金沢「北國王冠」(16:10発走) 2019年11月10日の注目レースPART1
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

金沢「北國王冠」(16:10発走) 2019年11月10日の注目レースPART1

2019-11-09 21:00
  • 2
本日は北國王冠及びこの後に掲載する南部駒賞とも、通常版で予想記事を掲載します。

金沢競馬10レース「第67回 北國王冠」(古馬・地方全国交流重賞・2600m)

◎(本命) (3)番 ティモシーブルー
○(対抗) (6)番 タガノゴールド

▲(単穴) (8)番 グルームアイランド

☆(特注) (7)番 エンパイアペガサス

△(連下) (5)番 アッキー、(12)番 バンローズキングス


<期待度> ◎単勝=D  ◎○ワイド=C  3連複BOX=B


ここは地元のティモシーブルーを狙ってみたい。春の百万石賞を制して地元の頂点に立つと、前走統一グレードの白山大賞典でも5着に入り、力をつけていることを証明した。ポイントはタガノゴールドに敗れたイヌワシ賞の評価だが、逃げるカツゲキキトキトを自分から捕まえに動いたことで、マークが緩んだタガノゴールドに差された格好。力負けでないのなら、地の利を活かして雪辱できると考えている。

そのイヌワシ賞を制した園田のタガノゴールドは対抗評価。今年2回行われた2400mの六甲盃を連覇したように、長距離戦への実績は豊富。課題だった遠征競馬も克服し、一見すると死角はないように映る。ただしイヌワシ賞の勝利で出走権を手にした白山大賞典ではなく、地元の姫山菊花賞を使ったローテーションは正直どうだったか。短い距離を挟んだ反動が気になり、この評価になった。

今年金沢に戻ってきたグルームアイランドは、帰厩後5戦4勝。敗れた1戦はオグリキャップ記念6着なので、ここまで地元では負け知らずで来ている。かつて全国区のタイトルを手にした力はないかもしれないが、2年前にこのレースを制した実績もあり、今年のメンバーでもアッサリ勝って驚くことはない。古豪復活のシーンは十分あるとみて、単穴評価に持って来た。

岩手のエンパイアペガサスは昨年、オグリキャップ記念と北上川大賞典で大差勝ちを収め、長距離重賞で一定の地位を手にした。ただし今年はオグリキャップ記念で4着に止まり、地元の一條記念みちのく大賞典でも3着と、昨年よりスケールダウンした印象は否めない。前走青藍賞を勝って復調感はあるものの、まだ信頼するのは早いとみて、4番手評価に止めた。

牝馬ながら川崎から参戦したアッキーは、軽量で戦える牡馬相手のOP特別を選び、見せ場を作り続けている。その相手には統一グレードで結果を残している実力馬も少なくなく、ここに入れば相手が楽に映るかもしれないが、今回は定量戦。アドバンテージなしで勝ち負けとなると微妙に映ることから、ここは押さえで十分だろう。

最後の印は園田から参戦する3歳馬バンローズキングで、クリソベリルに喰い下がった兵庫チャンピオンシップ3着だけ走れれば、ここでも可能性はある。しかし前回金沢に遠征したMRO金賞で大幅に馬体を減らした後遺症が、まだ抜けていない印象が。状態面で不安が残るだけに、こちらも押さえに止めた。

(出走取り消しや当日の馬場状況等による予想変更は行わないのでご了承ください)
(詳細な出走表は地方競馬全国協会のオフィシャルサイト等で確認してください)


このあと、盛岡「南部駒賞」の予想記事を掲載します。



広告
×
北國王冠結果

1着 ○ (6)番 タガノゴールド(1番人気)
2着 △ (5)番 アッキー(5番人気)
3着 ☆ (7)番 エンパイアペガサス(2番人気)
8着 ◎ (3)番 ティモシーブルー(3番人気)

○△☆の3連複BOXは、1330円。
タガノゴールド・・・序盤は後方からの競馬になったが、2周目の向正面から上昇。2周目3コーナーではアッキーと2頭で抜け出す格好になると、直線で相手を競り落とした。良馬場発表でも不良馬場の近2年より2秒程度速くなったレースレベルに、対応できる実績をこれまでに示しており、ある意味順当勝ち。今後も長い距離を選ぶことになりそうだが、これだけ鮮やかに制すると、返す返すも白山大賞典でその走りを見たかったと思ってしまう。
4週間前
×
アッキー・・・序盤は2番手につけると、2周目に入り先頭に立つ積極的な競馬。終始自分でレースを動かして後続を突き離していき、タガノゴールドには屈したものの、後続は振り切った。中身の濃さではタガノゴールド以上で、斤量差があっても南関東のトップクラスと互角に戦っていた力は伊達ではなかった。今なら長距離の牝馬限定戦なら、チャンスがあるのではないか。
エンパイアペガサス・・・各馬が動いた2周目向正面で、この馬は反応できずに取り残されてしまった。昨年のオグリキャップ記念で大差勝ちした時は、ここで反応良く動けていたのだが、良い頃の状態にないことだけが理由だろうか。
グルームアイランド(5着)・・・2周目に入ったところでアッキーに並びかけながら、向正面で一瞬だけ手応えが無くなる場面が。その割に負けていないので、あれがなければもっと際どい勝負が出来たかもしれない。
ティモシーブルー・・・2周目に入ってかた徐々に位置を上げようとしたが、勝負所で一杯に。厳しい競馬を続けていた反動が出た印象が強い。
4週間前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。