名古屋「梅見月杯」(15:50発走) 2020年2月13日の注目レース
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

名古屋「梅見月杯」(15:50発走) 2020年2月13日の注目レース

2020-02-12 21:00
  • 1
名古屋競馬10レース「第21回 梅見月杯」(古馬・地方全国交流重賞・1900m)

◎(本命) (8)番 マイタイザン
○(対抗) (10)番 パイロスター

▲(単穴) (2)番 ポルタディソーニ

☆(特注) なし

△(連下) (11)番 エイシンミノアカ、(9)番 オールージュ


<期待度> ◎単勝=B  ◎○ワイド=B  3連複BOX=B

出走取消:(1)番 サウスアメリカン

昨年このレースを制した時のマイタイザンは、後続のプレッシャーでペースを落とすことができず、地元で演じてきたスローペースの単騎逃げとは違う競馬だった。それでも追走してきた馬をふるい落とし、最後は6馬身差の圧勝劇を演じたことから、露呈したのは地区レベルの差だ。その後自身は戦法を見抜かれたことでタイトルを積み重ねていないが、ここは地元戦より相手関係は楽。それなら連覇は濃厚とみて、本命を打つことにした。

相手は兵庫県競馬に移籍して2戦2勝のパイロスター。前走姫路のOP特別は忙しい流れに汲々としながら、最後は抜け出して快勝。昨年道営OPで上位を賑わせていたこともあり、流れが落ち着く距離ならこのメンバーでも期待大だ。地元勢はポルタディソーニが大将格だが、理想は気楽な立場で一発を狙う形。勝ちに行くと意外とアッサリ崩れるだけに、気負わず戦うことが遠征勢に待ったをかけるカギになるだろう。

(出走取り消しや当日の馬場状況等による予想変更は行わないのでご了承ください)
(詳細な出走表は地方競馬全国協会のオフィシャルサイト等で確認してください)


明日以降の予定
2月19日 ユングフラウ賞(浦和)

2月20日 園田ウインターカップ(園田)

2月23日 フェブラリーステークス(JRA東京・統一グレード)


なお近日中(できれば19日以前)にコラムを1本掲載する予定です。


広告
×
梅見月杯結果

1着 ▲ (2)番 ポルタディソーニ(2番人気)
2着 - (5)番 サンテンバロン(4番人気)
3着 △ (11)番 エイシンミノアカ(5番人気)
6着 ◎ (8)番 マイタイザン(1番人気)

好スタートを決めたポルタディソーニが、逃げると思われたマイタイザンを制して逃げると、その後はマイペース。2番手からの競馬になったマイタイザンが勝負所で失速したこともあり、最後まで余裕を持って逃げ切った。昨年の名港盃と同様、逃げると予想された馬のハナを叩いて逃げ切ったが、元々ハナを切るスピードは持っていた馬。現状はこの距離で気楽に先行できると、崩れなくなっている。逆に逃げられずに負けたマイタイザンは、近況の敗戦を改めて洗い直す必要があるだろう。
5日前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。