船橋「クイーン賞」(20:05発走) 2019年12月11日のダート統一グレード
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

船橋「クイーン賞」(20:05発走) 2019年12月11日のダート統一グレード

2019-12-10 21:00
  • 2
船橋競馬11レース「第65回 クイーン賞」(古馬牝馬・JpnⅢ・1800m)

◎(本命) (3)番 アンデスクイーン
○(対抗) (7)番 ラインカリーナ

▲(単穴) (9)番 ミッシングリンク

☆(特注) (10)番 プリンシアコメータ

△(連下) (1)番 クレイジーアクセル、(4)番 オルキスリアン


<期待度> ◎単勝=C  ◎○ワイド=C  3連複BOX=B

1400mで行われた今年のJBCレディスクラシックは、短距離路線を歩んだ馬が1-2着。そのために牝馬路線の区切りという例年の位置づけが、希薄になった印象がある。それもあって来年に向けたリスタートになるはずのこのレースが、秋以前の路線を引きずっている感覚に陥っているのは私だけだろうか。

ブリーダーズゴールドCとレディスプレリュードを連勝し、一躍牝馬路線のトップクラスに躍り出たアンデスクイーンは、それに翻弄されてしまった1頭だ。最終的にJBCクラシックへ出走したが、見せ場なく8着。牡馬一線級相手に戦った経験を得るだけで終わってしまった。今回は牝馬同士に戻り、また力関係を把握している組み合わせ。トップハンデの56キロは楽ではないが、近2走と同様に直線で先行馬を差し切る姿がみられると判断し、本命を打つことにした。

レースのカギを握るのは3歳馬のラインカリーナだろう。古馬相手になってから、ブリーダーズゴールドC3着に、牡馬相手の前走OP特別4着。いずれも関東オークスを制した時のように、ケレン味のない逃げで最後まで踏ん張っており、この形なら力を出せることを証明している。ただし今回は逃げたい馬が揃っており、競り合ったりハナを叩かれたりした場合に、どうなるかの疑問符はつく。それもあって最終的に対抗評価とした。

気になる存在としてミッシングリンクを挙げたい。前走JBCレディスクラシックは5着に喰い込んだが、それまでの先行策から一転、後方から追い込む競馬。転入後は先行策で結果が出ていなかっただけに、光明を見出した印象もある。前述したように行きたい馬が揃っているので、末脚勝負に徹した時に逆転できるチャンスはあるのではないか。53キロのハンデも恵まれていることから、これに単穴の印を打った。

評価に迷うのは統一グレード3勝のプリンシアコメータ。スムーズな競馬が出来れば強い一方、崩れる時はどこにもいなくなる不安定さも併せ持つ。普段の先行力を発揮できなかった前走レディスプレリュードは参考外としても、行きたい馬が揃った中で、早目先頭で押し切る勝ちパターンに持ち込めるかは微妙。実績に敬意を表して4番手評価としたが、馬券的には切る手もあるかもしれない。

丸2年にわたり他馬にハナを譲っていないクレイジーアクセルは、初対戦となるラインカリーナとの兼ね合いが鍵。地力が互角なら1番枠と相手より2キロ軽い52キロのハンデから、こちらに重い印を打つこともできたが、溜めて逃げようとしている近況は良い印象がない。これではハナ争いに負ける可能性が高いとみて、押さえで十分と判断した。

最後に印を回したオルキスリアンは、昨年3着も1-2着馬には離されており、壁を感じる内容でもあった。その昨年より相手が強くなった印象があり、昨年と同じ51キロのハンデとA2下準重賞を勝った臨戦過程でも、昨年以上の期待は厳しい。今年は乱戦になった時に、浮上する可能性を求める立ち位置だろう。

(出走取り消しや当日の馬場状況等による予想変更は行わないのでご了承ください)
(詳細な出走表は地方競馬全国協会のオフィシャルサイト等で確認してください)


明日以降の予定
12月18日 全日本2歳優駿(川崎・統一グレード)

12月19日 名古屋グランプリ(名古屋・統一グレード)


全日本2歳優駿までの間に、予想記事が追加される可能性はあります。またコラムの掲載も予定しています。


広告
×
クイーン賞結果

1着 △ (1)番 クレイジーアクセル(4番人気)
2着 ☆ (10)番 プリンシアコメータ(3番人気)
3着 ○ (7)番 ラインカリーナ(2番人気)
5着 ◎ (3)番 アンデスクイーン(1番人気)

△☆○の3連複BOXは、1580円。
クレイジーアクセル・・・激しい先行争いが予想されたが、スタートを決めて先頭を奪うと、好位勢の序列もすぐに決まった。こうなると力を発揮するこの馬には絶好の展開になり、しかも前半1000mを61.5秒の淀みない流れを作り、ついてきた馬の切れ味を奪い取った。結局最後の直線でも迫られることはなく、見事な逃げ切り勝ち。今日は単騎で逃げられたのが勝因も、マークが厳しくなっても踏ん張れるかが今後の課題だ。
なお地方生え抜きによる古馬統一グレード制覇は、2015年浦和記念のハッピースプリント以来。
1ヶ月前
×
プリンシアコメータ・・・道中は2番手追走のラインカリーナの外で、流れに乗る形。勝負所から前を追い、直線に向いたところで2番手に上がったものの、そこから前との差を詰められなかった。今日は動ける日だったが、以前も指摘したように、差す脚がないのがこの馬の課題。4角で先頭に立てなかった時点で、勝つ可能性はほとんどなくなっていたのかもしれない。
ラインカリーナ・・・スタートは悪くなかったが、クレイジーアクセルに前へ出られたため、ケンカせず2番手。過去に乱ペースに巻き込まれた経験があり、それを避けた格好だが、この馬も差す脚は持っていない。弱気になったことで持ち味を出せなかった1戦で、崩れるのを恐れずにハナを奪いに行くべきだったと思う。
ミッシングリンク(4着)・・・先行勢3頭の後ろで機を窺っていたが、早々に手応えが怪しくなる。それでも喰らいつき、外に出した直線では伸びてくるかというシーンもあったが、結局そこまで。バテないのが強みなので、もっと前が止まる展開になってほしかったところだ。
ゴールドクイーン・・・スタート直後から離された2頭を除けば、この馬が1番後ろ。前が楽をしている展開であの位置ではさすがに厳しく、最後の豪脚も焼け石に水。展開の読みが外れては、やむを得ないだろう。
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。