姫路「白鷺賞」(15:50発走) 2020年1月30日の注目レース
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

姫路「白鷺賞」(15:50発走) 2020年1月30日の注目レース

2020-01-29 21:00
  • 1
7年半ぶりの開催となった姫路競馬は、今週が早くも3週目となり、折り返しを迎えている。白熱したレースが連日展開されているが、映像を見て気になったのは、発走直前まで留まる待避所に雨を避ける屋根が見当たらないこと。地域の治水対策などが優先されたのは理解しているが、レースの主役である人馬の環境改善が置き去りになったのは、少々寂しく思う。来年もこの時期に姫路競馬を開催する予定と聞くので、その間にそれらが整備されることを切に願っている

本日の白鷺賞は、通常版で予想記事を掲載します。

姫路競馬10レース「第49回 白鷺賞」(古馬・北陸東海近畿交流重賞・2000m)

◎(本命) (4)番 タガノゴールド
○(対抗) (3)番 エイシンニシパ

▲(単穴) なし

☆(特注) (8)番 エイシンミノアカ

△(連下) (6)番 メイショウオオゼキ、(11)番 マコトタリスマン、(1)番 タンクティーエー


<期待度> ◎単勝=B  ◎○ワイド=A  3連複BOX=B

姫路競馬再開を機に15年ぶりに復活した重賞競走は、東海北陸地区交流競走として実施される。レース名は姫路城の別名“白鷺城”から取った、姫路競馬伝統の1戦だが、1970(昭和45)年に1度だけ園田で開催されたことがあったという。そのため姫路競馬場だけで歴史を紡ぐ重賞競走ではないのだが、再開した姫路競馬の象徴的なレースとして、発展することを期待したいものだ。

そしてメンバーも復活にふさわしい顔ぶれとなったが、期待はタガノゴールド。昨年は重賞5勝を挙げ、兵庫県競馬の年度代表馬に選出。中でも長距離戦における勝負強さは特筆もので、2000m以上に限れば5戦4勝と、ほぼパーフェクトな実績を積み上げた。力の要る馬場に課題はあったが、それも昨年、時計がかかっていた金沢で重賞2勝を挙げたことで解消。復活第1回の王者としてその名を刻むとみて、本命を打った。

相手は当然エイシンニシパ。園田金盃こそタガノゴールドにアタマ差競り負けたが、昨年重賞3勝と匹敵する実績をマーク。年明け初戦の新春賞も完勝し、臨戦過程は互角の存在だ。以前は園田で重賞を勝てないといわれた時期もあり、それを考えれば初めて経験する姫路コースにマイナスイメージはないか。園田金盃で敗れた無念を、ここで晴らすシーンも十分あるはずだ。

以下は一角崩しがあればという立場だが、その筆頭格は牝馬のエイシンミノアカ。昨年六甲盃(3月)と姫山菊花賞でともに3着と、いずれも地元最先着だったタガノゴールドに肉薄。転入後牝馬限定重賞を含めて未勝利も、牡馬一線級相手でも互角に戦えるしぶとさは、見逃すことはできない。全馬初コースという条件が有利に働けば、好走以上も期待できると判断した。

メイショウオオゼキは秋以降、大敗が続いてしまったが、前走新春賞3着で復調の兆しを掴んだ。元々重賞タイトルにいつ手が届くかといわれていた存在で、昨年3月の六甲盃はタガノゴールドとハナ差の競馬をした経験も。前走がハンデ戦だったので、定量戦に変わるここは過信できないものの、侮れない存在には変わりないと思う。

マコトタリスマンは重賞ではこれまで4着が最高。重賞以外では3着を外しておらず、OP特別でも3勝を挙げている実績からすれば少々意外だが、その重賞でも勝ち馬から全て1秒以内。歯が立たない相手とは思えないことから、警戒は必要だろう。

最後は遠征勢から金沢のタンクティーエーを。前走マイル争覇は前残りの展開で、後方からではチャンスがなかったが、良くない時は大きく崩れるタイプでもある。昨年のダービーGP2着の実績は侮れず、一発ならこの馬とみて取り上げたい。

(出走取り消しや当日の馬場状況等による予想変更は行わないのでご了承ください)
(詳細な出走表は地方競馬全国協会のオフィシャルサイト等で確認してください)


明日以降の予定
2月2日 根岸ステークス(JRA東京・統一グレード)

2月5日 金盃(大井)

2月6日 雲取賞(大井)

2月11日 佐賀記念(佐賀・統一グレード)



広告
×
白鷺賞結果

1着 ◎ (4)番 タガノゴールド(1番人気)
2着 ○ (3)番 エイシンニシパ(2番人気)
3着 △ (11)番 マコトタリスマン(3番人気)
中止 - (5)番 グルームアイランド(7番人気)
中止 - (12)番 トレジャーマップ(6番人気)

単勝220円・馬複160円・3連複390円的中。
今日は2番手でレースを進めたタガノゴールドが、一旦はマークされていたエイシンニシパに出し抜けを喰らったが、最後の直線で差し返すとそのまま突き離した。チャンピオンディスタンスでここまで差をつけられるなら、現在の兵庫県競馬ではハッキリ抜けた存在に。これに待ったをかける馬は、どんな形で出てくるだろうか。
2ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。