ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

大井「帝王賞」全頭解説(2021年6月30日 20:05発走)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

大井「帝王賞」全頭解説(2021年6月30日 20:05発走)

2021-06-30 05:30

    1986年7月31日に大井競馬場でスタートした、国内初のナイター競馬『トゥインクルレース』が今年で35周年を迎える。それを記念して、親子の絆とトゥインクルレースの歴史が交差するショートムービー「トゥインクルレースっていいなって思った。」が製作され、特設サイトにて29日に公開された。私も先程拝見したが、こんな家族があったらいいなと思える、素敵な世界がそこにあった。そしてそれは、勝ち負けではない競馬界が追い求める理想なのかもしれない。今後関連のキャンペーンなども実施されるとのことなので、皆様も是非ご覧いただきたいと思っている。

    大井競馬11レース「第44回 帝王賞」(古馬・JpnⅠ・2000m)

    創設直後における“南関東の天皇賞”という位置づけから“交流競走の草分け”として全国に門戸を開放したのが1986年。つまり帝王賞も交流競走となって35周年を迎えたのである。幾多の名勝負、名シーンを生み出してきたこの舞台にふさわしい、豪華メンバーが今年は集うことになった。

    <全頭解説>
    (1)番 ヒカリオーソ(川崎)
    昨年の川崎記念で2着に入ったように、底力は統一GⅠクラスで十分勝負になるものを秘める。ただし3歳時から幾度となく繰り返している鼻出血の影響で、その輝きは霞んでいるのが現状だ。ここも復調に向けた足掛かりを得られるか、自分自身との闘いになる。

    (2)番 モンゲートラオ(大井)
    これまで重賞で目立った実績はなく、勝ち星も古馬B3級まで。南関東の4歳勢自体は古馬重賞でも結果を残している馬はいるが、このメンバーで通用する要素はどこにもない。この経験を先々に活かすための1戦だろう。

    (3)番 ミューチャリー(大井)
    向正面から積極的に動き、2着に6馬身差をつけた大井記念は圧巻。ただしレース内容や時計など、昨秋のJBCクラシック4着時とほぼ同等だったのも事実だ。これまで9回出走した統一GⅠにおける最高は3着で、それを超える材料が前走であったかとなれば微妙でもある。

    (4)番 テーオーケインズ(中央)
    強行軍だった昨年の東京大賞典が見せ場十分の6着。それが本物だったことが、年明け後の2連勝に現れていた。特に前走アンタレスSでは、東京大賞典で先着を許したヒストリーメイカーを完封しており、更にスケールアップ。2度目の大井コースで、頂点に駆け上がる可能性も秘めている。

    (5)番 カジノフォンテン(船橋)
    今年に入り川崎記念で統一GⅠ初制覇を果たすと、かしわ記念でも強い内容で制覇し、一気にダート界のトップホースへと躍り出た。ただし右回りは苦戦していた時代があり、昨年の東京大賞典2着も流れに恵まれた部分はあった。それだけにここで勝てば、自他ともに認める王者と称えられるだろう。

    (6)番 ダノンファラオ(中央)
    浦和記念とダイオライト記念は好位から抜け出す競馬だったが、ハイペースを押し切ったジャパンダートダービーを制したイメージは残っている。今回絶対的なフロントランナーがいないだけに、当時のような競馬をした時の方が、ライバルにとっては嫌な気がするが。

    (7)番 チュウワウィザード(中央)
    昨年のチャンピオンズCを圧勝し、ドバイワールドCでも正攻法の競馬で2着。戸崎圭太騎手を鞍上に迎えてから、超一流相手に足りないイメージを一変させるパフォーマンスを見せている。今回は海外遠征帰りとなるが、このレースは過去も同様のスケジュールで多くの馬が結果を出しているので、後は結果が出ていない大井コースがどうかである。

    (8)番 オメガパフューム(中央)
    昨年まで東京大賞典を3連覇。特に昨年は1強ムードの中、着差以上に危なげない戦いぶりだった。この舞台に対する適正で右に出るものはおらず、今回も当然主役候補だが、平安Sをひと叩きされた過去2年と違い、今年は川崎記念2着以来の休み明け。この臨戦過程の変化が、どう影響するかは気になる。

    (9)番 フレアリングダイヤ(大井)
    金盃2着に川崎のOP特別勝利など、充実していた中で参戦した昨年のこのレースがシンガリ負け。その後馬券圏内に入ったレースはなく、現状では厳しいと言わざるを得ない。末脚勝負に徹して、何頭か交わせれば御の字と考える。

    (10)番 オーヴェルニュ(中央)
    今年に入り、ともに中京で行われた東海Sと平安Sを制覇。ただし昨年末には右回りでリステッド格を2連勝しているように、必ずしも左回り専門ではない。むしろポイントは初めての大井コースで、それを克服すれば、相手が強くなったここでも勝ち負けに加われそうだ。

    (11)番 ノンコノユメ(大井)
    前走金盃7着は、初の長距離戦に対応できなかったの一言で十分。しかし昨秋に復帰してからの内容は、南関東移籍直後と比べて輝きを失っていたのは確かだ。この休養で輝きを取り戻せていれば侮れないが、年齢的に上積みを期待しにくいだけに・・・。

    (12)番 マルシュロレーヌ(中央)
    昨秋から統一グレード3勝を挙げて、牝馬路線における現役ナンバー1といえる存在。前走平安Sでも直線良く伸びて3着と、牡馬相手に戦えることを示したことも好感が持てる。とはいえバリバリのGⅠクラス相手となる今回は、結果を出している大井コースといえども、楽な戦いはさせてくれない気がする。

    (13)番 クリンチャー(中央)
    みやこSで初タイトルを手にするまで時間がかかったが、年明けから更に統一グレードを2勝。特に前走名古屋大賞典における2分ジャストの勝ちタイムは破格で、過去同レースで2分を切ったのは、エスポワールシチーとホッコータルマエという歴史的名馬2頭のみ。この馬もその域にあるなら、アッサリまであって驚けない。

    (詳細な出走表は地方競馬全国協会のオフィシャルサイト等で確認してください)


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。