが、もう一段上に行くためには、この戦い方で強い相手を負かせないと。パンプキンズはこの距離だから粘れたが、勝つとなれば引きつけた逃げでは苦しいと、改めてわかった。
3ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。