高知「大高坂<おおたかさ>賞」(18:10発走) 2020年1月19日の注目レースPART2
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

高知「大高坂<おおたかさ>賞」(18:10発走) 2020年1月19日の注目レースPART2

2020-01-18 21:00
  • 1
高知競馬7レース「第9回 大高坂<おおたかさ>賞」(古馬重賞・1400m)

◎(本命) (7)番 サクラレグナム
○(対抗) (5)番 ツクバクロオー

▲(単穴) (8)番 スペルマロン

☆(特注) (6)番 マイネルトゥラン

△(連下) (10)番 モルトベーネ、(2)番 ウォーターマーズ


<期待度> ◎単勝=B  ◎○ワイド=C  3連複BOX=B


暮れの兵庫ゴールドTであわやの3着に入り、まだ全国区で戦える力があることを示したサクラレグナム。今回は初対戦になる馬が多く揃ったが、距離適性ではこちらに分があるメンバー構成。しかも昨年建依別賞で苦杯をなめたケイマが大井に移籍して不在なら、地元限定戦のここは簡単に負けられないところ。今年も黒船賞で地元のエース格を担うためにも、それにふさわしい勝利を手にすることを期待して、本命を打つことにした。

対抗評価のツクバクロオーは、短い距離で気分良く行かせるのがベストとみており、それを考えれば前走高知県知事賞3着は良く粘っていた。転入初戦で同日別のレースで勝ったサクラレグナムより速いタイムで勝っており、この条件なら期待値は上がる。一方、その高知県知事賞を制したスペルマロンは、距離が短くなって良いかとなれば微妙。勢いを認めても、ここは単穴評価まで。高知県知事賞取消の影響は気になるが、底を見せていないマイネルトゥランも不気味だ。

(出走取り消しや当日の馬場状況等による予想変更は行わないのでご了承ください)
(詳細な出走表は地方競馬全国協会のオフィシャルサイト等で確認してください)


明日以降の予定
1月21日 全日本新人王争覇戦(高知)

1月22日 TCK女王盃(大井・統一グレード)

1月26日 東海ステークス(JRA京都・統一グレード)

1月28日 佐々木竹見カップジョッキーズグランプリ(川崎)

1月29日 川崎記念(川崎・統一グレード)

1月30日 白鷺賞(姫路)


別途、追加する可能性があります。


広告
×
大高坂賞結果

1着 ◎ (7)番 サクラレグナム(1番人気)
2着 ▲ (8)番 スペルマロン(2番人気)
3着 △ (2)番 ウォーターマーズ(4番人気)

単勝170円・馬複340円・3連複520円的中。
逃げると思われたツクバクロオー(5着)が出遅れた直後に行き場を失い、逃げることができず。代わりに逃げたのがモルトベーネ(6着)ならペースは上がらず、この2番手につけたサクラレグナムにとって、戦いやすい流れになった。結局4角手前で抜け出して押し切ったが、これに最後迫ったスペルマロンも、この距離にメドを立てた価値ある2着。黒船賞に向けて、地元勢がいい意味で1強ムードにならなかったことは、前向きに捉えたいところだ。
4週間前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。